Zoomy

SoFi (ソーファイ)、全米銀行になるための規制認可を取得

投資

SoFi (ソーファイ)

SoFi Technologies, Inc. (デジタル・パーソナル・ファイナンス企業の SoFi(以下、「SoFi」) は2022年1月18日、通貨監督庁(OCC)と連邦準備制度理事会(FRB)が、Golden Pacific Bancorp, Inc. の買収を通じて銀行持株会社となり、その銀行子会社を SoFi Bank, National Association として運営するための申請を承認したと発表しました。SoFi は、慣習的に定められている残りの買収条件が完了または免除されることを条件に、2月中に買収を完了する予定です。

SoFi のCEOである Anthony Noto 氏は、今回の件について以下のように述べています。

今回の画期的な出来事は、より多くの人々がお金を正しく使い、夢を実現できるよう支援する当社の能力を高めるものです。

また、当社の金融商品やサービスを強化することで、全国の会員やビジネスパートナー、地域社会のニーズに効率的に応えられるようになり、同時に高い水準の規制やコンプライアンスを維持できるようになります。

この重要なステップにより、当社の幅広い金融商品・サービスを追加することができ、会員の皆様の人生における大きな金銭的な瞬間やその間のすべての瞬間に、より良く寄り添うことができるようになります。

私はこのチームを非常に誇りに思うとともに、より多くの人々が経済的自立を達成できるよう、これからの機会を楽しみにしています。

昨年、SoFi は、国立銀行の認可取得に向けた重要な戦略的ステップとして、子会社の Social Finance, Inc. がGolden Pacific Bancorp, Inc. (OTCPK: GPBI) およびその完全子会社である Golden Pacific Bank, N.A.(以下、「GPB」) を買収することで合意しました。

SoFi は、7億5,000万ドルの資本を投入し、GPBのコミュニティバンク事業と、GPBの現在の3つの実店舗を含むフットプリントを維持しながら、全米規模のデジタルビジネスプランを追求する予定です。

今回の発表に際し、SoFi は、GPBの事業計画の修正案をOCCに提出するとともに、銀行持株会社への移行および支配権の変更に関する申請書を連邦準備制度理事会に提出し、承認を得ました。GPB社の買収完了後、SoFi Technologies, Inc. (NASDAQ: SoFi) は、SoFi Bank, National Association の親会社となります。

SoFi について

SoFi は、人々が野心を実現するための経済的自立を支援しています。借り入れ、貯蓄、支出、投資、保護のための商品を提供することで、約300万人の会員がお金を正しく使うためのツールに素早くアクセスできるようになっています。

SoFi のメンバーシップには、キャリアアドバイザーや、同じ志を持つ野心的な人々が集まる活発なコミュニティへの参加など、出世するために必要なものが含まれています。

また、SoFi は、ロサンゼルス・チャージャーズとロサンゼルス・ラムズの本拠地であるSoFiスタジアムのネーミングライツパートナーでもあります。