Zoomy

【DMYQ / PL】観測衛星の Planet(プラネット・ラボ)について

投資

【DMYQ】観測衛星の Planet (プラネット・ラボ)

source : Planet

“地球データのブルームバーグ・ターミナル” を目指す、衛星画像と地理空間ソリューションを提供するリーディングカンパニー Planet Labs (プラネット) は、dMYテクノロジーグループとの間で最終的な合併契約を締結し、SPAC (NYSE:DMYQ) の裏口上場という形で2021年Q3にマージしてティッカーは (NYSE:$PL) になる予定です。Planet Labs の株価は9ドル後半で推移しています。

こちらのページでは、Planet という企業について、ビジネスや特徴について、最新のアナリスト・デイ・プレゼンテーション 2021 などの資料を元にご紹介します。

Planet (プラネット) とは?

Planet は、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く、アメリカの民間地球観測会社です。全世界で毎日衛星画像と地理空間ソリューションを提供するリーディングカンパニーでもある同社は、毎日世界を画像化し、変化を可視化し、アクセス可能にし、行動に移せるようにすることを使命としています。

2010年にNASAの科学者3人によって設立されたプラネットは、地球観測衛星の最大のフリートを設計、構築、運用しており、1日あたり300万枚以上の画像からデータを取得してまとめています。

Planet は、ミッションクリティカルなデータ、高度な洞察力、ソフトウェアソリューションを、世界有数の農業、林業、情報、教育、金融、政府機関など600社以上の顧客に提供しており、ユーザーが衛星画像から独自の価値を簡単かつ効果的に引き出せるようにしています。

Planet は創業以来462機の衛星を打ち上げ、現在190機の衛星が軌道上にあります。これらの衛星は、600社以上のお客様に様々な用途で利用されています。これらの衛星は、日々、地球の画像を撮影しています。

SPAC上場

プラネットは、ニューヨーク証券取引所に上場している特別目的買収会社 dMY Technology Group IV (ティッカー:DMYQ) と合併。この取引により、宇宙関連企業の株式評価額は28億ドルとなり、第4四半期中に完了する予定で、その結果、プラネットはNYSEのティッカーPLで上場することになります。

今回の買収により、Planet は総額4億3,400万ドルを調達する見込みです。この中には、ブラックロックが主導し、グーグル、コーク、マーク・ベニオフのTIME Venturesが参加した2億ドルのPIPEラウンド(公開株式への民間投資)も含まれています。これまでにプラネットは、Google、DFJ、Lux Capital、DCVC、Founders Fund、Space Capitalなどの投資家から、3億8,000万ドル以上の資金を調達しています。

Planet は、2025年初頭までに調整後の EBITDA ベースで黒字化を達成し、2026年初頭までに売上高を7億ドル近くまで拡大することを目指しています。CEOのウィル・マーシャルは次のように述べています。

我々は今、世界に進出する準備ができており、世界は我々を必要としています。世界を見渡せば、あらゆる業界のあらゆる企業がESG(環境、社会、ガバナンス)目標の測定を必要としており、あらゆる国のあらゆる政府が排出量の測定を必要としています。私たちはグローバルなビジネスを展開しなければなりませんが、それは実現しつつあります。

Planet は、他の宇宙 SPAC 銘柄と比べて、最も堅実な部類に入る銘柄と言われいます。

ミッション

宇宙を利用して地球上の生命を助ける」をミッションに、Planet は、地球上のすべての陸地を毎日撮影し、地球の変化を目に見える形にし、アクセスしやすくし、行動に移せるようにすることを使命としています。

実はSaaSビジネスのデータ会社

Planet (プラネット) は、地球データのブルームバーグのようなものだと考えてください。企業は、地球の画像を利用して、自分たちのビジネスに活かすことができます。例えば、320億ドル規模の農業関連企業である Corteva Agriscience 社。Planet は、80万以上の畑を毎日監視し、作物の収穫量を最大化するのに役立ちます。

生産者は、数日前や1週間前との畑の違いを見て、その畑が歴史的に高パフォーマンスなのか、低パフォーマンスなのかを判断することができます。

農業だけではありません。ニューメキシコ州の土地局は、Planet の画像を使って、既知の活動中および非活動中の鉱山を監視し、不法侵入などの違反行為が行われていないかどうかを確認しています。2020年には、これにより80万ドルの新しい収入が州にもたらされました。

