Zoomy

Redwire 宇宙用光学結晶を初販売し、宇宙空間での新たな商業市場を開拓

投資

Redwire (レッドワイヤー)、宇宙用光学結晶を初販売し、宇宙空間での新たな商業市場を開拓。次世代の宇宙経済向け宇宙インフラストラクチャーのリーダーである Redwire (レッドワイヤー / NYSE: RDW) は2022年6月23日、オハイオ州立大学の主要電子顕微鏡施設、電子顕微鏡・分析センター (CEMAS) の研究者に同社の宇宙製造光学結晶を初めて販売したことを発表しました。

この取引では、宇宙で製造された結晶2グラムがオハイオ州立大学に販売されたことが記録されています。販売されたサンプルの大きさから、宇宙で製造された結晶の価値は、1キログラムあたり約200万ドル(約2億円)とされています。

宇宙用光学結晶は、国際宇宙ステーション(ISS)内にある Redwire の産業用結晶化施設(ICF)で製造されました。この取引は、宇宙で使用される材料製品が地上で販売される初めてのケースであり、宇宙の商業化にとって重要なマイルストーンであると同時に、Redwire の宇宙での製造に対する需要信号でもあります。

宇宙で製造された光学結晶は、地上で使用されている高出力・大型レーザーシステムに大きな改良をもたらす可能性があります。高エネルギーレーザー市場は、高度な製造や機械加工から兵器システムまで、地上での用途が増加しており、力強い成長を遂げています。これらのレーザーシステムは、光学結晶を用いて製造される高効率のレーザーレンズによって実現されています。

現在、地球上で製造されている光学結晶は、重力による介在物や欠陥のために損傷しきい値が低く、レンズがレーザーによる損傷を受けるため、高出力レーザーシステムの出力に限界があります。宇宙で製造された光学結晶は、宇宙での製造工程により、介在物や欠陥が少なく、レーザーの損傷閾値が高いため、システムの性能を向上させることができるのです。

Redwire の社長兼COOであるアンドリュー・ラッシュは、次のように述べています。

これは、地球低軌道での宇宙対応製品の製造という我々の商業化計画を検証し、宇宙空間での製造に対する需要をさらに喚起するエキサイティングなマイルストーンです。これは、宇宙の商業化にとって画期的な瞬間です。

私たちは、さまざまな製品の生産技術の改良を続けていますが、パスファインダーの実証実験から、持続可能で収益性の高い、大規模な宇宙対応製品の生産へと焦点を広げています。

Redwire の軌道上の工場はビジネスのために開かれており、新しい市場にサービスを提供するために軌道上の能力を拡大しています。

オハイオ州立大学の教授兼ニール・アームストロング航空宇宙学科長のジョン・ホラック博士は、以下のように述べています。

オハイオ州立大学が宇宙で成長した結晶で作業する能力は、宇宙ベースと地上材料のための、他にはない特徴的な材料特性評価と研究施設としてCEMASを成長させる能力を高め、癌から惑星科学に至るドメインの複雑な課題に対処します。

CEMAS の研究者は、宇宙で成長した結晶を研究し、収差補正電子顕微鏡を使って地球で成長したリン酸二水素カリウム(KDP)結晶と比較し、まだ実現されていない、2つの材料の不純物と欠陥の原子レベルの差を観察します。宇宙で製造された結晶は、CEMAS にとって、宇宙で製造された材料や、将来小惑星、月、火星から戻ってくるかもしれない材料を分析する能力を高める機会を提供するものである。

また、この研究から得られた知見は、宇宙で製造された光学結晶の開発プロセスに反映され、将来の製品を最適化する可能性があります。

2021年初頭に打ち上げられるICFは、地球上の高エネルギーレーザーシステムで一般的に使用されている無機KDP結晶を成長させるための微小重力増強技術を実証するために設計された商業宇宙内製造施設である。この施設は、地上での使用に適した高価値の製品を生産することで、LEOでの商業機能の需要を喚起し拡大することを目的として開発された Redwire のISSペイロードの1つに過ぎません。