Zoomy

【TMV / TMF】金利上昇、金利低下局面の投資戦略

投資

今回は金利上昇局面 (債券が売られる) でプレイしたい TMF (Direxion デイリー 20年超米国債 ベア3倍 ETF) と、金利が低下する局面 (債券が買われる) でプレイしたい TMF (Direxion デイリー 20年超米国債 ブル3倍 ETF) についてご紹介します。

TMV とは?

TMV (Direxion デイリー 20年超米国債 ベア3倍 ETF) は、手数料および費用控除前の日々の投資成果を、ICE米国財務省20+年債指数のパフォーマンスの300%とすることを目的としています。つまり債券の売り (ベア) ETFの3倍です。

金利上昇局面でプレーしたい TMV

金利が上昇していく局面でプレーしたいのが、債券のベアETFこと TMV (Direxion デイリー 20年超米国債 ベア3倍 ETF) です。TMV は米国債20年の価格が低下 (金利上昇) すると、3倍上昇するETFです。

上記のチャートのように金利が上昇している局面では TMV を購入することでパフォーマンスを上げることができます。2022以降の株式市場では、猛威を奮うインフレから FRB はアグレッシブな金利引上げを行っており、またその憶測が市場を席巻し、金利は上昇を続けています。

2022年の局面で見た場合、もしインフレが制御不能になり始めた場合、TMV ファンドは、ICE米国財務省 20+Year Bond Index の日々の下げ幅の300%に追従し、トレーダーに債券市場の持続的下落を利用する手段を提供する可能性があります。

このような明らかに金利がブレイクアウトする時にトレードしたいのが TMV です。

金利が低下する局面では TMF

逆に金利が上昇することで損をするのが TMF (Direxion デイリー 20年超米国債 ブル3倍 ETF) です。TMF をトレードする場合は、10年債金利が下がるような局面、つまり債券が買われだしたら TMF を買う戦略が考えられます。

もし FRB がインフレ抑制のために経済成長を犠牲にするならば、イールドカーブの長めの部分で債券市場がさらに大きく動く可能性があります。Direxion の TMF は、ICE米国債 20+Year Bond Index の日々の上昇率の300%に連動するファンドで、トレーダーに機会を提供するかもしれません。

直近であれば FRB による利上げが終わる局面 (これ以上利上げできない、金利を上げられない) で、TMF を買っていくことでパフォーマンスを上げることができます。

債券は金利上昇に弱い

債券のブルベアETFを手がける時は、「債券はマイルドな資産だが、金利上昇が弱点」と、覚えておくと良いでしょう。