Zoomy

NASA、月探査機「CAPSTONE」の打ち上げライブ中継を決定!

投資

Rocket Lab (ロケットラボ) のエレクトロンロケットは、ニュージーランドの Launch Complex 1 のパッドに設置され、CAPSTONE 打ち上げに向けたウェットドレスリハーサルを行っています。 (Photo by Rocket Lab)

NASA、月探査機「CAPSTONE」の打ち上げライブ中継を決定!NASA は、CAPSTONE (Cislunar Autonomous Positioning System Technology Operations and Navigation Experiment) の打ち上げをライブ中継する予定です。

CAPSTONE は、6月27日(月)までに、ニュージーランドのマヒアにある同社の Launch Complex 1 から Rocket Lab (ロケットラボ) のエレクトロンロケットで打ち上げられることが目標である。打ち上げ時刻は日本時間の午前6時(協定世界時10時)です。ライブ中継は、NASAテレビ、同機関のウェブサイト、NASAアプリで午前5時に開始されます。

この電子レンジサイズの CubeSat の目的地は、近直線状ハロー軌道 (NRHO) です。この軌道は、NASAの Artemis プログラムの一環として、長期月探査のための多目的前哨基地である Gateway にも計画されている軌道です。

打ち上げから6日後、フォトン上段は CAPSTONE を宇宙空間に放出し、単独飛行の最初の部分を行う。CAPSTONE は4ヶ月間の月への旅を経て、少なくとも6ヶ月間は NRHO のダイナミクスをテストし、将来の宇宙船のリスク軽減に貢献することになります。CAPSTONE はまた、革新的な宇宙船間航行技術や一方向の測距能力を実証し、将来の宇宙船が地球との通信の必要性を減らして月の近くを飛行できるようにする予定です。

バーチャルNASAソーシャルに参加する

CAPSTONEの舞台裏やNASAのミッションの特徴、CAPSTONEを打ち上げるロケットの紹介など、バーチャルNASAソーシャルに一般の方をご招待しています。

CAPSTONE の飛行をリアルタイムで見る

NASAのリアルタイム3Dデータ可視化システム「Eyes on the Solar System」を使って、CAPSTONEの飛行をライブで見ることができます。打ち上げから約1週間後からは、太陽系を模擬した映像でCubeSatに同乗することができます。NASAのエイムズ研究所のホームページ、ツイッター、フェイスブックに掲載される予定です。

CAPSTONE は、コロラド州ウェストミンスターにある Advanced Space がNASAに代わって商業的に所有・運営しています。CAPSTONE は、NASAと産業界との革新的なコラボレーションにより、将来の探査および科学ミッションに役立つ迅速な結果とフィードバックを提供します。カリフォルニア州アーバインにある Terran Orbital の Tyvak Nano-Satellite Systems が宇宙船を製造しました。このミッションには、Stellar Exploration Inc.、Space Dynamics Lab、Tethers Unlimited Inc.、Orion Space Systems の各社も貢献しています。

NASAの宇宙技術ミッション本部(STMD)内の小型宇宙船技術プログラムが、この実証ミッションに資金を提供しています。このプログラムは、カリフォルニア州シリコンバレーにあるNASAのエイムズ研究センターを拠点としています。CAPSTONEの ナビゲーション技術の開発は、同じくSTMD内のNASAの中小企業技術革新研究・中小企業技術移転(SBIR/STTR)プログラムによって支援されています。

NASAの探査システム開発ミッション本部内の Artemis キャンペーン開発部門は、打ち上げに資金を提供し、ミッションの運用をサポートします。フロリダ州のNASAケネディ宇宙センターの打ち上げサービスプログラムは、打ち上げサービスを管理します。 南カリフォルニアにあるNASAのジェット推進研究所は、NASAの深宇宙ネットワーク、アイリス無線設計、画期的な一方向航行アルゴリズムによる通信、追跡、テレメトリーダウンリンクをサポートしています。 

CAPSTONE の詳細については、以下をご覧ください。

NASAのミッション「CAPSTONE (キャップストーン)」とは?