Zoomy

ASTスペースモバイル、スペースXとのマルチローンチ契約を発表

投資

Photo by Business Wire

AST SpaceMobile (ASTスペースモバイル)、SpaceX と携帯電話への直接接続を目的としたマルチローンチを計画中と発表。AST SpaceMobile (以下「ASTスペースモバイル」)(NASDAQ:ASTS)は2022年3月9日、標準的な携帯電話から直接アクセスできる最初で唯一の宇宙ベースのセルラー・ブロードバンド・ネットワークを構築している Space Exploration Technologies Corp (SpaceX) とマルチローンチ契約を締結したことを発表しました。SpaceX と複数回の打ち上げ契約を締結したことを発表しました。

この契約は、夏に予定されている BlueWalker 3 試験衛星(BW3)の打ち上げに加え、BlueBird 衛星の初号機の打ち上げをカバーし、将来の打ち上げのための枠組みを提供するものです。

AST SpaceMobile の創業者であり会長兼CEOの Abel Avellan は、

この契約により、我々の最初の量産型衛星を米国から確実に打ち上げることができるようになりました。この夏の BlueWalker 3 の打ち上げで、当社の開発段階は完了します。また、当社は技術の工業化を進め、BlueBird 衛星の打ち上げに向けた準備を進めてきましたが、今回の合意はその重要なステップとなります。

と述べています。

BW3衛星は、Falcon 9 ロケットでケープカナベラルから打ち上げられる予定です。この衛星の開口部は693平方フィートで、3GPP標準周波数で携帯電話と直接通信するよう設計されています。

BlueBird 衛星は、Falcon 9 ロケットだけでなく、他の既存および計画中の産業用ロケットとも互換性があるように設計されています。これらの衛星は、携帯電話にハードウェアやソフトウェアを追加することなく、ブロードバンド商業サービスを直接提供するように設計されています。AST SpaceMobile は、テキサス州にある合計185,000平方メートルの製造施設で、フル稼働時には月に最大6基のBlueBird衛星を組み立てることができると見込んでいます。

AST SpaceMobile のミッションは、現在50億人の携帯電話加入者が直面している接続格差の解消と、接続されていない世界の人口の約半分に携帯電話のブロードバンドを提供することです。この取り組みのパートナーは、楽天モバイル、ボーダフォン、アメリカン・タワーなど、世界の主要な無線インフラ企業です。