Zoomy

Planet のスカイサットが撮影した噴火したフンガ・トンガ

投資

衛星観測データ会社 Planet (プラネット) の SkySat (スカイサット) は、津波を引き起こした激しい噴火のちょうど2時間前の、UTC 2:25に Hunga-Tonga Hunga-Ha (フンガ・トンガ・フンガ・ハアパイ) の画像をキャプチャしました。

Planet の Tanya Harrison 氏が、2022年1月12日に Planet のストーリーズに投稿した記事『Expanding Islands In The South Pacific (拡大する南太平洋の島々)』を翻訳してご紹介します。

拡大する南太平洋の島々

2015年初頭、南太平洋の海底火山が爆発的に噴火し、ポリネシアの国トンガに新しい島ができました。科学者たちは当初、この島は数カ月で消滅するだろうと考えていました。小さな火山島では、海の波の浸食力によって消滅することがよくあります。しかし、7年経った今、島は消滅しただけでなく、劇的に成長している。

12月下旬、「Hunga-Tonga Hunga-Ha (フンガ・トンガ・フンガ・ハアパイ)」と名付けられた島は、新たな火山口から噴火を始めたのだ。メリーランド州にあるNASAゴダード宇宙飛行センターの研究員ダン・スレイバックは、この島が形成されたときから研究を続けている。「噴火によって、前回の噴火で残された高さ120mのテフラコーンの大部分が破壊され、そのクレーター湖は新しい物質で完全に埋め尽くされました」と、スレイバックはプラネットなどの衛星データの分析結果をもとに語っている。わずか数日の間に島の姿が変わったことが印象的だ。

Photo by Hunga Tonga-Hunga Haʻapai における噴火の時系列データ © 2021, Planet Labs PBC. All Rights Reserved.

プラネットのプラネットスコープ画像は、2022年1月2日に新しい島の構造を初めてはっきりと捉えました。」とスレイバック氏は指摘する。直近の噴火が始まる前の12月中旬のプラネットスコープの画像を比較すると、降灰によって島の表面積が45%近く拡大しているように見える。火山の熱でカルデラ内の湖が沸騰しているため、火山は今のところ蒸気だけを出して静かになっているようです。NASAの「Rapid Response and Novel Research in Earth Science」プログラムを通じて、スレイバックのチームはフンガ・トンガ・フンガ・ハアパイの研究を続けている。「私たちは今、惑星のスカイサット星座から得られるような衛星観測を使って、放出された物質の量を定量化しようとしています。」スカイサットによるステレオ観測は、デジタル標高モデルの作成に利用され、景観やその経年変化を立体的に把握することができます。

NASA、全米科学財団、またはその他の連邦民間機関から資金提供を受けている研究者の方は、NASAの商業用小型衛星データ取得プログラムを通じて、科学利用のためにプラネットスコープのデータにアクセスすることができます。

(ここまで Tanya Harrison 氏による記事『Expanding Islands In The South Pacific』)

スカイサットで撮影された噴火の2時間前と1週間前の画像比較

日本時間、2022年1月15日13時頃の、フンガ・トンガ・フンガ・ハアパイの大噴火を受けて、Planet のCEOである Will Marshall は、スカイサットで撮影された噴火の2時間前と1週間前の画像を紹介しています。

トンガの火山噴火の2時間前と1週間前(1月7日)では大きく変わっています。噴火後の撮影を待つ。

噴火後の1月16日に撮影された画像

最初の(?)事後光学画像は、重い雲のために解読が*非常に*困難であり、完全に処理されていませんが、島のほとんどがなくなっているようです。小さな残骸NとSはまだそこにあります。

火山灰で色が変わってしまったトンガ

雲が晴れると、トンガタプ島にフンガトンガ-フンガハアパイ火山からの降灰が見えます。惑星スカイサットによってキャプチャされました。

トンガの噴火による冷寒化の予想グラフ

また、今回の噴火による冷寒化の予想グラフが、気候科学者のジーク・ハウザー博士によって投稿されています。このツイートによると、1991年に起こったフィリピンのピナトゥボ噴火と同様規模の場合 (青線の部分) 噴出物がどのくらい成層圏に放出されたかによるそうです。もし冷寒化になると、凶作や原油価格上昇、インフレ上昇を引き起こす可能性を指摘しています。