Zoomy

【米株、宇宙企業】ピュアプレイの宇宙関連銘柄を一覧でご紹介!

投資

ピュアプレイの宇宙関連銘柄

アメリカに上場しているピュアプレイの宇宙関連企業を一覧表でご紹介します。2019年に、リチャード・ブランソン卿の宇宙旅行会社 Virgin Galactic (ティッカー:SPCE) が IPO して以来、パンデミックの2020年を経て、2021年のコロナ禍に多くのピュアプレイの宇宙関連企業が SPAC を通じてアメリカの株式市場に上場を果たしました。

いくつか紹介しますと、SpaceX の唯一のライバル企業とされる Rocket Lab (RKLB) や、小型ロケット打ち上げの ASTRA (ASTR) など、衛星観測データを提供する Planet (PL)、観測衛星ソリューションの BlackSky (BKSY) など上げるときりがありませんが、2021年は13社の宇宙関連のベンチャー企業が SPAC 上場しました。

宇宙関連、宇宙ビジネスをテーマにしたETFも登場しています。まず最初に発売された、Procure Space ETF (UFO) は、2019年4月に発売されました。このファンドには、ボーイング (BO)、マキサー(MAXR)、イリジウム・コミュニケーションズ (IRDM)、インテルサット (I)、エアバス (EADSY) といった宇宙関連株の保有銘柄に加えて、2021年12月20日には、SPAC 上場で合併したアストラ (ASTR)、ロケットラボ (RKLB)、ブラックスカイ (BKSY)、スパイアグローバル (SPIR) などの企業も組入れ銘柄として追加されています。

コロナ禍で始まった金融相場では時の人となった、Cathie Wood (キャシー・ウッド) のアーク・インベストメント・マネジメントは、2021年の初めに ARK Space Exploration ETF (ARKX) を発売しました。この宇宙に特化したETFには、ボーイング (BO) とアマゾン (AMZN)、Mynaric (MYNA) などが含まれています。

更に、2021年後半には、商業衛星の設計、製造、打ち上げ、データ収集に焦点を当てた Sidus Space (SIDU)、ピーター・ティールやARKファンドも投資したことで知られる、ドイツのレーザー通信製造会社 Mynaric (MYNA) や、カナダの衛星ブロードバンド企業 Telesat (TSAT) が続けてナスダックに上場するなど、更にピュアプレイの宇宙企業が増えるなど、人類最後のフロンティアと言われる宇宙ビジネスへの期待が膨らみます。

こちらのページでは、Virgin Galactic を始めとる SPAC 上場したピュアプレイの宇宙関連企業と、最近アメリカ市場に上場した宇宙関連企業 (銘柄) を一覧表示で分かりやすくご紹介します。

2019年以降に SPAC 上場したピュアプレイの宇宙企業

注目度は独断と偏見ですので、あくまでも参考だと思って下さい。

企業名 ティッカー 業種 注目度
Virgin Galactic SPCE 民間宇宙旅行 ☆☆
Astra ASTR 小型ロケットの打上げ ☆☆☆
Rocket Lab RKLB ロケットの打上げ、宇宙ソリューション ☆☆☆☆☆
Spire Global SPIR 観測衛星 (主に海運、気象、農業、漁業) ☆☆
BlackSky BKSY 観測衛星 (主に政府、軍事関連) ☆☆
Planet PL 観測衛星データ (地球観測) ☆☆☆☆
AST Spacemobile ASTS 衛星インターネット ☆☆
Momentus MNTS 宇宙インフラサービス
Redwire RDW 宇宙ソリューションの開発、製造、販売 ☆☆
Arqit Quantum ARQQ 衛星量子暗号、セキュリティー ☆☆☆
Virgin Orbit VORB 小型ロケットの打上げ ☆☆
Satellogic SATL 観測衛星
Terran Orbital LLAP 観測衛星、小型衛星メーカー ☆☆

