Zoomy

Rocket Lab (ロケットラボ)、3つ目の発射台を正式にオープン

投資

Rocket Lab (ロケットラボ)、3つ目の発射台を正式にオープン、1週間以内にファーストミッションを打ち上げ予定。世界初で唯一の民間軌道発射場であるニュージーランドの Launch Complex 1 に設置されたこの新しいパッドにより、Rocket Lab は打上げ回数を2倍に増やすことができます。

Photo by Business Wire / ロケットラボの新しい軌道上発射台、パッドB(手前)とパッドA(奥)

2022年2月23日、打ち上げ・宇宙システムの世界的リーダーである Rocket Lab USA (ロケットラボ / Nasdaq: RKLB) は本日、ニュージーランドの Launch Complex 1 に2つ目の軌道上発射台が完成したことを発表しました。

Bパッドは、ニュージーランドのマヒアにある世界初の民間軌道発射場である Rocket Lab の発射場1に設置されます。このパッドは、Rocket Lab が当社のエレクトロンロケット用に設置する3つ目のパッドであり、既存の Launch Complex 1 のパッドAと、米国バージニア州の Rocket Lab Launch Complex 2 にある3つ目の発射パッドに加わります。

同一射場内に2つの発射台があることで、Rocket Lab はエレクトロンロケットの打ち上げ能力を倍増させることができます。Launch Complex 1 Pad B では、日本の地球観測会社 Synspective 社のエレクトロン専用ミッションの打ち上げが予定されています。

打ち上げは2月28日(UTC)/3月1日(NZT)までに予定されています。Launch Complex 1 には2つの発射台と民間の射場設備があり、ここから同時に打ち上げを行うことができます。これにより、Rocket Lab のマニフェストをスケジュール通りに維持しながら、お客様の要望に合わせて宇宙船を変更することができ、弾力的な宇宙へのアクセスが可能になります。

また、2つの発射台を使用することで、発射台のリサイクル時間がなくなり、いつでも迅速なミッションに対応できる発射台を確保することができます。また、Rocket Lab は民間の射場を利用しているため,共用の射場にありがちな高額な射場使用料や間接費を必要とせず,衛星運用者にとって費用対効果の高い打上げサービスを提供することができます。

Rocket Lab の創設者兼CEOであるピーター・ベックは、

信頼性の高いロケットは,宇宙へのアクセスを可能にするパズルの一部にすぎません。信頼性の高いロケットは、宇宙へのアクセスを可能にするパズルの一部でしかありません。

エレクトロンは、Launch Complex 1 の1つのパッドでも、年間で2番目に打ち上げ頻度の高い米国のロケットとなりました。

現在、Launch Complex 1に2つのパッドがあり、バージニアに3つ目のパッドがありますが、2大陸にまたがる3つのパッドが、世界中の衛星運用者のスケジュール管理、柔軟性、迅速な対応にどのような効果をもたらすか想像してみてください。

と述べています。

このパッドには、エレクトロンロケット用にカスタマイズされた66トンの発射台と7.6トンのストロングバックが設置されています。パッドBの運用開始に伴い、Rocket Lab の打上げ回数の増加に対応するため、Launch Complex 1 ではいくつかの役割が用意されています。

Rocket Lab の打上げ担当副社長である Shaun D’Mello 氏は以下のように述べています。

Pad B では、効率的な作業を心がけています。パッドBのシステムとレイアウトはパッドAと同様で、エレクトロン車両統合格納庫、パッドへの滑走路、独自のレンジコントロール施設など、パッドAのインフラの多くを共有しています。

これにより、テニスコートよりも小さなコンクリート面積で、運用能力を2倍にすることができました。

私はチームが成し遂げたことを非常に誇りに思っています。第2射点を建設してオンラインにする一方で、これまでのエレクトロンの打上げのためにA射点の整備と運用を継続し、しかも世界的なパンデミックの最中に達成したのですから。

Launch Complex 1 について

ニュージーランドのマヒア半島に位置する Launch Complex 1 は、世界初で唯一の民間軌道上の発射場です。Rocket Lab のエレクトロンロケットの発射場として、Launch Complex 1 は、環境・海洋モニタリング、地球観測、科学・研究、インターネット接続、技術研究・開発、国家安全保障などの幅広いミッションにおいて、100機以上の衛星の宇宙への打ち上げを成功させてきました。

FAA(米国連邦航空局)に認可されたスペースポートである Launch Complex 1 は、年間最大120回の打上げが可能です。ここからは、太陽同期軌道から30度までの軌道傾斜に到達することが可能であり、地球低軌道に向かう衛星産業のミッションの大半に対応できる幅広い傾斜を実現しています。

Launch Complex 1 には、Rocket Lab の専用射場管制施設、3つの衛星用クリーンルーム、一度に複数のエレクトロンを打ち上げることが可能なロケット組立格納庫、事務室があります。民間の軌道上発射場を運営し、射場とミッションコントロールセンターを併設することで、ミッションごとの諸経費を削減し、衛星運用者にとって費用対効果の高い打上げサービスを実現しています。