Zoomy

NASAのための Rocket Lab (ロケット・ラボ) の月探査は成功した

投資

CAPSTONE 衛星を組み込んだ Rocket Lab の Lunar Photon (ルナ・フォトン) 宇宙船 (Photo by Business Wire)

NASAのための Rocket Lab (ロケット・ラボ) の月探査は成功した。Rocket Lab がNASAの月遷移軌道に衛星 CAPSTONE を投入し、月への新たな道筋を示すことに成功しました。CAPSTONE は、これまでにない月周回軌道を検証するもので、NASAの Artemis プログラムの最初のミッションとなります。

Rocket Lab (ロケットラボ / Nasdaq: RKLB) 2022年7月4日、NASAの経路探索衛星を月に向けて打ち上げ、成功させたと発表しました。この衛星は、Rocket Lab にとって初の深宇宙ミッションであり、今後予定されている火星や金星への惑星間ミッションへの道を開くものです。

NASAの委託を受けて Advanced Space が所有・運用する Cislunar Autonomous Positioning System Technology Operations and Navigation Experiment(CAPSTONE) は、月周辺の Near Rectilinear Halo Orbit (NRHO) を試験する最初の宇宙船となります。この軌道は、NASAのゲートウェイ (Artemis計画の一環として、宇宙飛行士の月面長期滞在を支援する月周回基地) のための軌道と同じものです。

このミッションにおけるロケット研究所の役割は、2つのフェーズに分かれています。まず、CAPSTONE は6月28日に Rocket Lab の Electron ロケットで地球低軌道に打ち上げられ、成功しました。そこから、Rocket Lab の月周回衛星「ルナ・フォトン」が CAPSTONE に宇宙輸送、電力供給、通信を行いました。

「Lunar Photon (ルナ・フォトン)」の3Dプリンターで作られたハイパーキュリーエンジンによる6日間の軌道投入の後、CAPSTONE は予定通り7月4日7時18分(UTC)に月への弾道輸送軌道に乗せられました。このミッションは、Rocket Lab にとって今年4回目の Electron の打ち上げとなり、ロケットの継続的な信頼性を実証しました。

Rocket Lab は、打ち上げに加え、月周回衛星「フォトン」の設計・製造・運用を行い、非常に複雑な深宇宙ミッションを成功させ、宇宙関連企業としてのロケットラボの能力を高めていることを示しました。

Rocket Lab の創設者兼CEOの Peter Beck は、以下のように述べています。

CAPSTONE ミッションは、NASAの Artemis プログラムによる人類の月への帰還の始まりを意味し、Rocket Lab がその重要な役割を果たしたことを非常に誇りに思います。ロケット研究所のチームは、NASAやミッションパートナーと共に2年以上にわたって CAPSTONE に取り組み、このミッションを実現するためにルナ・フォトン宇宙船という新しい小型衛星技術を開発しました。

このミッションは、Rocket Lab にとってこれまでで最も複雑なミッションでしたが、私たちのチームは本当によくやってくれました。私たちは、「Electron (エレクトロン)」と「Photon (フォトン)」の限界に挑戦し、小さな宇宙船で大きなミッションが可能であることを証明しました。今、私たちはこの画期的な技術を、今後予定されている金星や火星へのミッションなど、さらなる惑星間の旅に応用していくつもりです。

Rocket Lab の役割を終え、CAPSTONE の月への一人旅が始まりました。CAPSTONE は、自らの推進力と太陽の重力を利用して、月までの残りの道のりを進みます。この重力駆動軌道により、CubeSat が月に到達するために必要な燃料の量を劇的に減らすことができます。CAPSTONE 衛星の運用は、Advanced Space と Terran Orbital が軌道上寿命の期間中、管理する予定です。

CAPSTONE ミッションは、Rocket Lab にとって通算27回目の Electron の打ち上げでしたが、当社にとって以下のような重要な技術的な初体験をしました。

CAPSTONE ミッションにおける重要な技術点

・初の深宇宙ミッション

・Rocket Lab が設計・製造したフォトン宇宙船の高エネルギー型であるルナ・フォトンを初めて使用。

・ロケット研究所の設計・製造したフォトン宇宙船の高エネルギー型であるルナ・フォトンを初めて使用。

・Rocket Lab と、2021年後半にロケットラボが買収したコロラド州の飛行ソフト会社 Advanced Solutions Inc の初の共同ミッション。

・Rocket Lab がジョンズ・ホプキンス大学応用物理学研究所と独占ライセンス契約を結び、製造している FR-lite 衛星ラジオを初めて使用する。

・Electron の第2段が打ち上げと同日に脱軌道した初のミッション。

・月軌道を計画・実行する最初のミッション。

・300kg(661ポンド)のペイロードを搭載したこのミッションは、エレクトロンにとってこれまでで最も重い打ち上げとなった。

CAPSTONEは、2024年に予定されている火星へのESCAPADEミッションや、金星への民間ミッションを含む、ロケットラボのフォトン宇宙船の一連の惑星間ミッションの最初のものとなった。

CAPSTONE 衛星を所有し、ミッションの運用を行うのは、商業宇宙ソリューションのリーディングカンパニーである Advanced Space (コロラド州)です。CAPSTONE は Terran Orbital によって設計・製造されました。CAPSTONE の開発は、カリフォルニア州シリコンバレーにあるNASAのエイムズ研究所の小型宇宙船技術プログラムを通じて、NASAの宇宙技術ミッション本部から支援を受けています。

また、NASAの有人探査・運用ミッション本部内の Advanced Exploration Systems が、打ち上げとミッションの運用をサポートしています。フロリダ州のケネディ宇宙センターにあるNASAの打ち上げサービスプログラムは、打ち上げ管理を担当しています。