Zoomy

【NU】バフェットが支援するブラジルのフィンテック Nubank について

投資

Nubank

ブラジル最大の銀行にまで成長したフィンテック企業 Nubank (ヌーバンク) が2021年12月9日にニューヨーク証券取引所で市場デビューを果たし、現在はティッカーシンボル “NU” で取引されています。同社の株式は1株あたり11.25ドルで取引が開始され、水曜日のIPO価格である1株あたり9ドルを上回りました。この結果、Nubank の時価総額は500億ドル近くに達しました。

Nubank がIPO

Nubank は水曜日に2億8,900万株を1株あたり9ドルで売り出しましたが、これは1株あたり8~9ドルという予想範囲の上限でした。今年の「CNBC Disruptor 50」で40位にランクインした同社は、推定評価額414億ドルで26億ドルを調達しました。

Nubank は2013年に、高額な手数料とローテクな銀行システムで有名なブラジルのサンパウロで、紫色の手数料無料のクレジットカードを発売しました。それから10年も経たないうちに、このフィンテック企業は不況とパンデミックを乗り越え、ブラジル、コロンビア、メキシコに4,800万人の顧客を抱え、Chime、Robinhood、SoFi よりも高い評価を得ています。

パンデミックが発生するまでは、当社は急速に成長していましたが、人々はデジタルバンキングについてまだ疑問を持っていました…

コロンビア出身の Nubank のCEO兼共同設立者である David Velez (デビッド・ベレズ) は、CNBC の “Squawk Box” に出演し、次のように述べました。

パンデミックの影響で、多くの人々の行動に変化が生じました。そして、突然、60代、70代、80代の人々が、ブラジル全土のさまざまな自治体で、私たちを利用し始めたのです。

ブラジルでは、5つの銀行が国の資産の80%以上を管理し、クレジットカードの年利は300%に達し、人口の3分の1が銀行を利用していないという、非効率でアクセスしにくい金融エコシステムが存在していました。Nubank によると、銀行の支店はブラジルの60%の都市にしかありませんが、デジタルプラットフォームを利用すれば、場所を問わずにお客様をサポートすることができます。また、9月30日時点で、約510万人に初めてのクレジットカードや銀行口座を提供したと推定しています。

ウォーレン・バフェット含む、豪華な既存投資家

今年初め、ウォーレン・バフェットの Berkshire Hathaway (バークシャー・ハサウェイ) は、Nubank の親会社に5億ドルの投資を行いました。他にも既存投資家の一部として豪華な面々が投資を行っています。

・バークシャーハサウェイ
・セコイアキャピタル
・Tiger Global
・DST Global
・テンセント

Nubank は、Ribbit、Tencent、Invesco、そして Vélez の前職であるベンチャーキャピタル会社 Sequoia などの出資を受け、ラテンアメリカ地域でのオンラインバンキングの拡大を推進しています。Nubank はこれまでに、手数料無料の仕組みによって顧客が節約できた金額は20億ドル以上に上ると推定しています。

銀行の支店は今のままでは生き残れないと思います。5年後、10年後に金融サービスを提供する企業のほとんどは、顧客に焦点を当て、効率性を高め、誰もが手数料や金利を下げられるデジタル企業になるでしょう。

Nubank の公募では、モルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス、シティグループが主幹事を務めた。

Nubank の NYSE IPO での価格は9ドルに設定したと発表しました。個人株主数では、約81万5千人が Nubank BDR に投資し、投資家数では世界最大級のIPOとなりました。ブラジルでは、個人投資家における最大のIPOとなりました。約750万人の人々が、金融教育プログラム「NuSócios」を通じてBDRを無料で受け入れました。このプログラムは、今後12ヶ月間で数百万人のブラジル人を株式市場に参加させる可能性があります。

