Zoomy

民間の宇宙企業トップ10をご紹介

投資

宇宙のビジネスと政策など、宇宙産業のニュースレターをサブスクライブする Payload の共同設立者としても知られる、Ari Lewis (アリ・ルイス) さんによる、「民間宇宙企業トップ10」の Twitter スレッドを翻訳してご紹介します。

1. SpaceX (スペースX)

SpaceX : 6.5Bドル調達

SpaceX社は、2002年にイーロン・マスクによって設立されました。同社は、ロケットの製造と打ち上げに加えて、衛星インターネットのコンステレーションであるスターリンクの展開に注力しています。スペースX社は1,657基の衛星を軌道に乗せており、現在の評価額は1,000億ドルを超えています。

2. OneWeb (ワンウェブ)

OneWeb : 27億ドルを調達

OneWeb は、衛星インターネットの会社です。OneWeb は以前、2020年3月に破産しましたが、ソフトバンクや英国政府などの投資家を得て、破産から脱却しました。同社は358基の衛星を運用しており、さらに290基の衛星を軌道に乗せる予定です。

3. Relativity Space (レラティヴィティ・スペース)

Relativity Space : 13億ドルの資金調達

Relativity Space は、3Dプリンターで作られたロケットを製造しています。同社はまだロケットを打ち上げていないが、国防総省やNASAと契約している。同社は、ロケットをわずか60日で製造できるようになることを目指している。ブラックロックやフィデリティなどの投資家から42億ドルの評価を受けています。

4. Chang Guang (長光衛星)

長光衛星 : 4億1200万ドルを調達

Chang Guang社は中国の企業で、衛星を製造し、商業および政府の顧客に地図サービスを提供しています。同社は現在16機の衛星を軌道に乗せており、138機の衛星コンステレーションの構築を目指しています。

5. LandSpace (ランド・スペース)

LandSpace : 3億6,100万ドルを調達

LandSpaceは、小型ロケットを製造し、商業顧客に打ち上げサービスを提供する中国企業です。同社は2018年に最初のロケットを打ち上げましたが、軌道に到達できませんでした。投資家にはセコイア・キャピタル・チャイナなどがいる。

6. Astranis (アストラニス)

Astranis : $353MMを調達

Astranisは、静止通信衛星を開発しています。同社の衛星は、従来のGEO衛星よりも安価で小型です。Astranisの衛星は、放送やブロードバンドに使用されます。同社の評価額は14億ドルです。

7. ABL Space Systems (ABLスペース・システムズ)

ABL Space Systems : 2億8400万ドル調達

ABL Space Systems 社は、小型ロケットの製造と打ち上げを行っている。同社は、CNCと3Dプリントを組み合わせてロケットを製造している。同社は米国空軍と契約しており、今年後半に最初のロケットを打ち上げる予定。評価額は13億ドル。

8. Kymeta (カイメタ)

Kymeta : 2億8200万ドルを調達

Kymeta は、政府機関や民間企業の顧客と協力して通信ソリューションを実現する衛星アンテナ企業です。同社は次世代の911緊急システムを構築しており、ビル・ゲイツやラックス・キャピタルなどの投資家が参加しています。

9. ICON (アイコン)

ICON : $266MM調達

ICON は、3Dプリントを使って地球上や宇宙で家を建てています。同社はNASAから資金提供を受け、月面での住宅建設を検討している。ICON社はすでにメキシコとテキサスに住宅を建設しています。同社は、350平方フィートの家を48時間で建設しました。

10. Axiom (アクシオム)

Axiom : 230MMドルを調達。

Axiom は、初の民間宇宙ステーションを建設し、運用する予定です。同社は、NASAと1億4千万ドルの契約を結び、来年2月に最初のミッションを計画しています。同社の評価額は10億ドルを超えています。

メモ

評価額ではなく、調達額に基づいてランキングしました。Blue Origin のように資金調達額を公開していない企業はリストに入れていません。また、Planet のように SPA Cとの合併を保留している企業も掲載していません。資金調達のデータは CB Insights による。