Zoomy

Terran Orbital、SpaceX の Transporter-5 ミッションに先立ち、GeoOptics 衛星2基をケープカナベラルに出荷し、インテグレーションを実施

投資

Photo by Terran Orbital

Terran Orbital (テランオービタル)、SpaceX の Transporter-5 ミッションに先立ち、2機の GeoOptics 衛星をケープカナベラルに出荷し、統合を開始。

米国の航空宇宙・防衛産業を中心に衛星ソリューションのグローバルリーダーである Terran Orbital (テランオービタル / NYSE:LLAP) は2022年5月2日、遠隔地球観測のグローバルリーダーであるジオプティクス社の次世代衛星2基を出荷したと発表した。テラン社は、SpaceX の Transporter-5 ミッションで打ち上げるため、ケープカナベラルに輸送しました。

この宇宙船は GeoOptics の CICERO-2 コンステレーションの第1段階であり、政府、産業界、および個々の関係者が気候変動の多くの影響を監視し、それに備えることができる統合地球観測衛星を形成しています。

GeoOptics の第一世代衛星は、Terran Orbital の Tyvak Nano-Satellite Systems によって設計・開発されたものです。これらの新しい衛星は、Terran Orbital の国際部門である Tyvak International によって完全に開発されています。衛星は 6U XXL で、完全にイタリアで設計・開発された Phoenix Avionics をベースにしています。GeoOptics のペイロードは、全地球衛星測位システム(GNSS)の電波オカレーション(RO)システムで、NASA/JPLが開発した「TriG」ペイロードを小型化したもので、Cion と命名されています。

Terran Orbital の共同設立者、会長兼最高経営責任者のマーク・ベルは以下のように述べています。

Terran Orbital は、GeoOptics が地球の大気、地表、地下を観測するための衛星を提供できることを嬉しく思っています。地球の状態や人間活動が気候に与える影響について、実用的な情報を得ることがますます急務となっています。Terran Orbital は GeoOptics と協力して、このデータを提供し続けることを楽しみにしています。

GeoOptics 最高経営責任者のアレックスソルトマン氏は以下のように述べています。

CICERO-2 衛星は、政府、企業、個人が気候変動の影響に備えることができるように、著しく速いケイデンスで新しい正確で持続可能な地球モニタリングを提供します。と Terran Orbital とのパートナーシップの拡大は、世界中の顧客にこれらの高度な機能を提供する上で非常に重要です。