Zoomy

カナダの宇宙輸送会社 Maritime Launch がSPACを通じて株式公開を交渉中

投資

カナダ・ノバスコシアに本社を置くロケットスタートアップ企業 Maritime Launch Services (マリタイム・ローンチ) が、SPAC Ceres Acquisition (ティッカー : CERAF) を通じて株式公開に向けて交渉中との発表がブルームバーグで報道されました。

報道によると、商業用ロケットの打ち上げを計画しているカナダの新興企業Maritime Launch Servicesは、Ceres Acquisition Corp(OTCQX:CERAF)との取引を通じて上場に向けた協議を行っているという。

Maritime Launch は、Ceres Acquisition Corp (CERAF) との取引を通じて上場に向けた協議を行っているという。Ceres Acquisition Corp はPIPE取引による資金調達を目指しており、合併後の会社の価値は約5億3000万ドルになるという。

Maritime Launch について

Maritime Launch (マリタイム・ローンチ) は、急速に成長する商業宇宙衛星の打上げ需要に応えるため、必要なスキル、資産、ロケット技術、インフラを結集します。Maritime Launch 社は、ユージュノ社が設計した信頼性の高いミッション実証済みのロケットを活用し、最も効率的な揚力を提供することで、世界中で急成長しているLEO宇宙産業の打上げ要求に対応します。

2016年に設立された同社は、Yuzhnoye (ユージュノエ設計事務所) によるウクライナの Cyclone-4Mロケットを頼りに、ノバスコシア州のカンソから極軌道と太陽同期軌道の打ち上げを行います。Maritime Launch は、米国に拠点を置く3社のジョイントベンチャーです。

ランチサイト

2017年3月14日、Maritime Launch はノバスコシア州カンソを発射場として選定した。Maritime Launch は、町の外にある15ヘクタールの土地を州の天然資源省にリースすることを申請し、2021年に建設を開始する予定でした。1億1千万ドルを投じたロケット宇宙港は、商業衛星を宇宙に打ち上げるために使用され、年間最大8回の打ち上げを目標としています。

サイトには、高さ10~15メートルのコントロールセンターとロケット組み立て施設があり、発射台は2.4キロ離れた場所に配置され、ロケット輸送用のカスタムレールシステムで結ばれます。1990年代に廃止されたチャーチル・ロケット研究施設に続く、カナダで唯一の運用可能な宇宙港であり、軌道上での打ち上げを目的とした国内初の商業宇宙港となる。

宇宙港の建設は、完成までに3~4年かかると推定されている。打ち上げ予定地はカンソーの南約3.5km、45.303559°N 60.982891°W、車両処理施設はカンソーの南西約2km、45.317235°N 61.010000°Wに位置しています。

サービス

Maritime Launch は年間8機のロケットを打ち上げることを希望しており、2つの南方向への打ち上げオプションがある。オプション1は、600~800kmの太陽同期軌道への打ち上げで、小型衛星向けで、ペイロードは3350kgまで、4500万米ドル。オプション2は、高度600km以下の地球低軌道への打ち上げで、最大5000kgのペイロードが可能で、4500万米ドルです。

ロケット

-->