Zoomy

Terran Orbital、CAPSTONE を Rocket Lab Electron Rocket に搭載

投資

Terran Orbital (テランオービタル)、CAPSTONE を Rocket Lab Electron Rocket に搭載。Terran Orbital が設計・製造した衛星は、NASAの歴史的な Artemis プログラムを支援し、月への道を切り開くために飛行しています。

フォトン上段に搭載された「CAPSTONE」 (Photo by Rocket Lab)

主に米国と同盟国の航空宇宙・防衛産業向けに衛星ソリューションのグローバルリーダーである Terran Orbital (テランオービタル / NYSE: LLAP) は2022年6月24日、Rocket Lab のエレクトロンロケットにCAPSTONE宇宙船を組み込むことに成功したことを発表しました。

Terran Orbital が設計・製造したこの衛星は、NASAの歴史的なアルテミス計画を支援するため、月への経路探索ミッションを遂行しています。Terran Orbital のチームは、CAPSTONEのハードウェアの製作、宇宙船の組み立てとテスト、そして打ち上げに向けた衛星の統合を行いました。

打ち上げは、ニュージーランドのマヒア半島にあるロケットラボ発射場1から、早ければ2022年6月27日午前10時(UTC / EDT 6:00 / PDT 3:00 a.m.)に実施される予定です。CAPSTONEは、NASAに代わって Advanced Space が所有・運営しています。

CAPSTONEは、月周回軌道である NRHO (Near Rectilinear Halo Orbit) を検証する最初の宇宙船です。CAPSTONEは、上部に電波塔を搭載し、従来の12Uサイズからさらに大きくなりました。CAPSTONEは、一般的な月への直行軌道ではなく、「弾道的月周回軌道」を採用し、到達距離を150万kmまで伸ばして月周回軌道に戻るため、推進剤を節約でき、これまで同サイズの宇宙船では不可能だったミッションの達成を可能にしています。

Terran Orbital の共同設立者であり会長兼CEOであるマーク・ベル氏は、次のように述べています。

CAPSTONEは小型宇宙船の探査において非常に大きな成果です。NASA、Rocket Lab、Advanced Space と一緒に仕事をすることは名誉なことでした。Terran Orbital は、この歴史的なミッションのために宇宙船を建造、設計、統合したことを誇りに思っており、CAPSTONEの旅を通して宇宙船の運用を行うことを楽しみにしています。

NASA宇宙技術ミッション本部副本部長のジム・ロイター氏は、以下のように述べています。

CAPSTONEは、NASAと産業界が協力して野心的な探査を可能にする素晴らしい例です。この先駆的な小型衛星が月への旅を開始するのを見るのは、非常にエキサイティングなことです。

Advanced Space のCEOでありCAPSTONEの主任研究員であるブラッドリー・チーサム氏は以下のように述べています。

CAPSTONEミッションは、コラボレーション、技術革新、そして忍耐の力を証明するものです。産業界とNASAのチームは、持続可能な宇宙の探査、開発、定住を可能にするミッションを実現しました。

この歴史的なミッションをNASAのために主導することは名誉なことです。私たちのチームは、打ち上げの次の段階、そして最終的には6日後の宇宙船分離に焦点を合わせています。この時点から、私たちの小型宇宙船は自ら月へ飛び立ち、将来のミッションを先導していくことになるのです。

Rocket Lab の創設者兼CEOである Peter Beck は次のように述べています。

月へ行くことはチームワークであり、Terran Orbital、Advanced Space、NASA という驚異的なミッションパートナーがいます。我々は共に、地球低軌道を超えるミッションを実現し、月への新しい道を切り開こうとしている。

打ち上げの模様は、打ち上げ約45分前より、www.nasa.gov/live でライブ中継されます。