Zoomy

長期投資家が知っておきたい相場の大きなサイクルについて

投資

長期投資家が知っておきたい相場の大きなサイクルについて

積立投資をしているインデックス投資家から、個別株を扱う長期投資家が知っておきたい相場の大きなサイクルについてご紹介したいと思います。私もインデックスの積立投資を行っており、iDeCo、つみたてNISAを活用しています。思い返すと積立投資を始める前は、カン・チュンドさん、山崎元さん、水瀬ケンイチさんなどの著者やブログで必死に勉強したものです。

巷では、SNSのインフルエンサーやタレントなどが FIRE (Financial Independence, Retire Early) 本や、お金の増やし方といった本が沢山書店に出ていると思いますが、先にあげたようにインデックスの積立投資を真剣に勉強するのであれば、先陣であるカン・チュンドさん、山崎元さん、水瀬ケンイチさんの著書をお勧め致します。以下に積立投資を勉強するバイブルとなるお勧めの書籍をご紹介します。

積立投資のバイブル本

【全面改訂 第3版】ほったらかし投資術 – 山崎元、水瀬ケンイチ

お金は寝かせて増やしなさい – 水瀬ケンイチ

忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 – カン・チュンド

少し古いですが、こちらも良書です。この頃とはかなり信託報酬 (俄然安くなった) など、世界経済の流れも変わってしまったので情報は古いかもしれませんが、積立投資の概念や考え方という視点では読んでおくべきだと思います。積立投資を勉強する場合は、1つの本だけではなく、いくつかの本を読むことをお勧めします。

株を売買して右肩上がりの時期に利益を出して行くのが重要

ここからは、上記のような積立投資の本では扱っていない内容になりますが、長期投資を実行する上で知っておくと参考になりますのでお付き合い下さい。Twitter における投資の兄貴的な存在のレイザーさんがこんな事をツイートしていました。

つまり、株を売買して右肩上がりの時期に利益を出して行くのが重要。「寝かして増やしなさい」とか、「ほったらかし」とか言う人の言葉を真に受けていると、長期下落トレンドで耐えられるのか?と思う。

このツイートを見た瞬間、ハッとしたのですが、確かにレイザーさんや私のように個別株のトレードも行う個人投資家の場合は大局観として意識しておきたい本質です。

積立投資を行うインデックス投資家にも当てはまる示唆に富んだツイートとも言えます。なぜか?というと、株式投資というのは、確かに数々の名著や投資本で言われている通り、長期であれば株価は右肩上がりである事が語られています。例えばアメリカの代表的な株価指数 S&P 500 のチャートを長期で見てみても右肩上がりということが確認できます。

長期投資は山有り谷有り …

S&P 500 のチャートを長期で見れば右肩上がりですが、その過程において株価は様々な問題や試練を乗り越えてきているのです。上の画像はみなさんが「思い描く長期投資」のイメージと、「実際の長期投資」のイメージを表しています。

実際の長期投資では谷に突き落とされたり、ロープウェイで余裕で上昇したかと思えば、落とし穴に落ちたり、また這い上がったりと壮大なドラマを経て、ズンドコ株価は上下しながら上昇することを理解することができると思います。

S&P500の強気相場のロードマップ

Source: BofA Global Research, Bloomberg

更に興味深いのが、バンクオブアメリカの Global Research が示している S&P500 の1930年〜現在までを表した超長期のチャートです。このチャートを見ると分かるように、株価は右肩上がりを続けていますが、ベア相場のボックス圏を13年くらい経て→今度は約14年以上のブル相場を交互に繰り返していることが分かります。

ベア相場とブル相場を繰り返す

つまり先程見たチャートでは何となく株価は右肩上がりを続けていますが、このロングスケールのチャートを見ると、大きなベア相場と大きなブル相場を経て、株価は右肩上がりを続けていることが理解できると思います。

