Zoomy

【最新】じっちゃま注目の米株宇宙銘柄を紹介

投資

じっちゃま おすすめの宇宙銘柄

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが注目している米国株の宇宙銘柄をご紹介します。

まずこれまでの流れを総括すると、ピュアプレイの宇宙銘柄が SPAC として登場してきた当初と、SPAC からマージされてティッカーも変更された現在では、じっちゃまの押し銘柄にも少し変化がありますので、常に最新の情報を入れるようにしておきましょう。

じっちゃまイチ押しの SPAC 宇宙銘柄4選

SPAC デビューした当初に、じっちゃまがピュアプレイの宇宙銘柄としてピックアップしていたのが、小型ロケット打上げの Rocket Lab (ロケットラボ / RKLB)、同じく小型ロケット打上げの Astra (アストラスペース / ASTR)、軍事関連のような極秘プロジェクトも扱う観測衛星の BlackSky (ブラックスカイ / BKSY)、主に海事、航空、気象などの用途に特化した観測衛星の Spire Global (スパイアグローバル / SPIR) の4銘柄でした。

SPAC 時のティッカーシンボルは以下

・VACQ (Rocket Lab)
・SFTW (BlackSky)
・HOL (Astra)
・NSH (Spire Global)

じっちゃまの宇宙ビジネスに対する重要なツイート

現在じっちゃまの Twitter アカウントは鍵アカウントですので、重要となる宇宙銘柄に言及したツイートをご紹介します。こちらは2021年の7月2日のツイートです。

宇宙ビジネス? 夢物語ではありません。現実にどんどん売上高を上げ始めている。

使ってないの? グーグル・アース。

あれ、タダだと思ってんの?🤣

フロリダでコンドミニアムが倒壊した事件、「地盤が沈下しているよ」という指摘は衛星写真の解析によってなされていました。Earth observation (地球観察)は、もう立派なビジネスです。

大型IPOが控えています。それはスペースXの子会社、スターリンク。たぶん来年。そしてその後にはスペースXそのものもIPOすると思う。

いまから宇宙ビジネス勉強しておいたほうがいい。

打ち上げロケットのピュア・プレイで最も実績がある会社はロケットラボ(VACQ)。アストラ(ASTR)は昨日、SPACとの合併が株主から承認され、正式に新しいティッカーシンボルになりました。これ日本のネット証券でも扱えるようになるはず。

その後、アストラに関しては初の商業打上げに2回連続で失敗してしまい、じっちゃまのアストラに対する評価もダダ下がりしています。アストラに関しては、次の打上げに何がなんでも成功しないと、株価も下値の8ドルを割る可能性もあるかもしれません。

このように投資にはタイミングや、産業のトレンドが常に存在しています。スペースXの IPO に向けて、宇宙ビジネスはこれから更に盛り上がっていくことが予想されます。今のうちにに宇宙銘柄について勉強しておきましょう。

宇宙銘柄マージ後の動き

小型ロケット打上げのアストラ (ASTR)

2021年Q2期には、これら4銘柄はマージされ正式なティッカーシンボルで上場されています。一番早く HOL → ASTR にマージされ、日本の証券会社でも買えるようになったアストラスペースは、8月下旬に行われた初の商業打ち上げに2回も失敗して株価は8ドルくらいまで下落しました。

小型ロケット打上げのロケットラボ (RKLB)

SpaceX のライバルともされており、じっちゃまは一押しの Rocket Lab (ロケットラボ) は VACQ → RKLB に変更後、SPAC の運命的に一時9ドルぐらいに売られるも、その後 Reddit の WSB (wallstreetbets) で話題となるなど、Q2 の決算の結果を受けて一時20ドルまでスクイーズされました。

衛星観測のスパイアグローバル (SPIR)

スパイアはマージ後に8ドルくらいまで売られるも、徐々に持ち直し、宇宙関連株に注目を集まると同時にスクイーズのように個人投資家に買われたり売られたり結構ボラが高く取引されています。しかし、マージ後には、米国海洋庁(NOAA)の運用中の数値気象予測(NWP)モデル向けに商用電波掩蔽(RO)気象データを提供する次の受注を獲得したことを発表しました。また、カナダの衛星AISデータサービスのリーディングプロバイダー exactEarth を現金および株式で買収することも発表し、着々と衛星ビジネスを前進させています。

衛星観測のブラックスカイ (BKSY)

この4銘柄の中では最後にマージされたブラックスカイは、マージ後にパランティアと複数年にわたる戦略的パートナーシップを締結を発表しています。

2021年9月現在のじっちゃま押し宇宙銘柄

そして、じっちゃまが2021年9月20日に行った YouTube ライブで言及したおすすめの宇宙銘柄が、Rocket Lab (ロケットラボ) と、BlackSky (ブラックスカイ) です。

特に先日 BlackSky が発表した、パイロットプロジェクトの成功を受けて、Palantir (パランティア) からの投資を確保し、複数年にわたる戦略的パートナーシップを締結したニュースを重要なことだと評価しています。

以下は、2021年9月20日の YouTube ライブの質問と回答です。

宇宙関連で打上げ以外で一番面白い銘柄は?

A. ブラックスカイ (BKSY) じゃないかと思います。ブラックスカイはついこの前、パンランティア (PLTR) から出資してもらい、業務提携していますよね。あれは非常に重要な締結だと思います。

じっちゃまイチオシの最新宇宙銘柄

・RKLB (ロケットラボ)
・BKSY (ブラックスカイ)

ロケットの打上げ会社では、じっちゃまは一貫して最も打上げ実績のあるロケットラボを評価しています。アストラは2度の打上げ失敗を危惧して評価を下げています。観測衛星の企業では、ブラックスカイをおすすめしています。

ロケットの打上げ予定日を知るには?

ロケットの打上げ会社は、計画されていた打上げが成功すると株価に反映されることもあります。逆に、打上げに失敗すると2021年8月下旬に行われた、アストラ (ASTR) 初の商業打上げのように2回連続で失敗し、それを機に株価も下落し、その後も株価は低迷を続けています。

長期ホルダーにとっては、いちいち打上げ成功だー!失敗だ … と過剰に反応することはないと思いますが、例えばスイングや短期で幅を取りたい個人投資家の場合は、ホールドしているロケット会社の打ち上げ日などは把握しておいた方が良いと思います。

「ロケット打ち上げ情報予定計画と結果

ロケット打ち上げの日程を知るには、宇宙技術開発株式会社が提供する「ロケット打ち上げ情報予定計画と結果」というサイトが便利です。こちらでは以下のような情報を知ることができます。

・打上げられるロケット
・打上げ日時
・衛星、ミッション情報
・打ち上げ場所

このページを事前にチェックしておけば、自分がホールドしている、例えばロケットラボの次の打上げは、「10月中にニュージーランド・マヒア半島から BlackSky の2機の衛星を打上げ予定だ」ということが把握できます。

2019年〜現在に至るまで SPAC 上場した宇宙関連の12銘柄をご紹介 >