南米最大のチャレンジャー銀行 Nubank

Nubank の顧客基盤、プロダクト、ビジネスモデル、マーケット、ユニットエコノミクス、今後の成長戦略は下記のスレッドが非常に詳しく解説させています。

2021年6月の時点で、Nubank は2016年末に報告された130万人の顧客から増加し、4000万人の顧客という大台に乗りました。このデジタルバンクは、ブラジル初のユニコーン企業の一つであり、ラテンアメリカ初のデカコーン・スタートアップでもあります。

Nubank は、デジタル・リテール・バンキングの先駆者であり、モバイル・ペイメント、パーソナル・ローン、クレジットカード、さらには投資口座など、Nubank が提供する複数の商品を利用するユーザーを抱え、ブラジル最大の銀行となっています。

好評を博している Klarna のコンセプトを事業の一部に取り入れるなど、Nubank はラテンアメリカの Robinhood (ロビンフッド) としての地位を確立しつつあります。

source : CNBC

バフェットが更に購入する Nubank

ウォーレン・バフェット率いる Berkshire Hathaway (バークシャー・ハサウェイ) が、2022年2月14日に米国証券取引委員会に提出した書類の中で、前四半期に Visa と Mastercard の大部分の株を売る一方で、ブラジルのビットコインにフレンドリーな銀行 Nu Holdings Ltd (NYSE:NU) Nubank 株を10億ドル取得したことが報告されています。

ウォーレン・バフェットとチャーリー・マンガーは、ビットコインや仮想通貨に対して、嫌悪感を持っていることで知られています。しかし、彼らの会社 Berkshire Hathaway は、暗号通貨対応した nubank に10億ドル以上の投資を行っています。

従来の投資家でさえ、もはや暗号を軽視することはできなくなっているのでしょうか?伝説の投資家であるチャーリー・マンガーは、2022年2月16日に行われた株主総会での質疑応答で、ビットコインやその他の暗号を「軽蔑の対象」とし、その主な用途は恐喝、誘拐、脱税であると主張した。

マンガーは、自分が暗号に投資したことがないことを指摘すると、次のように述べています。

私はそれを避けてきたことを誇りに思っている…それはある種の性病のようなものだ。軽蔑にも値しない。現代的だと言う人もいるが、強奪、誘拐、脱税に便利な通貨を歓迎しているだけだ。

ビットコインにフレンドリーな Nubank

Nubank は、暗号通貨を受け入れ、新興の資産クラスをビジネスの不可欠な存在としても評価されています。2021年6月には、南米で初となるビットコインETF「QRビットコインETF (QBTC11)」をブラジルで発売しました。丁度この頃に、同社はウォーレン・バフェットから初めて投資を受けています。バフェットは、バークシャー・ハサウェイを通じて Nubank に5億ドルを投資しています。

QRビットコインETF (QBTC11) とは?

QR Capital の資産管理会社 QR Asset Management が提供する仮想通貨ビットコインに100%投資できるビットコインETF。QBTC11 では、ウォレットや秘密鍵を気にすることなく、投資家はお気に入りの証券会社を通じて、100%ビットコインETFの株式をポートフォリオに追加することができます。

QBTC11は、ブラジル証券取引所のB3で取引されており、国際証券委員会機構(IOSCO)の設立機関の一つであるCVMから取引を認可されています。わずか14.44レアルで、すでにビットコインに触れることができます。

IPO後初の決算21Q4

売上 : $635.9M (YoY +224%) vs 予想 $393.76M
EPS : -$0.04 vs 予想 -$0.03
ガイダンス : なし
粗利益 : $226M (YoY +202%)
顧客数 : 5,390万人 (3Q +580万)
MAU : 4,110万 (アクティブ率 76%)

Nubank の IPO 後の初決算は、2022年2月22日のアフターマーケットでアナウンスされました。第4四半期の21は、前年比224.3%増の6億3,590万ドルに達しました。21年度の総収入は17億ドルでした。21年第4四半期の粗利益は2億2,690万ドルで、前年比207%増加し、2021年には最大7億3,290万ドルで、前年比131.6%増加しました。第4四半期の調整後純利益は320万ドル21。21年度は660万ドル。

