Zoomy

Rocket Lab、レスポンシブ・スペース・プログラムを発表

投資

Rocket Lab (ロケット・ラボ)、Responsive Space Program (レスポンシブ・スペース・プログラム) を発表。Rocket Lab が提供する24時間対応の迅速な打上げサービスや迅速な衛星製造能力を利用し、お客様のニーズに合わせた打上げや衛星開発ソリューションを提供するプログラムです。

ロケットラボ第1射点のパッドに設置された2基のエレクトロンロケット (Photo by Business Wire)

Rocket Lab (ロケットラボ / Nasdaq:RKLB) は2022年7月6日、当社の24時間365日の迅速なコールアップ打ち上げ能力および合理的な衛星構築・運用オプションを商業・政府衛星運用者に紹介するためのレスポンシブスペースプログラムを導入することを発表しました。

衛星は、自然劣化、事故、技術的故障、意図的な行動などの影響を受けやすいものです。衛星が提供する重要なサービスや機能を予期せず失うことは、地球上に大きな影響を及ぼします。

Rocket Lab の創設者兼CEOである Peter Beck は、次のように述べています。

今日のダイナミックな環境では、軌道上で新しい技術を確立する能力は、地球観測や宇宙空間認識ミッションにタイムクリティカルな洞察を提供するためにも重要です。

私たちは、顧客が信頼できる打上げサービスや、軌道上の資産を迅速かつ正確に復元・確立できる信頼性の高い衛星ソリューションを必要としていることを認識しており、Electron と Rocket Lab が設計・製造した Photon などの衛星でそれを可能にしています。

Electron や Rocket Lab が設計・製造した衛星 (Photon など) には、初日から打上げ能力が組み込まれており、これを実現するために宇宙船の垂直製造に戦略的に投資してきました。そして今、私たちはこの能力を専用の Responsive Space Program として提供し、お客様が特注の Responsive Space サービスをより簡単に利用できるようにします。

Rocket Lab は、「Responsive Space Program (レスポンシブ・スペース・プログラム)」を通じて、衛星運用会社と直接連携し、迅速な打ち上げ、衛星の設計・製造・統合、宇宙船の運用、またはそのすべてといったミッションの要件を把握します。基準軌道、ペイロード、統合仕様などの詳細が確認されると、Rocket Lab はそれぞれのお客様に合わせたミッション計画を作成します。その後、ロケットと衛星をスタンバイさせ、お客様からの打上げ要請を待ちます。射場到着後、衛星の搭載、カプセル化、打ち上げまで最短24時間で完了します。

Rocket Lab が提供する「レスポンシブ・スペース」は、4つのポイントに支えられています。

レスポンシブ・ロケット

Electron は、標準化された迅速な製造のために設計されています。垂直統合、自動化、そして確立された製造施設に支えられ、Electron ロケットは平均30日ごとに新しいものが Rocket Lab の製造ラインから運び出されます。この高い生産率と待機中のロケットのおかげで、ロケットは数日で打ち上げのためのペイロードを割り当てることができるのです。

迅速な打上げ

Rocket Lab では、両半球に3つの発射場があり、計画された打ち上げが他の発射場で並行して行われている場合でも、常に発射場が用意されており、迅速な打ち上げに対応しています。

ニュージーランドの第1発射場とバージニア州の第2発射場の間で、37度から100度までの幅広い軌道に到達することが可能です。また、世界で唯一の民間の軌道上発射場である Launch Complex 1 は、他の打ち上げ業者と射場を共有しておらず、連邦政府の射場資産に依存していないため、Rocket Lab の打ち上げスケジュールを完全に保証することができます。

両射場とも、射場管制施設、ペイロード処理専用クリーンルーム、Electron 統合施設を備え、効率的な統合と打ち上げを可能にしています。また、Electron は世界規模の地上局ネットワークでサポートされています。

レスポンスの良い衛星

1機から100機まで、お客様のミッションに合わせた衛星の設計、製造、打上げ、運用が可能です。軌道上への迅速な補給を実現するため、これらの衛星を製作し、打ち上げ可能な状態に保ち、お客様のペイロードとの統合を待ち、必要に応じて Electron または代替ロケットで打ち上げることが可能です。

Rocket Lab の深宇宙システムの遺産は、衛星全体から、宇宙太陽光発電、構造、無線、分離システム、推進、フライトソフトウェア、スタートラッカー、リアクションホイールなどのサブシステムや個々の部品にまで及んでいます。

軌道上にある1,700機以上の宇宙船に Rocket Lab の技術が採用されており、Rocket Lab が設計、製造、打ち上げ、運用を行うフォトン宇宙船もその一つです。これらの重要なサブシステムを自社生産することで、サプライチェーンの確実性を高め、迅速な生産スケジュールを実現しています。

迅速な対応

Rocket Lab の打上げチームは経験豊富です。27のミッションで140以上の衛星を軌道に乗せてきた Electron は、米国で2番目に打ち上げ回数が多い軌道上ロケットとなりました。打ち上げエンジニア、ミッションマネージャー、そして打ち上げオペレーションに至るまで、この深い伝統が、合理的で実績のある打ち上げシステムとプロセスを生み出し、私たちのチームは迅速かつ確実に実行することができるのです。