ある意味、Planet は宇宙の会社ではありません。実はデータ会社なのです。同社は、典型的なSaaSビジネスのように運営されています。Planet は、データ・フィードを顧客にサブスクリプション方式で販売しています。

– 600社以上の顧客
– 売上の90%が経常的なもの
– 売上の90%が定期的に発生し、110%の純金保持率

競合企業との比較

Satellogic や Blacksky のような新興の競合企業もありますが、Planet のような規模の衛星はありません。Blacksky は軌道上に5機の衛星を持っていますが、Satellogic は17機の衛星を持っています。しかし、1969年に設立された地球観測衛星会社である Maxar は、80機以上の衛星を軌道に乗せており、392Mドルの収益を上げています。

Maxar は Planet とは違います。しかし、1969年に設立された地球観測衛星会社である Maxar は、80機以上の衛星を軌道に乗せ、392Mドルの収益を上げています。Maxar は、より高解像度の画像を生成する優れた衛星を作るハードウェア企業として位置づけています。

Planet はソフトウェアの会社です。お客様は、自分たちでインフラを構築する代わりに、Planet のソフトウェアを利用することができます。これらの会社は一緒に存在することができます。

未来的には、衛星の数が増えれば増えるほど、衛星画像がコモディティ化するのではないかと心配する人もいます。また、Blacksky のように、衛星画像の分析に役立つAIソフトウェアを開発している競合他社を心配するのも当然のことです。しかし何が起こるかは時間が解決してくれるでしょう。

Planet の業績

Planet は、21年度に1億1300万ドルの収益を記録しました。16年度から27%のCAGRを記録していますが、さらに重要なことは、収益源が多様化していることです。

– 防衛・情報部門: 22
– 民間:24
– マッピング 17%
– 農業: 23
– その他 14%

同社はこれまでに、DCVC や Future Ventures などの投資家からプライベートマーケットで3億5000万ドル以上を調達していました。SPACが完了すれば、Planet の顧客である Google を含むPIPE投資家から、さらに4億8,400万ドルの現金収入が追加される予定です。

なぜ Planet なのか?

Planet は、地球を毎日撮影し、地球規模の変化を目に見えるもの、手に取りやすいもの、そして実行可能なものにするという使命を持って設立されました。過去10年間、プラネットはお客様と共に、地球観測産業に革命を起こし、従来の農業や防衛分野を超えて、衛星データへのアクセスを民主化してきました。

この目的のために、Planet は、最も高い周波数の衛星データと、洞察力を引き出すための基礎的な分析機能を備えた主要なWeb-geoプラットフォームを提供し、世界中のユーザーがインパクトのあるタイムリーな意思決定を行えるようにしています。

企業、政府、研究機関は、Planet のデータとプラットフォームを活用して、事業の拡大、効率化、リスクの軽減を図り、喫緊の課題に対処するための新しいソリューションを開発しています。これにより、刻々と変化するグローバルな状況の中で一歩先を行くことができ、最終的には予期せぬチャンスを掴むことができるのです。

・高頻度で全世界をカバー
毎日取得される最新のグローバルな衛星データで世界を監視します。

・解析可能なデータ
クリーンで一貫性のある調和されたデータで、重要な問題の解決に投資を集中できます。

・シームレスなアクセスと統合
最新のAPIとクラウド・アーキテクチャを利用して、アプリケーションを構築し、組織全体で洞察力を高めることができます。

・信頼できるパートナー
Planet の一連のプロフェッショナルサービス、卓越したカスタマーサポート、そしてグローバルなユーザーコミュニティによって、価値を迅速に実現します。

印象的な買収

プラネットは、2015年7月に地理空間ビジネスを展開する BlackBridge (ブラック・ブリッジ) の買収により、87機の Dove と5機の RapidEye 衛星を軌道に打ち上げた。

2017年には、Google 子会社の Terra Bella を買収し (SkySat 衛星群を含む)、複数年のデータ契約を締結した。

いつマージされるのか? DMYQ → PL

プラネットは、ニューヨーク証券取引所に上場している買収目的の会社 dMY Technology Group IV (ティッカー : DMYQ) と合併します。この買収により、プラネットは28億ドルの株式評価額を得て、第4四半期中に完了する予定です。その結果、プラネットはティッカー : PL でNYSEに上場することになります。

