Zoomy

Spire Global、2021年度第4四半期および通期の業績速報を発表

投資

Spire Global、2021年度第4四半期および通期の業績速報を発表

観測衛星の Spire Global (スパイア・グローバル)、2021年度第4四半期および通期の業績速報を発表、2022年度第1四半期および通期のガイダンスを提示。2021年12月31日終了ARR7,080万ドルに基づく2022年の強い見通し。

バージニア州ビエンナ、Spire Global, Inc (NYSE:SPIR) は2022年3月9日、2021年12月31日に終了した四半期および会計年度の業績(速報値)を発表しました。




(Graphic: Business Wire)

2021年の収益、ARR、顧客数の力強い成長は、スパイアの大きなチャンスを検証するものです」と Spire のCEOである Peter Platzer は述べています。

私たちは、約600の顧客にサービスを提供する、完全に稼働し、多様化し、収益を生み出すビジネスにより、パブリックスペース企業の中でもうらやましい位置にいます。私たちは、人類が地球上の問題を解決するために、技術とイノベーションを活用し続けています。

第4四半期は、Spire にとってエキサイティングな1年を締めくくるのにふさわしいものでした。上場企業になり、その後すぐに extactEarth を買収しました。また、4つの成長の柱に対する実行に集中し、2022年の目標を達成し、黒字化への道を歩み続けるための態勢は整っています。

2021年度第4四半期および通期ハイライト

・財務

SPIR は第4四半期/2021年度決算(速報値) ハイライトは以下の通り

– 第4四半期の売上高は : $15.0M, +106% YoY
– FY21の売上高は : $43.4M, +52% YoY
– ARR(21年12月31日時点)は : $70.8M, +96% YoY
– 契約中のオーガニックARR顧客数598社 : 前年同期比 +288% YoY

2021年第4四半期の売上高は1500万ドルで、前年同期比106%増となりました。2021年第4四半期に計上した exactEarth からの収益150万ドルを除くと、第4四半期の収益は1350万ドルとなり、前年同期比86%増となります。exactEarth社の収益は、買収会計で要求される処理から減額されたため、2022年1月31日に発表した速報値から30万ドル減少しています。

2021年通期の売上は、前年同期比52%増の4,340万ドルでした。2021年12月31日に終了する第4四半期および会計年度に計上したextactEarthからの収益150万ドルを除くと、2021年通年の収益は4190万ドルとなり、前年度比47%増となりました。

2021年12月31日時点の年間経常収益(ARR)は7080万ドルで、2020年12月31日時点と比較して約96%増加しています。exactEarth の買収により貢献した1850万ドルのARRを除くと、2021年12月末のARRは5230万ドルで、2020年12月末比で44%増加しました。

2021年12月31日時点のARRは5230万ドルで、2021年11月10日に発表したガイダンスを上回り、2021年9月末時点と比較して700万ドルの増加、前四半期比16%増となりました。Spire のARRソリューションの契約顧客数は255社で、2021年11月10日に発表したガイダンスを上回り、exactEarthから343社を追加し、第4四半期末のARRソリューション顧客数は598社となり、前年同期比288%増となりました。

・事業

2021年第4四半期に、exactEarth の買収を完了し、Spire の海事組織への統合に注力しています。事業統合は急ピッチで進んでおり、今後数週間以内に完了する予定です。統合チームは、2022年に統合された事業の成長機会に期待を寄せています。

Spireはアジア太平洋市場での拡大を続け、Southern Launch と協力して、オーストラリア全土のロケット発射場の超ローカルな天気予報を提供し、同社の安全かつ効率的な事業遂行を支援しました。

ヨーロッパ最大の港湾であるロッテルダム港を落札しました。Spire はロッテルダム港と協力して、港の効率化と貿易フローの改善を支援し、それによってロッテルダム港がカーボンニュートラルな海運という公的目標に向かって前進するのを支援する予定です。

・テクノロジー

ジオロケーションは、Spire が現在軌道上で展開している新しい機能で、40機以上のジオロケーション対応衛星を有しています。ジオロケーションは、地政学的にホットな場所での違法なRF通信を特定するのに役立ちます。例としては、海上での暗黒船や陸上でのGPSジャミングなどがあります。

Spire は、複数の周波数帯でジオロケーションを行う能力を開発し、実証しています。同社は最近、ターゲットとなるRF放射を検出し、ジオロケーションする宇宙サービスソリューションについて、大手防衛請負業者から複数年、8桁の契約を獲得しました。

・財務見通し

Spire は、2022年3月期第1四半期および2022年12月期のガイダンスを以下のように発表しています。

上記の表に含まれている米国会計原則に則っていない営業損失、調整後EBITDA及び非GAAPベースの1株当り損失は非GAAPベースの指標です。これらの指標の定義については、「非GAAPベースの財務指標」の項をご参照ください。Spire は、2020年第4四半期および2021年会計年度の速報値、ならびに2022年第1四半期および会計年度の当該指標の見通しについて、本プレスリリースに含まれる財務諸表の表でGAAPと非GAAP財務指標の調整表を提供しています。