Zoomy

個人投資家が確認しておきたい指数・指標について

相場を張っていて、「これは買いなのか?売りなのか?」と悩むことはありませんか?今回はそんな時に役に立つ、個人投資家が確認しておきたい指数指標についてご紹介します。

はじめに

相場を知る動作として、まずは基本的にマーケットがブルなのか?ベアなのか?を把握する必要があります。続いて、今相場は何合目なのか?どの位置にいるのか?を知ることが大切です。

このあたりの話は、オークツリー・キャピタルを率いるハワード・マークス氏の著書『市場サイクルを極める 勝率を高める王道の投資哲学』を参考にして下さい。この本を読みながら、実際に身銭を切って相場を張ることで次第にハワード・マークスの言っていることが分かってきます。大変示唆に富む内容です。

そして毎日確認する程重要なのが「長期金利」の観察になります。株価と市中金利はシーソーの関係にありますので、まずは金利を知ることが株式市場に成功する近道になります。金利についても、堀井正孝 (著) による、『改訂版 金利を見れば投資はうまくいく』という非常に良い本が出ていますので、必ず読んでおくようにしましょう。

そしていよいよ指数・指標の話になります。市場参加者の恐怖の度合い表した「VIX指数」や、投資家の「欲」と「恐怖」のボラティリティを見える化した「Fear and Greed」を参考にしながらトレードを行います。

他にも相場全体の方向性を掴む「プット・コール・レシオ (PCR)」、炭鉱のカナリアの言われる「ハイイールド債 (HYG)」のチャートを参考にする方法や、投資マネージャーが買いなのか売りなのか?のポジションから相場の方向性を掴む「NAAIM指数」、アノマリー的な「ムーンサイクル」など、個人投資家の役に立つ指数や指標がありますので、是非ご参考にして下さい。

マーケットのサイクルと相場を知る

投資家が知っておきたい相場の大きなサイクルについて

まず相場を張るには基本の「基」として、今相場は「ブルマーケット」なのか?「ベアマーケット」なのか?を知る必要があります。

そして今相場が何合目なのか?「金融相場」なのか?「業績相場」なのか?「逆金融相場」なのか?「逆業績相場」なのか?相場の状況を知る必要があります。

例えば Covid-19 のパンデミックで始まった金融相場では、ナスダックは大きなブルマーケットとして伝説となりました。その金融相場の終焉、2021年11月以降から2022年にかけては、相場は大きく揺り戻しを始め大きなベアマーケットとして売られました。

10年債利回り (長期金利)

株価と市中金利はシーソーの関係、金利 7 : 業績 3割 と言われるぐらい「金利」は重要!

株価と市中金利はシーソーの関係にあります。金利が株式にとってどれくらい重要かと言うと、金利7割に対して業績は3割と言われています。それくらい金利が重要であるということです。

10年債利回りが上昇する局面では株が売られる恐れがあります。特に2、3日と連日続けて金利が上がる場面では「リスクオフ」、数日金利が下がるような場面では「リスクオン」になりやすいです。

10年物国債金利は、満期が10年の米国政府発行の国債に投資する際に受け取る利回りです。10年物国債利回りは、イールドカーブの長い方の端に含まれます。多くのアナリストは、市場や個々の証券を評価する際に、10年物利回りを「リスクフリー」レートとして使用します。

VIX指数

市場参加者の恐怖を測る、VIX指数

S&P500の恐怖指数と言われる VIX 指数。市場参加者 (投資家) の恐怖指数としても知られており、市場のセンチメント、恐怖の度合いを測る指標として知られています。

Cboe Volatility Index (VIX) は、S&P 500 (SPX) の短期的な価格変動の相対的な強さに対する市場の予測を表すリアルタイムの指数です。この指数は、SPX指数オプションの有効期限間近の価格から算出されるため、30日先のボラティリティを予測することができます。ボラティリティ、すなわち価格の変化の速さは、しばしば市場のセンチメント、特に市場参加者の恐怖の度合いを測る方法と見なされています。

Fear and Greed (貪欲と恐怖)

Fear and Greed 指数は、市場参加者 (投資家) の「欲」と「恐怖」の度合いを確認することができる指標です。

Fear and Greed (欲と恐怖) は、株式市場の予測不可能性とボラティリティ、および効率的市場仮説と矛盾する非合理的な市場行動を引き起こす要因として理論化された2つの反対側の感情状態を指します。Fear and Greed は、ウォール街の古い格言に関連している。

金融市場は2つの強力な感情、すなわち欲と恐怖によって動かされている。

Fear and Greed は、ケインズが経済や市場に大きな影響を与えるものとして挙げたアニマルスピリッツの一つである。ウォーレン・バフェットは、このような一般的なムードに反して行動することに投資の法則を見出し、株式の売買のタイミングは、

他人が貪欲になっているときに恐れ、他人が恐れているときにだけ貪欲になれ

べきだと助言しています。Fear and Greed 数値はCNNの「Fear & Greed Index」で確認することができます。

プット・コール・レシオ (PCR)

プット・コール・レシオとは、投資家が市場全体のムードを計るために広く使われている指標です。

「プット (プット・オプション)」は、あらかじめ決められた価格で資産を売却する権利のことです。「コール (コールオプション)」は、あらかじめ決められた価格で資産を購入する権利のことです。

トレーダーがコール (買い) よりもプット (売り) を多く買っている場合、それは投資家の弱気心理の上昇を示唆しています。トレーダーがプット (売り) よりコール (買い) を多く買っている場合、投資家の強気市場の到来を示唆しています。

画像は S&P 500 のプット・コール・レシオを表しています。

ハイイールド債 (HYG)

【HYG】株価の未来を占う「炭鉱のカナリア」ハイイールド債とは?