第4四半期にブラジル、メキシコ、コロンビアで合計580万人の顧客を獲得しました。(メキシコとコロンビアの普及率はまだ1%に過ぎず、メキシコとコロンビアへの進出はまだ始まったばかり) 2020年は調整後2680万ドルの赤字だったのが、2021年はなんと660万ドル初の黒字化になりました。

複数の取引先を持つ企業の法人口座開設が可能に

Nubank は、2022年3月16日より、複数のパートナーがいる企業向けに、法人口座の利用資格の拡大を開始しました。これまで、このアカウントはパートナー企業1社のみが利用可能でした。Nubank の法人ディレクターである Julia Martini は、この拡張を他の法人プロファイルに迅速なソリューションをもたらす方法として見ていると声明で述べている。

PJ Account を複数のパートナーで利用できるようにすることで、新たな顧客層を開拓し、より多くの起業家の資金繰りを支援することができるようになりました」と述べています。市場でPJ口座のオプションを探す人々に歴史的に課せられてきた複雑さを取り除くことで、彼らのビジネスの推進を引き続き支援したい。

また、中小企業経営者、個人事業主、フリーランスの方で、個人パートナー、つまりMEI、EI、EIRELI、LTDA として登録されている方、個人不動産会社、個人事業主の方も Nubank の法人口座を開設することが可能です。

法人口座は、フィンテックの個人口座と同様に、PIXが無料、振込手数料が無制限、ボレートの支払い、クレジットカードやデビットカードの利用が可能です。また、請求書や電子明細書を発行して会計管理を行ったり、クレジットカードやデビットカードで決済された売上金額を自動的に受け取ったりすることもできます。

TIME 100 Most Influential Companies of 2022

TIME紙による、2022年の最も影響力のある企業ランキング100選に Nubank が選出されています。Nubank の選出部分を引用してご紹介します。

Nubank
より良いバンキング

ラテンアメリカの伝統的な銀行システムは、コストが高く、官僚的で、アクセスしにくいことで知られており、地域全体の成人の45%が銀行口座を持たないままだと推定されています。CEOの David Vélez の下、フィンテックと銀行業界の破壊者である Nubank は、人々がモバイルデバイスから銀行システムにアクセスすることをこれまで以上に容易にすることで、この状況を変えるために先頭にたっています。

ウォーレン・バフェット氏のバークシャー・ハサウェイを含む有力投資家の支援を受け、昨年は顧客数を62%増の約5400万人にまで伸ばしました。また、Nubankは12月に28億ドルで株式市場にデビューし、時価総額を500億ドル以上に引き上げ、世界で最も価値のあるデジタル専用銀行としての地位を確固たるものにしました。

– text by Juliette Pearse / TIME 100 Most Influential Companies of 2022

Nubank がビットコインとイーサの取引を開始

Nubank は、顧客がプラットフォーム上でビットコイン (BTC) とイーサー (ETH) を売買するオプションを追加すると、2022年5月12日に発表しました。Nubank の親会社である Nu Holdings はまた、暗号通貨に対する信念を示すために、バランスシートの現金のおよそ1%をビットコインに割り当てていると述べました。

暗号取引と保管サービスは、Paxos のブロックチェーン・インフラによって提供されると、Paxos は CoinDesk に語った。この取引きはまず、Nubank ユーザーに徐々に提供され、7月末までにすべての顧客に届くとされている。将来的に利用可能な暗号通貨については、”さらに追加するために頻繁にキュレーションを行う” と付け加えました。

暗号がラテンアメリカの成長トレンドであることは間違いなく、私たちはその動向を注視しており、この地域に変革的な影響を与えると信じています。しかし、顧客がこの新しい市場に自信を持って参入するための情報が不足しているか、複雑な体験に苛立つだけで、取引体験はまだ非常にニッチです。

と Nubank のCEO兼共同創業者の David Vélez は声明で述べています。