Zoomy

Spire Global、NOAAに衛星気象データを提供し800万ドルの契約を獲得

投資

Spire、800万ドルのNOAA契約を獲得し、衛星気象データを提供

Spire Global (スパイア・グローバル)、800万ドルのアメリカ海洋大気庁 (NOAA) 契約を獲得し、衛星気象データを提供。予測を改善するために気象データの購入を拡大。

2022年2月11日、海上や気象を観測している衛星企業 Spire Global, Inc. (NYSE: SPIR) は本日、米国海洋庁(NOAA)が発行した契約の不定納入不定量(IDIQ)納入注文4の一部として、運用上の気象予測に使用する商業ベースの宇宙電波掩蔽(RO)データを受注したことを発表しました。今回の受注は800万ドル以上に相当し、米国政府による商用ROデータの購入としては最大規模となります。

今回の受賞は、商用ROデータの購入を拡大するというNOAAの目標における次のマイルストーンとなります。今回の受賞は、Spire がNOAAに提供するROデータのプロファイル数が3,000から5,500に増加したことを意味します。

これは、価値のある運用ROデータを確実に提供する Spire の実証された能力を証明するものであり、気象モデルのために大気の温度や関連量をプロファイルすることで、NOAA、ひいてはアメリカ国民の異常気象への備えに役立ちます。

予測精度の向上に加えて、NOAAは最近、商業的に調達されたデータのコストが政府主催のミッションの約4分の1から2分の1であることを発表しており、スパイアとの提携が長期的に実現可能であることを示しています。Spire の100機以上の衛星は、世界中のどの組織よりも多くのROプロファイルを収集しています。

Spire のセールス担当シニア・バイス・プレジデントであるカマール・アラフェは、以下のように述べています。

異常気象が継続的に増加している中、米国は気象予測能力を継続的に投資・アップグレードすることで、国民を守るための重要なステップを踏み出しました。

今回の受賞は、地球上の生活を向上させるために、宇宙という強力な視点を活用した衛星群の開発、製造、運用に取り組んできた当社のチームの長年の努力の結晶です。

気候変動の中で人類が直面する最大の課題の一つである正確な天気予報に取り組む NOAA の重要な活動に協力できることを光栄に思います。

NOAA に提供された Spire のデータは、受信後、国内外の気象機関や米国連邦政府にほぼリアルタイムで提供され、重要な気象データの情報共有を可能にします。データの提供は、2022年3月16日から2023年1月18日までの期間で行われます。

Spire は NOAA (米国海洋大気圏局) と契約を獲得した前には、Sinay (海事データ管理) と提携を発表し、更に Stratolaunch (宇宙輸送) と契約も獲得している。