Zoomy

FCC、AST SpaceMobile に BlueWalker 3 衛星携帯電話接続の実験的ライセンスを付与

投資

AST SpaceMobile

連邦通信委員会 (FCC)、AST SpaceMobile に BlueWalker 3 衛星携帯電話接続の実験的ライセンスを付与。連邦通信委員会の認可により、テキサス州およびハワイ州での試験を支援。

AST SpaceMobile (ASTスペースモバイル / NASDAQ:ASTS) は2022年5月2日、BlueWalker 3 衛星の米国での試験を支援する実験ライセンスを連邦通信委員会(FCC)から取得したことを発表しました。

このライセンスは、3GPPのローバンドセルラー周波数とQ/Vバンド周波数を使用した米国でのBlueWalker 3の宇宙から地上への実験を対象としており、一定の制限を受けることがあります。

この認可は、同社が2022年夏に予定している、3GPP標準周波数で携帯電話と直接通信するための開口部693平方フィートの試験衛星、BlueWalker 3 の打ち上げ準備のために行われるものです。

AST SpaceMobile の創業者であり会長兼CEOの Abel Avellan は、

FCCが当社の次期衛星打ち上げのための実験ライセンスを提供してくれたことに感謝しています。このライセンスにより、世界中の他の試験と同様に、ここ米国で最も重要な試験を行うことができるようになります。

AST SpaceMobile は、計画中の BlueBird 衛星群に関連する追加認可をFCCに求め続けています。AST SpaceMobile のミッションは、現在50億人の携帯電話加入者が直面している接続格差の解消と、接続されていない世界の人口の約半分に携帯電話のブロードバンドを提供することです。この取り組みのパートナーは、楽天モバイル、ボーダフォン、アメリカン・タワーなど、世界の主要な無線インフラ企業です。

このFCC実験ライセンスは、AST SpaceMobile の夏の BlueWalker 3 打ち上げ前に残された主要な規制ハードルの1つでした。このニュースを受けて、AST SpaceMobile ($ASTS) の株価は時間外で+12%上昇しました。