Zoomy

SPACデビューした地球観測衛星企業を比較

投資

image by spacecasemartin

今回は金融のバックグラウンドを持つ宇宙愛好家で、宇宙SPACスペシャリスト @spacecasemartin さんの「地球観測衛星のSPAC」に焦点を当てた Twitter スレッドを翻訳してご紹介します。

@spacecasemartin さんは、2022年4月は、

地球観測SPACのおかげで、4月はほとんど頭がパンパンだった。1,000ページを超えるプレゼンテーション、SECファイリング、トランスクリプトの読み込みと読み直しに費やした。また、想像以上に多くの時間を彼らの製品ウェブサイトに費やした。

とのことで、かなり詳細にSPAC上場した地球観測企業をレポートしています。それではスレッドをご紹介していきます。

これは、EO SPAC の TAM 予測を分析する無邪気な試みから始まりました。本当に大きな数字で、EO SPAC のターゲット顧客間の違いを示すことができると思いました。詳細は省きますが、これは見当違いの冒険であることがわかりました。EO SPAC の TAM 予測はフェイクニュースです。

私の中の金融アナリストが望んでいたように、ドルに焦点を当てるのではなく、各企業がターゲット市場として強調する垂直方向の分析に軸足を移した。また、「データ/分析/洞察」の議論をよりよく理解するために、各企業の製品ウェブサイトを調査しました。

第一印象は、どの会社も短期的には防衛と情報通信の顧客をターゲットにしていること、そして商業顧客はLTをターゲットにしていること。これは理にかなっている。例えば、アメリカ合衆国連邦政府 (USG) は既に年間数億ドルのEOデータを購入しているが、商業的な収益化までの道のりはあまり確実ではない。

特に BlackSky ($BKSY)、Terran Orbital ($LLAP) は、他の SPACs よりもダイバーシティ&インクルージョン (D&I) の機会を強調している。Planet ($PL) は、他の SPAC と比較して、既に注目すべきD&Iサプライヤーであるが、Satellogic ($SATL) は、画質によりアメリカ国家地理空間情報局 (NGA) の注目を集めた + $SPIRは、GPS妨害の検出能力により注目を集めつつある。

注目すべきは、BlackSky ($BKSY) + Terran Orbital ($LLAP) の経営陣が共に軍と政府での経験が豊富で、これは明らかに当初からの計画である (そして現在 BlackSky ($BKSY) はアメリカ国家偵察局 (NRO) の EOCL 契約に集中しており、Terran Orbital ($LLAP) は既にアメリカ国家偵察局 (NRO) + 空軍研究所 (AFRL) から研究開発費を得ている)

Planet ($PL)、Satellogic ($SATL)、Terran Orbital ($LLAP) はいずれも商業LTからの成長に重点を置いている。

Planet ($PL) は、民間の政府機関、D&I、マッピングの顧客からすでに強固な収益基盤を確立しており、水と作物に特に重点を置いた土地に関する衛星観測データ、製品、サービスをグローバルに提供するリーディングカンパニー VanderSat の買収は農業分野でのすでに顕著な地位を強化している。

Spire Global ($SPIR) を掘り下げてみると、興味深いことがわかりました。同社は、気象、航空、海事などの分野を資料で強調している。しかし、よくよく考えてみると、これらは垂直方向ではなく、Spire Global ($SPIR) のソリューションのカテゴリーである… 多くの異なる垂直方向の顧客にこれらのソリューションを提供している。

だから天候は垂直方向ではないが、比較のために表に入れた。他の EO SPAC のどれも天候関連の製品を提供できないからだ。光学/マルチスペクトル、ハイパースペクトル、SARセンサーはそれができないが、Spire Global ($SPIR) の GNSS-RO はそれができる。

(GNSS-RO は、地球低軌道衛星が受信したGNSS(GPSなど)の測定値を用いて、地球表面のプロファイリングを行う衛星リモートセンシング技術である。)

Satellogic ($SATL) は、ハイパースペクトルセンサーと光学/マルチスペクトルセンサーを持つ唯一の企業であるため、BlackSky ($BKSY)、Planet ($PL) に対して多少差別化されている。理論的には、これにより、同じバーティカルをターゲットとすることができ、ハイパースペクトルのみが 「見る」ことのできるディテールを捉えることができるため、若干異なるTAMを切り開くことができる。

テーブルの下半分を見ると、異なるキーバーティカルへのフォーカスが製品戦略にどのように影響するかが分かります。EOでよく言われるのは、「顧客はピクセルが欲しいのではなく、インサイトが欲しいのだ」しかし、顧客のインサイトを得る方法については意見が分かれている。

BlackSky ($BKSY)、Terran Orbital ($LLAP) は、政府機関へのサービスに注力している。政府機関は、独自の分析を行うために「生の」データ/画像を購入することを好む、経験豊富な買い手である。これは、BlackSky ($BKSY)、Terran Orbital ($LLAP) がデータLTの販売に主眼を置くと主張していることと整合する。彼らの主要顧客はデータ分析を買いたがらない。

一方、Planet ($PL)、Spire Global ($SPIR) は垂直統合を強化し、分析/洞察製品をLTで販売し、EOバリューチェーンをより取り込みたいと考えている。これは、彼らのターゲット顧客が問題解決に役立つアプリを求めていることから、理にかなっている…それには、データ分析+プラットフォームが必要。

Satellogic ($SATL) が再び目立つ。LTの商業的な機会を重視しているが、同社は自社で分析/洞察製品を開発するよりもデータの配布を最大化することを望んでいる。そうすることで、第三者がより簡単に Satellogic ($SATL) のデータを分析/アプリケーション開発に利用できるようになる。

結論

BlackSky (ブラックスカイ / $BKSY) – 防衛・情報分野に特化し、データを販売している。

Planet (プラネット / $PL) – ほぼすべての業種にフォーカスしているが、明らかに農業が好きで、現在はデータを販売しているが、独自の分析/洞察製品を構築中。

Satellogic (サテロジック / $SATL) – 差別化されたセンサー(今のところ)を提供できる。

…ターゲットとする垂直方向に異なる製品。データの販売と流通の最大化に焦点を当て、独自の分析/洞察力を開発する。

Terran Orbital (テラン・オービタル / $LLAP) – まだ衛星を打ち上げていないが、D&Iをターゲットとし、データを販売したい。

Spire Global (スパイア・グローバル / $SPIR) – 他のEO SPACとは異なるタイプのデータを販売。

…つまり観測衛星の企業はデータと分析/インサイト製品の両方を売りたい。

このスレッドが面白かったら、まだの方は ト @spacecasemartin をリツイートやフォローをお願いします。