Zoomy

Spire Global、地球観測データに関するNASAとの契約延長を600万ドルで獲得

投資

Spire Global (スパイアグローバル)、地球観測データに関するNASAとの契約延長を600万ドルで獲得。Spire は2018年以降、NASAの商業小型衛星データ取得(CSDA)プログラムに反射率測定、電波掩蔽、その他の地球観測データを提供している。

Spire Global (スパイアグローバル / NYSE: SPIR) は2022年6月23日、宇宙ベースのデータ、分析、宇宙サービスの大手グローバルプロバイダーとして、NASAから600万ドル、12カ月契約の延長を獲得し、同機関の商業小型衛星(CSDA)プログラムへの参加を継続したことを発表しました。

Spire は、100機以上の多目的衛星から得られる地球観測データ、関連するメタデータ、および補助的な情報の包括的なカタログを引き続き提供します。提供されるデータは以下の通りです。

・表面データ : Spire の GNSS 微小角反射法データ(GNSS-R)、海氷の広がり、分類、高度測定、土壌水分、海洋表面風速を測定するため。

・大気データ : SpireのGNSS電波掩蔽(GNSS-RO)観測データ、世界の天気予報の精度を向上させるための天気予報モデル用。

・宇宙天気 : 電子密度やシンチレーションの測定により、研究者が電離層を監視したり、宇宙での気象現象に備えたり反応したりすることができます。

・衛星の状態ベクトル : 高度、軌道抵抗モデルの誤差を修正するための精密軌道決定(POD)データなどの領域認識。

Spire のデータは、すべての連邦政府機関、NASA出資の研究者、米国政府出資の研究者が科学的な目的のために利用できるようになります。

この件について、Spire の連邦営業担当副社長 Chuck Cash 氏は以下のように述べています。

CSDA プログラムは、気候変動など我々が直面する最大の課題の解決に取り組む米国政府機関や研究者の努力に不可欠な地球観測データを提供します。このプログラムは、民間と公共部門のパートナーシップによって、より良い、より持続可能な未来の構築への道を加速することができることを示す素晴らしい例です。

NASAは、NASAの地球科学研究およびアプリケーションの目標をサポートする商業データセットを取得する目的で、2017年にCSDAプログラムを開始しました。商業データセットは、NASA、他の米国政府機関、国際的なパートナーや機関によって取得された一連の地球観測を補強するための費用対効果の高い手段を提供します。

NASA本部のCSDAプログラムサイエンティストである Will McCarty 氏は、以下のように述べている。

NASA は CSDA プログラムを通じて Spire Global との関係をもう一年継続します。これらのデータは、NASAとその出資研究者、および米国政府内の他のパートナーによって引き続き活用されます。私たちは、地球の大気と地表に関連する物理的プロセスの理解を深めるために、また、地球の大気と宇宙の境界で太陽によって引き起こされる宇宙天気を観測し理解するために、これらの観測を利用しています。

Spire は、12ヶ月分の電波掩蔽データを30日間の遅延で提供する。このデータは、CSDAプログラムの Smallsat Data Explorer (SDX) データベースの下でNASAによってアーカイブされ、維持されます。連邦政府機関や米国政府出資の研究者は、CSDAプログラムの商用データセットのウェブページからデータへのアクセスを要求することができます。