Zoomy

MeaTech 3D が養殖ステーキ生産のブレークスルーを報告

フード

MeaTech 3D が養殖ステーキ生産のブレークスルーを報告

写真は、MeaTech 3D でプリントされた3.67オンスの栽培用ステーキ
Photo by Shlomi Arbiv / Amit Farber

MeaTech 3D が養殖ステーキ生産のブレークスルーを報告。培養肉のリーディングカンパニーである MeaTech 3D は、大豆やエンドウ豆のタンパク質を一切使用せず、本物の生きた筋肉と脂肪の組織で構成された3.67オンスの培養ステーキを印刷したことを発表しました。

2021年12月7日、イスラエル・ネスシオナ – MeaTech 3D Ltd. (Nasdaq: MITC) は、主に培養された本物の脂肪細胞と筋肉細胞で構成された3.67オンス(104グラム)の培養ステーキのバイオプリントに成功したことを明らかにしました。これは、これまでに製造された培養ステーキの中で最大のものであると同社は考えています。この画期的な成果は、バイオプリントされた培養肉の大規模生産という目標に向けた重要なマイルストーンとなります。

このステーキに使用された細胞は、組織サンプルから牛の幹細胞を分離し、それを増殖させることから始まる高度な独自のプロセスによって製造されました。十分な細胞量に達した幹細胞は、MeaTech が独自に開発した3Dバイオプリンターに適合するバイオインクに形成されました。このバイオインクは、ステーキ構造のデジタルデザインファイルから印刷されたものです。印刷された製品はインキュベーターの中で熟成され、印刷された幹細胞は脂肪細胞と筋肉細胞に分化し、それぞれ脂肪組織と筋肉組織に成長し、MeaTechステーキが形成されました。

MeaTech の目標は、肉以外の成分ではなく、細胞由来の成分を最大限に活用した、従来のステーキに代わる真のステーキの開発です。培養されたステーキは、本物の生きた筋肉と脂肪の細胞で構成されており、植物性の代替品によく使われる大豆やエンドウ豆のタンパク質は一切含まれていません。MeaTechは、自社で開発した高度な3Dバイオプリンティング技術と高度な組織工学科学を駆使してこの重要なマイルストーンを達成し、持続可能でプレミアムな培養肉製品を市場に近づけました。

MeaTech は、今後もバイオプリンティング技術と培養技術を改良し、農場で育てられた高級ステーキの主要な特徴をよりよく反映した培養肉を生産する予定です。

MeaTech について

MeaTech 3D は、培養肉革命の最前線にいる国際企業であり、ナスダック・キャピタル・マーケットに「MITC」のティッカーで上場しています。2019年に活動を開始し、イスラエルの Ness Ziona とベルギーのAntwerpに施設を維持しています。同社は、培養肉技術が食肉生産を改善し、食肉のサプライチェーンを簡素化し、消費者にさまざまな新製品を提供する大きな可能性を秘めていると考えています。

MeaTech は、構造化された霜降りのステーキなど、プレミアムな食肉製品の開発に注力しています。これには、ハイスループットのバイオプリンティングシステムの開発も含まれます。この目標を達成するために、当社は、細胞ベースの代替タンパク質製品を製造するための一連の高度な製造技術を開発しています。これには、牛肉、豚肉、鶏肉用の細胞株の開発が含まれます。