Zoomy

OneWeb、SpaceX との契約により衛星打ち上げを再開へ

投資

OneWeb、SpaceX との契約により衛星打ち上げを再開へ

OneWeb、SpaceX との契約により衛星打ち上げを再開へ。この合意により、OneWeb は打上げプログラムを再開し、世界中の産業グレードのセキュアな接続のための衛星コンステレーションを完成させることができます。

2022年3月21日、地球低軌道(LEO)衛星通信会社である OneWeb (ワンウェブ) は本日、同社と SpaceX (スペースX) が、OneWeb による衛星打ち上げの再開を可能にする契約を締結したことを発表しました。

SpaceX との最初の打ち上げは2022年に予定されており、現在428基、つまり66%の衛星が軌道上にある OneWeb の総コンストラストに追加されることになります。OneWeb のネットワークは、高速かつ低遅延のグローバルな接続を実現します。

OneWeb のCEOであるニール・マスターソン氏は次のように述べています。

宇宙の無限の可能性に対する我々の共通のビジョンを反映した SpaceX の支援に感謝します。今回の打ち上げ計画により、私たちは衛星の全機種を完成させ、堅牢で高速かつ安全な接続を世界中に提供するための軌道に乗りました。

OneWeb のブロードバンド接続サービスに対する需要は、世界中の電気通信事業者、航空・海運市場、政府機関の間で拡大し続けています。ワンウェブ社は、50度線以上のネットワークでサービスを開始しており、初期のパートナーはサービスを開始しています。

SpaceX との契約条件は極秘です。

ロシアのウクライナ侵攻により、ソユーズが使えなくなる

OneWeb は、8月までに全世界をカバーすることを期待して2022年を迎えました。しかし、ロシアのウクライナ侵攻により、ロンドンに拠点を置くLEOブロードバンド衛星群運営会社が、今年648基の衛星群を完成させるために期待していた6機のソユーズ打ち上げが中止となりました。

ロシアのウクライナ侵攻により、ロシアは宇宙船ソユーズが予定通りの打ち上げができなくなったことで、ソユーズが当初打ち上げる予定であった衛星会社なども、新しいロケットの打ち上げ会社を探すことになっています。

これは新興のロケット打ち上げ会社にとっては、新たな顧客を獲得するチャンスと捉えることもできると思います。やはりこれまでの打上げ実績から選ばれるため、SpaceX や Rocket Lab などは有利ではないかと思います。

今回の件に関して多くの著名人も反応しています

アメリカの民間企業、特に SpaceX が、宇宙で圧倒的な存在感を示していることを、人々は過小評価しているように感じます。他の国々は、何かが変わらない限り、国防上の理由から、赤字でも打ち上げ能力を維持するでしょう。

このことについては、宇宙の本でもっと詳しく説明していますが、将来の宇宙法には本当に意味があると思います!私は、将来どうなるかは全く分かりませんが…。 – Zach Weinersmith

OneWeb はソユーズの失敗の後、SpaceX に頼った。イーロン・マスクが火星オアシスのためにロシアに行き、再利用されたICBMを購入してから20年 … – Eric Berger

すべての道は SpaceX に通じており、他の選択肢がないことから再利用可能であるため、期待されている。次はSpaceXの評価額が大きく跳ね上がるのではと思います。「スターリンクの責任者」は、彼らが低い衛星/打ち上げコスト、大量生産、衛星の能力でどれだけ先を行っているかを気にしないでしょう。 – Max Haot