Zoomy

Planet、44機の SuperDove 衛星を SpaceX のファルコン9ロケットで打ち上げる

投資

地球に関する日々のデータと知見を提供する大手プロバイダーである Planet Lab PBC (プラネットラボ / NYSE: PL) は2022年1月12日、44機の SuperDove 衛星からなる Flock 4x の打ち上げを、1月13日(木)に SpaceX のファルコン9トランスポーター3 SSO で行うことを発表しました。これは、Planet (プラネット) が SpaceX と締結した複数年にわたるライドシェア契約に基づく最初の衛星打ち上げとなります。

Planet は、世界最大の地球観測衛星群を運用しており、今回の打上げにより、軌道上に240機以上の衛星を保有することになります。Flock 4x は、この衛星群の一部を構成する既存のスーパードーブに補充される予定です。プラネットスコープは、地球上のすべての陸地を毎日3億5000万km²の範囲で撮影し、1ピクセルあたり約3メートルの解像度の画像を提供します。この前例のない能力により、Planet のお客様には、地球の資源や地球規模のイベントに関するデータを毎日提供することができます。

SpaceX と一緒に最新のフロックを打ち上げることができ、とても嬉しく思っています。SpaceX の打ち上げ市場における信頼性とリーダーシップは、今回のミッションにおいて当然の選択です。Flock 4x は、プラネットスコープのコンステレーションに最新かつ最強の機能を提供し、顧客のニーズに応えることができます。

と Planet のCEOである Will Marshall (ウィル・マーシャル) は述べています。

現在までに、Planet は SpaceX と7回の打上げを通じて83機の衛星を打ち上げています。2021年8月、Planet は SpaceX と2025年までの複数年・複数回の打ち上げ契約を発表しました。SpaceX のファルコン9ロケットは、頻繁にライドシェアサービスを提供しており、Planet は野心的な打ち上げ目標を達成することができます。

この最新のライドシェア契約に基づく最初の打ち上げは、現在の宇宙ルネッサンスにおける重要な瞬間を意味しています。この10年間で、ロケットの打ち上げ価格が下がり、打ち上げ回数が増えた一方で、人工衛星のサイズは劇的に小さくなり、1つのロケットでより多くの人工衛星を打ち上げることができるようになりました。

Planet の衛星群が収集する前例のない量の地球画像データは、惑星の活動や資源に関するグローバルな分析を可能にします。Flock 4x によって、Planet のデータ製品は、政府、NGO、持続可能性、災害救援、財務管理、安全保障などに取り組む企業に、高品位な地球の洞察を提供し続けます。

デプロイメント 白太字のチェックマーク 44台の SuperDoves は全て正常にデプロイされました。SpaceX のファルコン9からの展開に成功し、軌道上の残りの約200個の衛星と一緒に、変化する地球の様子を毎日撮影するために出発しました。SpaceX、ありがとうございました。

また一つ、打ち上げが成功しました 本日の SpaceX の打ち上げでは、44機の SuperDove がすべてコンタクトをとり、自動化されたコミッショニングプロセスを開始しました。チームの皆さん、お疲れ様でした。