炭鉱のカナリア、ハイイールド債 (HYG)

炭鉱のカナリアとして知られるハイイールド債は、株価の未来を予想する指標としても知られています。

NAAIM 指数

投資マネージャーの方向を知る、NAAIM指数

機関投資家が平均的に「買い (ロング)」なのか?「売り (ショート)」なのか?どちらに向いているかを確認することができます。

全米アクティブ投資マネジャーズ協会会員が報告した米国株式市場に対する平均的なエクスポージャーを示すものです。NAAIM 指数は、本質的に予測的ではなく、株式市場が将来どうなるかを判断しようとする際には、ほとんど意味がないことを認識することが重要である。

ほとんどのアクティブ・マネージャーの主な目標は、株式市場のリスクとリターンの関係を管理し、市場がその時々に何を行っているかを把握することです。NAAIM 指数は、その名前が示すように、アクティブリスクマネージャーが過去2週間に顧客口座に対して行った実際の調整について洞察を提供します。

つまり、毎週水曜日に機関投資家の方々にエクスポージャーを調査して平均化した数値です。100%ロングとかの直近の動向を回答してもらってるので、機関投資家が平均的にどっちに向いてるかがわかります。

このように、投資マネージャーが強気であるか?弱気であるか?を確認することができます。2022年10月2日現在、NAAIM指数の過去10年チャートを見て見ると、2014年10月の「9.97」、2020年3月のコロナショック「10.65」の底付近に近づいていることが分かります。

SKEW 指数

SKEW指数とは、VIX指数と同様に金融市場における潜在的なリスクを示す指標です。

SKEW (スキュー) 指数は投資家のセンチメントとボラティリティの代理人として知られています。SKEW指数は、S&P 500のテールリスクを測定します。テールリスクとは、S&P 500または銘柄の価格が、正規分布曲線のテールエンド (最端) のいずれかに位置するような変化を指します。これらの価格変動は、通常、確率が低くなっています。

VIX と SKEW の主な違いは、VIX がアット・ザ・マネー (ATM) の権利行使価格のインプライド・ボラティリティに基づくのに対し、SKEW はアウト・オブ・ザ・マネー (OTM) の権利行使価格のインプライド・ボラティリティを考慮する点です。

SKEW の値は一般的に100〜150の範囲で、評価が高いほど、テールリスクおよびブラック・スワンの可能性が高いと認識されています。SKEW が100の場合、S&P 500のリターンの分布は正規分布であり、異常値が発生する確率は小さいと認識されています。

ブル・ベア・スプレッド

ブル/ベア・レシオとも呼ばれる、ブル・ベア・スプレッドは、金融データプロバイダーである Investors Intelligence 社が、市場の専門家から直接収集した情報をもとに毎週発表する市場センチメントの指標です。ブル・ベア・スプレッドは、コントラリアン (逆張り) 指標として見ることもでき、逆張りの投資家にも活用されています。

番外編

指標・指数以外にも、マーケットを占うとされる様々なものがあります。その中から一部をご紹介します。

ムーンサイクル (月の満ち欠け)

マーケットにおける月のサイクル (月の満ち欠け) とは、いくつかの研究で、満月や新月と株式市場のパフォーマンスとの間に関連性があることが知られています。一般に、新月の前後は株価が上昇し、満月の前後は値動きが鈍くなる傾向がある。また、大きな暴落は新月の3日前、旧暦の8月か9月(=9月か10月)に発生することが多いことも確認されている。

1950年以降の株式市場のデータから、株価が平均より高くなる「旧正月(グリーン)」と、一般に株価が低くなる「旧正月(レッド)」の時期を特定しました。緑色の時期は満月の3日後くらいから、赤色の時期は新月の3日後くらいから始まる。このグラフ(1950年~2009年)でわかるように、緑色の期間のアウトパフォームは大きい。

MOVE 指数

債券にもVIX指数と同じように、債券市場のボラティリティを測定する「MOVE指数 (Merrill Lynch Option Volatility Estimate)」と呼ばれる米国債の恐怖指数があります。このMOVE指数が上昇すると、債券のボラティリティは大きくなります。

投資家は往年にしてボラティリティの指標としてVIX指数に注目していますが、本当の恐怖の源は債券市場にあるという見方もあります。

VWO (新興国ETF)

新興国や中国経済を見る指標としの、新興国ETF VWO

新興国や中国経済を見る指標として、VWO ETF (Vanguard FTSE Emerging Markets ETF / バンガードFTSEエマージング・マーケットETF) の株価を見ているという人もいます。例えば中国経済が厳しい場合、VWO が上がってこないので、世界経済は停滞すると読む人もいます。

【関連記事】個人投資家がレベルアップするための参考図書

個人投資家がレベルアップするための参考図書