Zoomy

Terran Orbital、CAPSTONE のTCM初回燃焼を成功させる

投資

月周回軌道である二黒土星を目指す「CAPSTONE」 (Photo bu Terran Orbital Corporation)

Terran Orbital、CAPSTONE のTCM初回燃焼を成功させる。NASA「アルテミス」計画の衛星が描く、月への新たな道筋。

主に米国と同盟国の航空宇宙・防衛産業にサービスを提供する衛星ソリューションの世界的リーダーである Terran Orbital (テラン・オービタル / NYSE: LLAP) は2022年7月8日、CAPSTONE の最初のTCM燃焼(TCM-1)を無事に完了したことを発表します。TCM-1 は、NASAの Artemis プログラムを支援するために、CAPSTONE が月の旅を継続できるように、ロケット噴射から予想される飛散物を除去するために設計された、ミッションの最初の統計マヌーバである。

Terran Orbital の GNCC (Guidance Navigation Control) システムは、Advanced Space が設計したマヌーバを完璧に実行しました。このマヌーバは、ディープスペースネットワークで収集された航法情報をもとに、Advanced Space のフライトダイナミクスチームが処理し、設計されました。

Terran Orbital のミッションオペレーションセンターが燃焼を指揮し、燃焼後のテレメトリーを処理しました。TCM-1 は、CAPSTONE 宇宙船が搭載する推進システムを用いて実施する最初のマヌーバで、精密なマヌーバに最適化されたものです。このマヌーバは約20m/sの速度で行われるように設計されています。ラジオメトリックに基づく初期再構成では、TCM-1 は約19.85m/sを達成し、これは約0.75%の偏差であり、予想と予測の範囲内であることが示された。

マヌーバ実行時、衛星は地球から約465,000kmの距離にあった。マヌーバ実施前、探査機は地球から約120万kmの軌道を進んでいた。TCM-1の完了により、探査機は地球から約140万kmの軌道を目指すことになります。

Terran Orbital の共同設立者であり会長兼CEOである Marc Bell 氏は、次のように述べている。

Terran Orbital は、CAPSTONE の最初のTCM燃焼を成功させることができ、大変嬉しく思っています。当社のミッション運用チームは、CAPSTONE の継続的な健全性と、月への新たな道を切り開くための成功を保証する、絶え間ない革新者で構成されています。Terran Orbital は、Advanced Space と共にこの歴史的なNASAの月探査を実現するため、探査機の2回目のマヌーバを完了させることを楽しみにしています。

CAPSTONE は、燃料の代わりに太陽の重力を利用して月への転送を行います。このプロセスは、高効率のバリスティック月面移動(BLT)として知られています。探査機の運用は、NASAの深宇宙ネットワーク(DSN)と連携し、Terran Orbital と Advanced Space ミッション運用チームが主導しています。CAPSTONE は、11月13日に月の周りを回る Near Rectilinear Halo Orbit (NRHO) に到達する予定です。