インスタ

source : Planet インスタグラム

プラネットのインスタグラムでは、世界最大級の地球観測衛星コンステレーションから撮影された、様々な衛星画像が紹介されています。

ハイライト

地球観測データのリーダーであり、200機以上の衛星を運用しているプラネットは、2022年第2四半期の業績を発表しました。
売上高:3,040万ドル(前年同期比19%増
顧客数:732社(前年同期比36%増
同社は、SPAC $DMYQとの合併により、年内に上場する予定です。

SPAC の PIPE は、ブラックロック・ファンドが主導した当初の2億ドルに加え、CPPインベストメンツが5,000万ドルを出資し、2億5,000万ドルに拡大しました。この取引により、プラネットはのポストマネー評価額は27億ドルを超え、4億ドルの現金が投入されることになります。既存の株主は77%の所有権を維持します。

地球データのブルームバーグ・ターミナル” を標榜する同社は、Corteva Agriscience (コルテバ・アグリサイエンス社)、Dept. of Agriculture (米国農務省)、NASA と契約し、SpaceX社とのライドシェア契約を延長しました。プラネットは、既存の分野で規模を拡大し、新たな分野への進出を目指しています。

プラネットは、22年度の売上高を1億3,000万ドル(21年度は1億1,300万ドル)、粗利益率を40%(21年度は24%)にすることを目標としています。同社は、22年度の見通しが良く、23年度には民間および国際政府機関でのアップサイドの可能性がある素晴らしいパイプラインを持っています。

長期的には、プラネットは、2016年から2021年までの年率27%から2021年から2026年までの年率44%へと、成長のステップを変えようとしています。2025年に調整後 EBITDA と FCF がプラスになることを目指しており、一対多のモデルとコンステレーション維持のための設備投資が少ないことから、大きな FCF を生み出すことができると考えています。

いつものように、長期的な目標は大目に見るべきであり、多くの要因で脱線する可能性があることに注意したい。これは、近々行われるSPACの合併について話すときにも当てはまります。

リスク

Seeking Alpha の記事でも紹介されていますが、他の衛星観測企業に比べると既に成熟している?ためか、以下のようなリスクが指摘されています。

プラネットは、今後数年間で急速な成長を期待していますが、その予測は同業他社に比べて著しく低いため、株価への関心は低くなっています。 – プラネット・ラボ : グーグルが支援する地球観測プレイ

共同設立者兼CEOの Will Marshall (ウィル・マーシャル)

Will Marshall (ウィル・マーシャル) は、Planet (プラネット) の共同設立者であり、CEOです。会社全体の戦略と方向性をリードしている。プラネット入社以前は、NASA/USRA の科学者として、月周回衛星ミッション「LADEE」のシステムエンジニア、月面衝突型ミッション「LCROSS」の科学チームメンバー、PhoneSat の共同主席研究員、スペースデブリの修復に関する研究プロジェクトの技術リーダーなどを務めた。オックスフォード大学で物理学の博士号を取得し、レスター大学で物理学と宇宙科学技術の修士号を取得。ジョージ・ワシントン大学とハーバード大学で博士研究員を務めた。

TED に登壇した時の映像「地表の検索可能なデータベースを作るミッション」

TED に登壇した時の映像「リアルタイムで地球の変化を撮影する極小衛星群」

今後5年間で40%の成長率を予測

プラネットラボの共同設立者兼CEOである Will Marshall (ウィル・マーシャル) が「Squawk on the Street」に登場し、今後5年間で40%の成長率を予測するなど、今日の打ち上げと成長する宇宙経済について語りました。マーシャルは、宇宙への投資がどのように拡大しているか、また、同社の株式公開計画について説明しています。

Planet サマリー

新しい高性能な画像衛星ペリカン

より高性能なペリカン衛星は、プラネットが軌道上で運用する高解像度スカイサット衛星をアップグレードするもので、2022年に打ち上げが開始されます。

プラネットの共同創業者で、最高戦略責任者の Robbie Schingler氏は、CNBCの取材に対し、

Pelican (ペリカン) は、ユーザーが求めるスピードとほぼリアルタイムでの状況把握を目的に設計されています。ペリカン衛星のサイズは SkySat よりも小さいが、質量は150~200kgとより高密度である。

と述べている。


Craig-Hallum 社が dMY Technology Group Inc. (DMYQ) を「Buy」でカバレッジし、目標株価を15ドルに設定。


Planet が2021年第2四半期の業績を発表

売上高は前年同期比19%増の3,040万ドルで過去最高を記録した。顧客数も前年同期比36%増の732社を記録しています。決算受けてCEOのウィル・マーシャルは以下のように述べています。