このS&P500のチャートが示すように、厳密には株価は常に右肩上がりを続けているのではなく、相場のサイクルとしてベア相場で株価は上がったり下がったりを繰り返し、結果ブル相場という成長の相場サイクルを迎え、ある程度成長すると、またベア相場というボックス圏を上下するサイクルを迎えています。

株を売買して右肩上がりの時期に利益を出して行くのが重要

つまり、レイザー兄貴がツイートしていたように、この右肩上がり (ブル相場) の時期に如何に利益を出して行くのかが非常に重要であるということです。特に個別株をアグレッシブルにトレードしていく場合は、このブル相場を意識してトレードをすることが勝率を大きく分けると思います。

積立投資、インデックス投資については、この時期にどれくらい投資できているか (投資信託の口数を持っているか) により、資産を大きく成長させることができます。また投資信託やETFを取り崩すタイミングが、このブル相場に該当していれば資産が目減りする心配をしないで良いでしょう。

逆にベア相場の時期に投資信託やETFを取り崩すタイミングが重なってしまった場合は、この大きなベア相場が始まってどれくらいなのか?をカウントし、相場に合った資産の取り崩しを行うか、ある程度の額を前もって現金化した方が良いのかを検討しましょう。

初心者が陥りやすいミス

投資の初心者が陥りやすいミスとしては、このS&P500のチャートが表すように、ベア相場で投資を開始してしまった場合、どこかで株価が調整や暴落してしまった時に怖くなって損切りしてしまうことです。

証券会社の口車に乗せられて2007年に退職金を一気に日経平均型の商品に投資した人、値が戻るまでの10年間耐えられたのだろうか?自分の頭で考えて時期も商品も分散投資しておけばと後悔したに違いない

レイザー兄貴も上記のツイートで指摘している通り、大きなベア相場はS&P500の長期チャートで見ると、およそ13年くらい続くことがデータで出ています。投資を開始したタイミングが大きなベア相場のサイクルだった場合は、粛々と次の強気相場 (ブル相場) に向けてボックス相場で力を蓄えていると捉え、ドルコスト平均法などで毎月決まった額の積立投資を続けましょう。

暴落は若い長期投資家にはチャンス

長期投資の基本は、自分が投資した資金を取り出すのは数十年先のことだと思いますので、大きく下げた時は逆にチャンスだと思い、あなたが iDeCo や NISA をやっている場合は、いつもより大きく買ってみたり、スポット購入するチャンスかもしれません。レイザー兄貴も指摘するように、大きく下がっている時はチャンスと捉えるべきです。

「長期積み立て投資」を否定する訳ではないよ。むしろ、それ、理想的だから!大きく下がっている時に指数連動型のETFを多く買うのは兼業さんにはすごくいいと思う。貴重な時間的リソースの節約になる。

ある程度の歳になったら守りのポートフォリオにリバランス

長期投資で注意が必要なのが、長期投資を実行しており、そろそろ老後を迎えようとする高齢者のケースです。株式相場は上記のS&P500チャートのように、ブルベア相場を繰り返しながら右肩上がりを続けていますが、必ず長期投資をしていればベア相場が訪れます。

例えば老後に株式を徐々に売って現金に取り崩して生活をしなければいけない場合、あなたが株式を取り崩すタイミングとベア相場が重なってしまった場合は、せっかくの積立投資が目減りしてしまうかもしれません。このようなケースを避けるためにも、ある程度の年齢を過ぎたらポートフォリオをリバランスを行い守りを固めるなど対応が必要になります。

相場の大きなサイクルを理解することで長期投資の解像度が上がる

巷では「ほったらかし投資」、「お金は寝かして育てましょう」などと言われていますが、株式市場には大きなサイクルがあることを理解しましょう。冒頭で取り上げたように、私自身もこれらの著書で大いに勉強させて頂きました。

日本の積立投資の世界では、許容範囲のリスクを取り、後は定期的な積立投資を実行し、普段の生活やプライベートを充実させましょう!というようなスタンスが多いですが、もう一歩踏み出してみると面白いかもしれません。