Zoomy

Spire Global (スパイア・グローバル)、2022年第1四半期決算を発表

投資

Spire Global (スパイア・グローバル)、2022年第1四半期決算を発表。

– 売上高は1810万ドルに増加し、前年同期比86%増となる
– ARRは8160万ドルで、前四半期比1090万ドル増、前年同期比134%増を達成
– 通期ガイダンスを改善 / ARRの下限を引き上げ、営業損失を引き下げ
– 残りのガイダンスを再確認

データ、分析、宇宙サービスの大手プロバイダーである Spire Global (スパイア・グローバル / NYSE:SPIR) は2022年5月11日、2022年3月31日に終了した四半期決算を発表しました。同社は、本日午後5時(米国東部時間)より、この業績に関するマネジメントコールをウェブキャストで配信します。

Spire のCEO、ピーター・プラッツァーは以下のように述べています。

第1四半期は、強力な実行力によって定義され、トップラインとボトムラインで当社の予想を上回る業績を達成しました。市場の変動、インフレ圧力、サプライチェーンの制約が引き続き話題となる中、Spire はこのようなダイナミックな時代に顧客が安定性と業務効率を向上させるための洞察を提供しています。

お客様は Spire のデータの価値を認識し、当社のデータ製品やデータバリューチェーンの上方にも広がっています。スパイアのデータの利用事例が増えるにつれて、継続的な成長とお客様の多様化が進むものと思われます。

Spire のCFOであるトーマス・クライウは、次のように述べています。

第1四半期は、昨年末からの勢いを引き継いだ素晴らしい業績となりました。2022年の目標を達成し、収益性の追求を継続するための態勢は整っています。

2022年第1四半期ハイライト

財務面


・2022年第1四半期の売上高は前年同期比86%増の1810万ドルで、ガイダンスの上限である1750万ドルを上回り、既存顧客による導入拡大と最近の新規顧客追加に牽引されました。

・2022年3月31日時点のARRは前年比134%増の8160万ドルで、ガイダンスの上限を上回りました。前四半期比で1,090万ドル増加したのは、ウェザー・サービスとスペース・サービスにおける主要な獲得案件が牽引したためです。

・2022年3月31日現在、Spire が契約しているARRソリューションの顧客数は627社で、2021年12月31日から29社の純増となり、第1四半期のガイダンス範囲の上限で四半期を終えました。

・第1四半期のGAAPベースの営業損失は2,000万ドル、Non-GAAPベースの営業損失1はガイダンスを200万ドル上回る1,280万ドルとなりました。当四半期の業績改善は、好調な収益がマージンに反映されたことと、人員関連の支出が減少したことによるものです。Spire は将来の成長に向けた投資を続けていますが、収益性を高めるために事業の効率化に重点を置いています。

事業

・第1四半期に、Spire は NorthStar とスペース・アズ・ア・サービス (space-as-a-service) 契約を締結し、宇宙環境 の認識とデブリの監視を目的とした衛星群を構築することを発表しました。この契約では、最初に3機の衛星が発注され、その後、NorthStar の事業運営上の必要性に応じて、数十機の衛星に拡張するためのオプションが事前に合意されています。

・当四半期、Spire は Slingshot Aerospace との既存のパートナーシップの拡大も発表し、地上からの無線周波数とGPS干渉の特定と軽減に役立つGPSテレメトリデータを提供することになりました。

・テネシー州の Freightwaves、ブラジルの Zeus Agrotech、および Formula One (フォーミュラ1) のトップレースチームなど、多様な新規顧客が Spire の宇宙ベースのデータに注目し、洞察を得てビジネスを強化しました。

テクノロジー

・当四半期、Spire は6時間以内に2社の衛星の打ち上げを成功させました。この衛星は第一世代の100倍の処理能力を持ち、Spire の急速な技術革新能力を反映しています。また、この打ち上げにより、軌道上での宇宙サービス機能が追加され、宇宙という究極の視点からのデータをお客様に提供することができました。

業績見通し

Spire は、2022年6月30日に終了する第2四半期および2022年12月31日に終了する通期について、以下のとおりガイダンスを発表します。

現金および等価物 $91.6M
売上高: $18.1M, (前年同期比 +85.9%)
年間経常収益: $81.6M (前年同期比 +134%)
営業損失:($20.0M) 対前年同期 ($12.8M)
調整後EBITDA: ($9.7M) vs. ($5.9M)