当社は第2四半期に記録的な収益を達成し、期末時点で顧客数が700社を超えるなど、輝かしい第2四半期を過ごしました。当社の成長は、垂直市場全体で見られる大きな需要を反映しています。企業や政府がデジタル化を進め、ESG目標を設定する中で、新しいデータソリューションを業務に取り入れており、当社の日々のグローバルなデータや分析製品は、より多くのお客様、パートナー、開発者にとって価値のあるものになっています。


SpaceX社と複数年・複数回の打ち上げを行うライドシェア契約を締結

スペースXを2025年末までプラネットのゴー・ツー・ランチ・プロバイダーとして固める複数年・複数回の打ち上げ契約を発表。これを受けてプラネットのCEOウィル・マーシャルは以下のように述べています。

スペースX社とのパートナーシップを継続できることを嬉しく思います。これまでに7回の打ち上げを行いました。しかし、それ以上に、プラネットとスペースXが一緒になって初めて実現できた、衛星の迅速な計画、製造、打ち上げを共に開拓してきました。 – ウィル・マーシャル


米国農務省国家農業統計局、2021年の成長期評価にプラネットのベースマップを使用

Planet アナリスト・デイ・プレゼンテーション 2021

source : Planet

プラネットは2021年9月22日に、初の Analyst Day を開催し、ビジネスの成長と将来のビジョンを示した投資家向けの資料を公開しています。以下では、アナリスト・デイ・プレゼンテーション 2021 の資料を翻訳したものを掲載します。

Planet は一対多のデータプラットフォーム

プラネットは「ブルームバーグ・ターミナル」である、地球データのための

プラネットのデータは多くの企業にとってミッションクリティカルである

農作物の畑に蔓延の初期症状が見られる。農家の方が今シーズンの収穫量を守ることができました。日々のデータがなければ農業関連企業は収益と競争力を失います。

飛行機の出発が気になる場所から…。政府は状況認識を維持し紛争を減らすことができます。日々のデータがないと政府には状況認識ができず、国の安全と国民の安全を脅かす市民の安全を脅かすことになります。

ペーパーカンパニーはサプライチェーンを、森林破壊を追跡することができます。年間の温室効果ガス排出量の最大20%を占める年間の温室効果ガス。日々のデータがないと企業は重要なESG指標を報告するための情報を欠いています。重要なESG指標を報告できない主要な投資家のポートフォリオから除外されています。

地球は2つの数兆ドル規模の世界経済変動の中心にある世界経済のシフト

・デジタル変革

ビッグデータとAIは、農業から工業まで、あらゆる産業に大きなチャンスをもたらしています。ビッグデータとAIは、農業、運輸、林業、官公庁、惑星など、産業全体に大きなチャンスをもたらします。農業、運輸、林業、政府機関など、プラネットはデジタル効率化とコスト削減に必要なデータを提供します。

・サステナビリティー変革

プラネットは、国が規制を測定するのに役立ちます。銀行はグリーンボンドの評価を行います。企業のESG目標の測定、自然システムの価値を高めるのを経済的に評価することができます。

