Zoomy

【RDW】宇宙インフラのリーダー企業 Redwire (レッドワイヤー) について

投資

$RDW Redwire

こちらの記事では、宇宙ベース(宇宙ステーション)製造のためのユニークなゲームチェンジャーとして期待されている航空宇宙メーカー/宇宙インフラ技術企業の Redwire (NYSE: RDW) についてご紹介します。

Redwire (レッドワイヤー) とは?

Redwire Corporation (NYSE: RDW) は、フロリダ州ジャクソンビルに本社を置く、アメリカの航空宇宙メーカーおよび宇宙インフラ技術企業です。同社は2020年6月1日に、プライベート・エクイティ企業である AE Industrial Partners によって設立されました。

Redwire は、次世代宇宙経済のための宇宙インフラのリーダーであり、太陽光発電や宇宙空間での3Dプリントおよび製造に関する貴重なIPを保有しています。数十年の飛行実績と商業宇宙プラットフォームの機敏で革新的な文化を併せ持つ Redwire は、将来の宇宙ミッションの複雑な課題を解決するために顧客を支援するユニークな立場にあります。

プライベートエクイティ企業の AE Industrial Partners によって2020年6月1日に結成された Redwire は、当初、Adcole Space と Deep Space Systems の合併によって誕生しました。結成直後の2020年6月24日、Redwire はフロリダ州ジャクソンビルを拠点とする Made In Space, Inc. を買収した。Made In Space の追加により、同社のポートフォリオに3Dプリントが加わりました。2020年9月15日、Redwire は本社をジャクソンビルに移転することを発表しました。

買収を加速させ宇宙インフラ企業として地位を確立する

Redwire の買収は、2020年と2021年を通して続いた。コロラド州ロングモントを拠点とする Roccor は、2020年10月29日に Redwire が買収した。この買収により、ソーラーパネル、アンテナ、展開可能なブームの製造能力が追加されました。ペイロードの打ち上げ技術メーカーである LoadPath は、2020年12月15日に買収されました。

Redwire は、2021年1月19日にコロラド州リトルトンを拠点とする Oakman Aerospace を買収。2012年に設立された Oakman は、Redwire の宇宙インフラソリューションを大幅に強化するデジタルエンジニアリングの重要な能力を追加します。Deployable Space Systems は2021年2月23日に買収され、Redwire のポートフォリオにロールアウトソーラーアレイ(ROSA)の能力を追加しました。

Redwire は、2021年3月25日、SPAC Genesis Park Acquisition Corp. との合併により、同社の価値を6億1,500万米ドルとし、株式公開する意向を発表しました。

Blue Origin、Boeing と共に商業宇宙ステーション Orbital Reef の開発に参加

2021年9月にニューヨーク証券取引所に上場した後、Redwire (レッドワイヤー) は、Blue Origin (ブルーオリジン)、Sierra Space (シエラスペース)、Boeing (ボーイング)、チームメイトと提携して商業宇宙ステーション「Orbital Reef」を開発する計画を発表しました。この商業宇宙ステーションには、Redwire の高度な製造能力が導入され、治療用の人体組織や臓器のバイオプリントなど、地球上で重要な利益をもたらすことに重点が置かれます。

Redwire は、戦略的な買収を通じて力強い成長を続けており、現在、国際宇宙ステーションで飛行した、または開発中の、あるいは現在稼働中の25以上の商業開発施設を所有しています。

宇宙バイオプリンティングのリーダー TechShot を買収

Credit: NASA

2021年11月2日、Redwire は、微小重力下でのバイオテクノロジー、バイオプリンティング、商業宇宙ベースの研究開発に必要な軌道上製造のリーダーである Techshot, Inc. を買収したことを発表しました。

Redwire の会長兼CEOである Peter Cannito は、

「Techshot社 (テックショット) のスペースバイオプリンティングやその他の実証済みの微小重力下でのバイオテクノロジーソリューションは、地球低軌道(LEO)における最も重要なイノベーションの一つであり、我々の母なる惑星の内外で生命を救う利益をもたらすものです。」

「Techshot社の商業宇宙バイオテクノロジーにおける主導的地位と、Redwire社の軌道上材料製造における主導的地位を加えることで、当社の商業宇宙製品に大きな規模と相乗効果をもたらします。これは、地上経済の利益のために人々が宇宙で生活し仕事をするという我々のビジョンを大きく前進させるものである。」

「今回の買収は、将来の有人宇宙飛行の持続可能性に直接影響を与え、地球上の産業に最適化された製品を提供するために、戦略的投資を活用してLEOでの宇宙製造を拡大するという Redwire の成長戦略に沿ったものです。Techshot社の買収は、Redwire の破壊的イノベーションを促進するための補完的な製品群を提供するものであり、価値の増加をもたらすものです。」

