Zoomy

Planet Labs、カーボンニュートラル企業として認証される

投資

Planet

Planet Labs PBC (プラネットラボ)、カーボンニュートラル企業として認証される。地球に関する日々のデータと洞察を提供する大手プロバイダーである Planet Labs PBC (NYSE: PL) は、2022年2月1日に、持続可能性へのコミットメントの一環として、2021年12月時点でカーボンニュートラル企業として正式に認定されたことを発表しました。

Planet は、環境および持続可能性に関する品質のパフォーマンス・クレームの第三者認証、検証、妥当性確認を専門とする組織であるSCSグローバル・サービス(SCS)と協力し、国際的に認められている PAS 2060: 2014 Carbon Neutrality Standard に基づいて、同社の事業をカーボンニュートラルであると認証しました。この認証は、2020年の暦年において、同社の衛星の製造、打ち上げから企業活動のあらゆる側面を含むサプライチェーン全体を対象としています。

Planet のチーフ・インパクト・オフィサーである Andrew Zolli (アンドリュー・ゾリ) は今回の認証について以下のように述べています。

Planet の使命は、地球上の生命を助けることです。その使命を果たすために、私たちは、世界的に持続可能な手法の採用を促進するだけでなく、自社の事業においてもその手法を具体化することに取り組んでいます。科学的根拠に基づいた厳格なアプローチを用いて、可能な限り環境への影響を低減することをお約束します。

Planet の直接的および間接的な GHG (温室効果ガス)排出量(スコープ1、2および関連するスコープ3)は、購入品およびサービス、資本財、燃料およびエネルギー関連活動、出張、従業員の通勤、廃棄物の発生、下流の輸送および流通など、いくつかのカテゴリーについて計算されました。

このプロセスは、GHG 評価基準である WRI GHG プロトコルに基づいて Planet の GHG インベントリを評価したSCSが行いました。Planet の2020年 GHG インベントリの合計は、3,482トン CO2e でした。SCS は、Planet の GHG の主な発生源カテゴリーは、スコープ3(購入した商品・サービス、出張)とスコープ2(購入した電気)であることを明らかにしました。

私たちは、Planet のカーボンニュートラルへのコミットメントと、その主張を評価・検証するために行った作業を称賛し、最終的に2020年に向けて自社のカーボンニュートラル認証を取得しました。SCS の気候コンサルティングサービスのプログラムマネージャーである Dave Jonas (デイブ・ジョナス) は以下のように述べています。

Planet のカーボンニュートラルへの取り組みと、その主張を評価・検証し、最終的に2020年のカーボンニュートラル認証を取得したことに拍手を送りたいと思います。

高品質なカーボンクレジット

カーボンニュートラルを達成するためには、Planet が2020年の活動に伴う温室効果ガスを完全に中和するために、3,482トンの検証済みおよび償却済みのカーボンクレジットを購入する必要がありました。パチャマ社は、衛星画像、AI、リモートセンシングの最新技術を活用して森林に蓄積された炭素を測定・監視し、森林の保全と再生に必要な資金を調達している企業ですが、Planet は、Pachama (パチャマ) が提供する3つの高品質なREDD+プロジェクトをカスタムポートフォリオとして購入しました。

Pachama は、Planet の顧客でもあり、同社のデータを利用して、世界中のカーボンプロジェクトを長期的に検証・監視しています。今回のオフセットプロジェクトには、アマゾン地域の「Agrocortex」と「Brazil Nut Concessions」、パプアニューギニアの「NIHT Topaiyo」が含まれています。

高頻度衛星画像のリーダーである Planet と緊密に協力できることに感謝しています。Pachama は Planet のデータを活用して森林炭素プロジェクトの評価を進め、Planet は Pachama を利用して高品質の炭素クレジットで排出量を中和するという、価値あるパートナーシップを築いています。

と、Pachama のCEOで共同設立者の Diego Saez Gil は述べています。

これらのクレジットは、Verified Carbon Standard(VCS) で検証されており、購入したクレジットが真の GHG 排出削減量であることが保証されています。また、このクレジットを購入することで、独立した第三者機関によって検証され、排出削減が行われた後に発行され、カーボンニュートラル達成の宣言日から12ヶ月以内に消却されたことが保証されます。

ネットゼロへの道

2020年は Planet の申請期間であり、オフセットのみでカーボンニュートラルを達成することができました。今後、Planet はカーボンニュートラルの認証を維持するために、排出量の削減を実証していきます。2020年は、年が明けて3ヶ月後にパンデミックが発生し、残りの期間は社員が自宅で仕事をするという異常な年でした。

Planet は、カーボンフットプリント管理計画(CFMP)の中で、この課題を受け入れています。CFMP では、GHG 削減目標を示し、カーボンニュートラル認証を維持するために、絶対量または原単位ベースで GHG 削減を示すために、Planet が今後1年間に実施するプロジェクトの詳細を説明しています。

例えば、Planet は、賃貸オフィスでの再生可能エネルギーの利用、二酸化炭素排出量の削減に貢献するトラベルパートナーとの協力、購入した商品やサービスの発送数を減らして地上輸送を選択することによる合理化などにより、業務上の GHG 排出量を削減することを約束しています。

2022年に向けて、Planet は2021年の排出量を早急に評価し、相殺することで、次年度以降の排出量を大幅に削減する炭素削減計画の策定に着手し、2030年までにネット・ゼロ・カンパニーになることを目指します。Planet は、他の企業とともに、持続可能な未来をつくるための役割を果たしていきたいと考えています。

また、Planet の使命は、森林破壊の解決、持続可能な開発目標の推進、企業の持続可能性と持続可能な金融を実現するためのパートナーシップを通じて、地球上の生命を助けることにあります。

SCSグローバル・サービスについて

1984年に設立されたSCSグローバル・サービスは、環境および持続可能性に関する第三者機関による検証、認証、監査、試験、および規格開発のグローバルリーダーです。そのプログラムは、自然資源管理、グリーンビルディング、製品製造、食品・農業、サプライチェーン、気候変動対策など、さまざまな産業分野での成果を評価しています。

カリフォルニア州エメリービルに本社を置くSCSは、アメリカ大陸、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、アフリカの各地に代理店や関連会社を有しています。監査人の幅広いネットワークは、各分野の専門家で構成されており、その品質と専門性へのこだわりから、企業、政府機関、支援団体から信頼を得ています。SCSは、社会的、環境的に責任のある事業活動への取り組みを反映し、Benefit Corporation として認定されています。