多様性に富んだ収益基盤

垂直方向の収益

プラネットのリーダーシップポジション

・データスケール
他の地球観測SPACとの比較

・ビジネススケール
他の地球観測SPACとの比較

実績あるイノベーター複数の複合的な堀を持つ

モート1
アジャイルスペースミッション

お客様からのフィードバック
データを活用したアプリ

モート2
プロプライエタリビッグデータ

クラウドAPI & インテグレーション
AIとMLに対応しています。
巨大なデータアーカイブでMLトレーニング

モート3
プラットフォームとアナリティクス

イテレーションの高速化
より多くの衛星
簡単にセンサーを追加できます

成長のための複数のレバー

・スケール
確立された垂直構造
例えば、農業、防衛・情報機関、市民政府と地図作成

・展開
新しい垂直市場
マーケット
林業、エネルギーなど
金融・保険

・プラットフォーム
エコシステム
APIを普及させ
充実したアプリのエコシステムを構築

・新しいセンサー
データ
市場のニーズに応える
新しい独自のデータで

+上記のすべてを加速するためのM&A

ワールドクラスのチーム

競合他社よりも数年先を行くプラネット

スケールアップした次世代の商業地理空間データ企業

<Planet の現在>

・現在までに打ち上げられた衛星は462機
・30ペタバイト以上の地球データ
・100%のデータがMLで解析されています1
・MLトレーニング用の膨大なアーカイブ

スピード、アジリティ、効率のための最適化

多くの大規模な垂直市場にまたがる

コストパフォーマンスに優れた衛星フリート効率的な運用が可能

最大級の商業コンステレーションを最大の商業コンステレーションEO衛星の運用

ハイパースペクトルによるグローバルエミッションの監視

私たちのミッション

毎日、全世界をイメージし、変化を起こすこと 見える化、アクセス可能化、実行可能化

パプアニューギニアのサンゴ礁を撮影した@planet衛星画像を見る地元の漁師。

ビジブル

・プラネットは他社の10倍の衛星を競合他社の10倍の衛星を運用
・アジャイルな航空宇宙とは進歩がより早くなる急速に進む
・私たちは数年先を見越して加速している

実行可能

素晴らしいエコシステムを驚くべきエコシステムをパートナーに。

オープンAPI
オープンスタンダード
パートナー様とお客様とどこにいても
ワークフローに統合

そして、世界に通用する自社製品を作る。
プラネットエクスプローラー

アクセス方法

プラネットは、独自のデータの上にプラットフォームを構築しています。パートナーとお客様のために、それぞれのステップで、データの使いやすくし、価値を生み出すまでの時間を短縮し価値を生むまでの時間を短縮し、アドレス可能な市場を対応可能な市場機会。

サブスクリプションビジネスの確立

・農業
– バリアブル・レート・シード/肥料使用量
– 作物の収穫量
– 指示されたスカウティング
– 収穫計画

・防御・諜報 & インテリジェンス
– セキュリティと安全性
– 船舶の監視
– 天然資源保護
– 緊急時対応

・国家
– 許可証とコード取締り
– 環境問題
– 災害対策

・マッピング/インターネット
– トポグラフィー
– 道路検出
– GIS

・林業
– 枯渇計測
– サプライチェーン持続可能性

・エネルギー
– モニタリング
– 流出と災害
– 管理

・金融
– ESG指標
– トレーディング戦略
– 投資調査

・保険
– 画像処理と信号
– アセットモニタリング
– リスクアセスメント

高度に多様化し、差別化された収益基盤

確立されたネットワークリーディングパートナー

世界66カ国に広がる200以上のパートナーネットワーク

ソリューションプロバイダー、OEMパートナー、およびGISプラットフォームで構成されています。

企業

衛星画像や地理空間データを利用したラストワンマイルのソリューションに精通した衛星画像や地理空間データを利用したラストワンマイルのソリューション構築に精通している。
パートナーエコシステムは、地域や分野に特化した専門知識でグローバルなプレゼンスをパートナーエコシステムは、地域やドメインに特化した専門知識でグローバルな存在感を高め、統合によってより多くのユーザーに統合により、より多くのユーザーに。

Planet の評価

プラネットは、すでに9桁の収益を上げている大規模な長期的複合企業です。Will Marshall と Robbie Schingler は、長期的なビジョンを持ち、それを完全に実現するために驚異的な才能を集め続けています。ケビン・ワイル は、これまでに2度、ビジネスを10億ドルの収益にまで成長させることに貢献してきました。 – Niccolo de Masi (CEO, dMY Technology)

低軌道から超低軌道へ

Planet ($PL) や、BlackSky ($BKSY) など観測衛星企業が抱える問題の一つに、衛星のコストを大幅に上げることなく、いかに画像の解像度を向上させるかということがあります。その解決策として、LEO軌道 (低軌道) から VLEO (超低軌道) に下げることが話題になっています。

単純に同じ解像度で高度が高くなればなるほど、衛星のコストが上がります。VLEO の問題点は、衛星の寿命がかなり短くなってしまうことです。しかし、ロケットの打ち上げ費用が安くなればなるほど、Planet や BlackSky のような企業が VLEO に興味を持ち、業界の魅力(低価格化)と質の高いサービス提供の両方が向上する可能性があります。

将来的に政府がケスラーシンドロームを回避するための対策を講じる可能性があり、VLEO のコンステレーションがその対策の一つになる可能性があることを考えることが重要です。

参照スレッド、資料

Planet Analyst Day Presentation >