Zoomy

Xona Space Systems、民間GNSSの打ち上げに向けた重要なテストマイルストンを通過

投資

Xona Space Systems、民間GNSSの打ち上げに向けた重要なテストマイルストンを通過

Xona Space Systems (ゾナ・スペース・システムズ)、民間GNSSの打ち上げに向けた重要なテストマイルストンを通過。Xona は、初の高性能商用ナビゲーションシステムの実現に向けた重要なステップである、今後のデモミッションの環境試験を完了しました。

地球低軌道での精密なナビゲーションとタイミングシステムを開発する航空宇宙新興企業である Xona Space Systems (ゾナ・スペース・システムズ) は2022年5月10日、同社の最初の宇宙実証機が、テストを無事に終えた後、最終統合のために Spaceflight Inc. (スペースフライト) に引き渡され、5月に SpaceX のトランスポーター5で打ち上げられる予定であると発表した。Xona 社は、インテリジェント・システムのニーズを満たすために設計された、史上初の独立した高性能衛星ナビゲーション・タイミングシステムを構築しています。

歴史的に、GPSやガリレオなどの衛星ナビゲーションシステムは、数百億ドルの値札を付けて、主要な政府の独占的な領域であった。新しい宇宙時代は、驚異的な新機能を桁違いに低いコストで市場にもたらし、衛星通信や地球観測の分野で新しい商業機能の波が押し寄せているのです。Xona は、新宇宙のエコシステムを活用して、商業宇宙時代の利点を別の産業、すなわち衛星ナビゲーションとタイミングにもたらそうとしています。

Xona Space は、2つのミッションのうちの1つである Huginn を打ち上げ、同社の Pulsar (パルサー) 星座の能力を実証しています。Pulsar の革新的なアーキテクチャは、GPSの20倍以上も地球に近い低軌道にある小型ながら強力な衛星を使い、高性能なナビゲーションおよびタイミング・サービスを提供します。Pulsar は、最新のセキュリティおよび信号設計と、特許出願中の Xona の分散型原子時計アーキテクチャを組み合わせ、低コスト衛星から堅牢な精密ナビゲーション・サービスを提供することを可能にします。

Huginn はLEOの宇宙船から初めて精密なナビゲーション信号を送信します。これは、Xona が Pulsar 用に開発したコア・ソフトウェアとハードウェア技術のテストと検証のために設計されたものです。このミッションはまた、地上のエンド・ユーザー機器とそれを支える地上システムの機能性を実証するものです。Huginn は現在、5月に予定されているトランスポーター5ミッションでの打ち上げに向け、Spaceflight との最終的な統合を進めています。このミッションは、新世代のナビゲーションシステムの実現に向けた大きな一歩を踏み出すものです。

この件について Xona のCEOである Brian Manning は以下のように述べています。

Huginn が打ち上げに向けた非常に厳しいテストキャンペーンを成功裏に終えたことに感激するとともに、このような重要なマイルストーンを達成したXonaチームを非常に誇りに思います。このプロセスを通じて、我々は膨大なことを学びました。これらの教訓は、2回目のデモミッションと量産衛星に反映される予定です。

Huginn の打ち上げ後、Xona チームは2回目のデモ・ミッションとブロックI Pulsar システムの開発に重点を移しています。最終的な Pulsar は、地球低軌道上にある数百基の衛星で構成され、自動運転車、精密農業や建設、拡張現実、重要インフラなどの先進アプリケーションのニーズに応えるべく、安全かつ堅牢な精密PNTサービスを提供します。

Brian Manning は更に以下のように述べています。

このチームが、地上でのプロトタイプテスト完了から1年未満で、白紙の状態から軌道に乗せるまでに達成できたことを見ると、感動します。これはパルサー・コンステレーションの開発と展開における大きな一歩です。Xona では非常にエキサイティングな1年になりそうです。”

Xona の最初の実証ミッションは、Experior Laboratories での試験を無事終了し、5月の Falcon 9 での打ち上げに備えます。これは、アメリカの民間企業が衛星航法ミッションを打ち上げる最初の例です。

ディープテックの副社長兼創業者 Jeff Crusey 氏は、Xona Space がシードラウンドをリードしたことについて触れています。

私は昨年、Xona Space のシードラウンドをリードしました。GPSよりも正確で、アサット攻撃にはるかに弱く、暗号化されたエンドツーエンドで、LEOから来る信号がはるかに強いため、妨害やなりすましがはるかに少ないからです。

Xona Space Systems (ゾナ・スペース・システムズ) について

Xona Space Systems は、インテリジェント・システムのニーズを満たすために設計された、史上初の独立した高性能衛星ナビゲーション・タイミングシステムを開発しています。特許出願中の Pulsar™ サービスは、地球低軌道衛星から安全かつ高出力な信号で配信され、コネクテッド・テクノロジーの次の波を実現することを目的としています。

Xona は、Seraphim Space Investment Trust (LSE:SSIT) と MaC Venture Capital が出資し、Toyota Ventures、Daniel Ammann (u-bloxの共同創設者)、Ran Johnson (Rapideye constellation を運営する BlackBridge の元CEO) が参加しています。また、1517 Fund および Stellar Solutions も追加出資しています。

Pulsar (パルサー) について

Xona の Pulsar 高精度LEO PNT(位置、誘導、タイミング)サービスは、近年の小型衛星技術の進歩を活用し、従来のGNSSに代わる安全で堅牢な通信手段をユーザーに提供します。特許出願中の Xona のシステム・アーキテクチャは、小型衛星の効率性を活用し、従来のシステムに比べて10倍以上の精度、100倍以上の干渉緩和を実現したグローバル・システムを手頃な価格で提供します。Pulsar は、インテリジェント・システムのニーズに応えるために設計された、史上初の独立型高性能衛星ナビゲーションおよびタイミング・システムです。