Zoomy

Terran Orbital、NASAパスファインダー技術実証機3のバスコミッショニングを打ち上げ後1週間以内に完了

投資

Terran Orbital、NASAパスファインダー技術実証機3のバスコミッショニングを打ち上げ後1週間以内に完了。MITリンカーン研究所の「TeraByte赤外線伝送装置」を搭載。

NASAパスファインダー技術実証機3号は、地球からのテレメトリ送信とコマンド受信を無線周波数帯で行う (Photo by Terran Orbital Corp.)

米国の航空宇宙・防衛産業を中心に衛星ソリューションの世界的リーダーである Terran Orbital (テランオービタル / NYSE:LLAP) は2022年6月30日、パスファインダー技術実証機3(PTD-3)衛星がすべての健全性と状態チェックの名目でバスコミッショニングを完了したことを発表しました。

Terran Orbitalは、NASAのPTDシリーズミッションを支援するため、PTD-3 衛星を設計・建設しました。このミッションは、性能を大幅に向上させながら、地球低軌道における様々な新規小型衛星技術の運用を検証するものです。計画されている複数のPTDミッションを通じて、新しいサブシステム技術の実証が成功すれば、将来の探査ミッションと科学を可能にする小型宇宙船の能力が向上します。

PTD-3 は、MITリンカーン研究所(MITLL)が開発し、NASAゴダード宇宙飛行 センターが管理する TeraByte InfraRed Delivery (TBIRD) ペイロードを搭載してい ます。TBIRD 技術ペイロードの資金は、NASAの宇宙通信・ナビゲーション(SCaN)プログラム(宇宙作戦ミッション本部)から提供されています。

NASAの宇宙技術ミッション本部(STMD)の小型宇宙船技術(SST)プログラムは、宇宙船、ペイロードの統合、ミッション運用、打ち上げのための資金を提供します。PTD-3 宇宙船は、これまでに実証された技術よりも桁違いに速い宇宙から地上へのデータ転送能力を実証し、1日あたり数テラバイトのデータを単一の地上局に転送しながら、高度な宇宙探査のための大容量データ通信とデータアクセスへの扉を開くものです。

PTDシリーズのミッションは、Terran Orbital が開発した商用宇宙機バスとアビオニクスを使用しています。この宇宙船プラットフォームは、実績のある衛星バスの生産効率と飛行実績を活用しながら、さまざまなミッションのペイロードを容易に搭載することができます。テランオービタル社は、PTDミッションのペイロードインテグレーターとして、カリフォルニア州アーバインにあるテランオービタル社のミッションオペレーションセンターから軌道上でのミッション運用も行っています。

Terran Orbital の共同創設者、会長、最高経営責任者のマーク・ベル氏は次のように述べています。

Terran Orbital は、PTD-3バスが軌道に到達してわずか数日で試運転を完了したことを非常に誇りに思っています。PTD-3に搭載された技術は、地球上の活動を測定・観測する方法と、そのデータを伝達する方法に大きなメリットをもたらします。Terran Orbital は、PTD-3の軌道上運用を継続し、今後打ち上げられるPTD衛星の設計、構築、統合、運用を行うことを楽しみにしています。