2021年以降に IPO したピュアプレイの宇宙企業

Sidus Space SIDU 商業衛星の設計、製造、打ち上げ、データ収集に焦点を当てている
Mynaric MYNA 通信レーザー機器の設計・製造 ☆☆☆
Telesat TSAT 衛星ブロードバンド ☆☆

SPAC を通じて株式公開にを計画中

Maritime Launch CERAF 新興の商業宇宙衛星の打上げ会社

宇宙をテーマにしたETF

Procure Space ETF UFO 宇宙をテーマにした世界初のETF ☆☆
ARK Space Exploration & Innovation ETF ARKX 宇宙探査と革新をテーマにしたETF ☆☆

気候変動対策のための衛星の増加

宇宙産業は今、様々な観点から注目を集めています。2021年にグラスゴーで開催された COP26 では、気候変動に関して宇宙がどのように貢献できるかを考えるプログラム、セッションなども行われました。例えば Planet という観測衛星のデータ会社では、24時間365日地球をモニタリングし、観測しデータを何年にも渡り集めています。

スペースデブリの管理に取り組む

2021年11月に、ロシアが自国の衛星に対して対衛星ミサイル実験を行い、自国の人工衛星の1つを爆破した。このような行為が、スペースデブリ (宇宙ごみ) を発生させ、宇宙で働く宇宙飛行士を危険に晒し、これからの宇宙開発を遅らせる危険かつ無責任な行為です。このような軌道上のデブリを減らすために宇宙企業同士が提携するケースも増えています。

宇宙バブル?

コロナ禍の2020年以降、多くの宇宙ベンチャーが SPAC 上場をしました。その中には Spire (衛星観測) のように上場後に WSB (WallStreetBets) におもちゃのように買い上げられ、様々な要因でトレンドが終了すると10ドル以下となり、meme 株のような有様になり下がってしまう銘柄もあります。

それには当初 S-1 で報告していた業績の下方修正や、スケジュールの遅延などにより売られてしまっているケースが多いです。BlackSky も同様に、下方修正に次ぐ下方修正で株価を落としています。

2021年11月〜2022年2月中旬、年金利上昇局面の株価の推移

2021年11月下旬以降、金利の上昇を受け多くのハイパーグロース株、SPAC株などが売られる局面を迎えました。Spire、BlackSky などの観測衛星企業の株価は半分から更に半分になるなど、厳しい戦いを強いられています。

ロシアがウクライナに侵略したことで変化

2022年2月24日に、ロシアがウクライナに侵略したことで相場にも少し変化が見られています。一旦悪材料出尽くしか?という大方の見方からナスダックが遂に反発、ピュアプレイの宇宙株、Space Spac の中でも有望な Rocket Lab (RKLB)、Arqit Quantum (ARQQ) は反発し、Spac Spac の中でも堅実な Planet (PL) なども底打ちしたような感じがしました。

イーロンマスクがウクライナでスターリンクを始動

そして注目すべきは、2022年2月26日に、ウクライナの副首相ミハイロ・フェドロフ氏が、イーロンマスクに Twitter で呼びかけたことで、SpaceX の Starlink (スターリンク) がウクライナで始動したというニュースです。これにより、ようやく宇宙株に物色が入るかもしれません。

宇宙銘柄的には、宇宙愛好家の Space Case さんが紹介しているように観測衛星企業だと思います。期待値が高い順ですと、地球観測市場における世界的なリーダー Maxar (MAXE)、地球観測衛星の Planet (PL)、観測衛星ソリューションで米国陸軍、国家偵察局などを顧客に持つ BlackSky (BKSY) などです。

宇宙は世界を変えるのに、まだ多くの人がそれを理解していません。
忘れがちなこと
しかし、今夜は友人とウクライナについて話していた。
$MAXR $PL $BKSY のような企業が諜報活動を支援する上で重要であると述べた。
彼らはそのような名前を聞いたことがありませんでした。
😮
我々は早いもの勝ちだ