と述べています。

Techshot社の社長兼共同創業者であるジョン・ベリンジャー氏は、

「Redwire の一員となったことで、当社の成長する宇宙生物医学技術のポートフォリオの開発を加速させるために必要なリソースをより多く得ることができました。私たちは、地球低軌道、そしてそれ以上の軌道の商業化、さらには産業化を目指すリーディングカンパニーの一員となることに興奮しています。」

1988年以来、Techshot社は、宇宙における生物学的および物理学的科学研究の最前線に立ってきました。これまでに10種類以上のペイロードを開発し、そのうち4種類は現在国際宇宙ステーションで運用されています。主な製品には、「3D BioFabrication Facility」:微小重力下で人体組織を製造できる米国初のシステム、「Multi-use Variable-gravity Platform」:宇宙での生物・物理科学研究のための遠心分離機群、「Advanced Space Experiment Processor」:宇宙での生物学的研究および小規模製造のための多目的装置、「Bone Densitometer」:軌道上でのX線撮影装置で、主に骨粗鬆症や筋肉衰弱症の新しい治療法の研究に使用されている。

Techshot の顧客

Techshot社の顧客には、Eli Lilly and Company、AstraZeneca、UCLA、MIT、Geneva Foundation などの政府機関や民間企業が名を連ねています。インディアナ州フロイド郡にあるテックショット社の22,000平方フィートの施設は、世界的な航空工学や生物医学工学の大学プログラムの近くに位置しており、エンジニアリングラボやペイロードオペレーションコントロールセンターを追加することで、レッドワイヤのテクノロジーエコシステムを拡大します。

Redwire 投資家向けプレゼンテーション 2021

以下では、2021年8月に公開された Redwire の投資家向けプレゼンテーション「Heritage + Innovation」の一部をご紹介します。

スケール感のあるピュアプレー・スペース投資

・破壊的イノベーションが顧客維持と堅牢なバックログをもたらす
・ミッション・クリティカルな次世代インフラ・プロバイダー
・宇宙経済を変革し、商業化のための市場を創出する可能性
・現在、キャッシュフローはプラスであり、近い将来の成長の可能性も高い
・実証済みのリーダーシップ、宇宙用3Dプリンティングを含む貴重なIP

<数字で見る Redwire の未来>

・予測される世界の宇宙産業、2040年の世界の宇宙経済は2兆円以上
・フライト年数 50年以上の伝統
・衛星ミッション160以上の飛行
・ISSで200個以上3Dプリントされた部品
・受注残高2億8,000万ドル

Redwire の現在の業績は、2021E-2025Eの成長に対する自信を裏付けるものである

… 大幅な成長を実現
⚫ 2025Eの収益は14億ドル
⚫ 2021E-2025Eの収益CAGRは72%

大規模かつ急速に拡大する市場によって加速される…
2040年までに宇宙市場は4200億ドルから2兆ドル以上に成長。
⚫ 今後10年間で小型衛星の打ち上げが急速に拡大

… 膨大な受注残と契約の勢いに支えられて…
⚫ 2億8,000万ドル(1)のバックログと2億2,000万ドルの入札を実施し、決定を待っている。
2022Eの見通しに高い確信を持っている。

現在の好調な業績と見通し…
⚫ 2021E第1四半期の収益は3,600万ドル
⚫ 2021Eの年間収益見通し1億6300万ドルに自信あり

Redwireの次世代技術は、将来の宇宙経済の重要な急流に対応しています。

Redwire は、大規模かつ成長中の宇宙インフラ市場に貢献しています

<2019年の世界の宇宙経済 = 420億ドル>

– 商用スペース/製品・サービス = 218億ドル
– 商業インフラ&サポート産業 = 119億ドル
– 米国政府/宇宙関連支出 = 47億ドル
– 米国以外の政府機関/宇宙開発費 = 40億ドル

打ち上げコストの大幅な削減により、世界の宇宙経済は2040年までに推定2兆ドル以上に成長すると予想される。

分析

現在 Redwire の買い材料としては、2021年10月下旬に発表した、Blue Origin、Boeing 等と共に商用の宇宙ステーション「Orbital Reef」を開発する計画というニュースと、商業宇宙バイオテクノロジーの企業 Techshot 買収というニュースです。しかし、Orbital Reef の開発は2025〜2030年の間に展開されるもので、瞬間風速的に株価に織り込まれましたが、長期では四半期の決算を見ながら買っていくのが良いかもしれません。