Zoomy

Spire Global、米国宇宙軍のSBIRプログラムで米国製バッテリーを軌道上に展開・運用開始

投資

Spire Global

Spire (スパイア) の超小型衛星は、EnerSys® ZeroVolt™ 18650バッテリーセルを軌道上でテストするための低コストのプラットフォームを提供している。Spire Global, Inc. (NYSE: SPIR) は、米国宇宙軍宇宙システム司令部(SSC)のペイロードを 3U LEMUR キューブサットに搭載して宇宙に送り出すことに成功しました。

この衛星は、2021年7月から公称で運用されており、ペイロードの性能データを収集するために軌道上で実験を行っています。SSC は、科学技術本部 (SSC/ZAD) を通じて、SBIR (Small Business Innovation Research) プログラムに基づき、Spire にこのミッションを発注しました。

Spire は、産業用蓄電ソリューションの世界的リーダーである EnerSys® が提供する ZeroVolt™ 18650バッテリーセルを統合するために、衛星の電源システムを変更しました。2021年6月30日、ファルコン9ロケットが超小型衛星をスパイアの軌道上のコンステレーションに展開し、パワーシステムの放電試験を行って電池セルの運用性能データを収集し、エナシス社が製造したこの新しいリチウムイオン技術の飛行実績を築いています。

Spire Global の最高執行責任者である Theresa Condor (テレサ・コンドル) 氏は、

Space-as-a-Service (サービスとしての宇宙) の開発は、宇宙・科学・技術の分野において、低コストで長期間の研究開発を行う機会を提供し、宇宙の可能性をこれまで以上に多くの人々に広げるものです。従来のペイロードは、軌道に乗るまでに何年もかかることがありました。従来のペイロードは軌道に乗るまでに何年もかかりますが、スパイアでは数ヶ月でお客様のペイロードを送り出すことができ、軌道上での研究に興味のある方に、迅速で信頼性の高い、効率的な選択肢を提供します。

と述べています。

このミッションは、Spire の space-as-a-service モデルによる科学技術実験の迅速な統合と運用を実証するものです。Spire は12ヶ月という短期間で、高エネルギー・長寿命の EnerSys ZeroVolt™ リチウムイオン電池セルを超小型衛星に搭載し、軌道上に展開しました。

EnerSys の事業開発マネージャーである Joseph Troutman (ジョセフ・トラウトマン) 氏は、

今回のミッションでスパイアと協力したことで、ゼロボルト電池セルを迅速かつ責任を持って軌道に乗せ、試験や運用性能データの収集を行う機会を得ることができました。当社は、バッテリーの能力をさらに高め、衛星や軍事用途に世界最高レベルのバッテリーパワーを提供し、ミッションの成功をサポートしていきます。

と述べています。

SBIR プログラムは、技術革新の促進や連邦政府の研究開発ニーズへの対応などを目的として、国内企業に資金を提供する競争力の高い取り組みです。SSC は今回の SBIR をフェーズIIプログラムとして Spire に授与しました。フェーズIIプログラムの資金調達は、フェーズIで達成された結果と、フェーズIIで提案されたプロジェクトの科学的・技術的メリットと商業的可能性に基づいて行われます。

EnerSys (エナシス) について

EnerSys は、産業用蓄電ソリューションの世界的リーダーであり、エネルギーシステムソリューション、動力用バッテリー、特殊バッテリー、バッテリーチャージャー、電力機器、バッテリーアクセサリー、屋外機器用エンクロージャーソリューションを製造し、世界中のお客様に提供しています。

筐体、電力変換、配電、エネルギー貯蔵を組み合わせたエネルギーシステムは、電気通信、ブロードバンド、公益事業、無停電電源装置など、蓄電ソリューションを必要とする多くの用途に使用されています。動力用電池と充電器は、電動フォークリフトやその他の産業用電動車両に使用されています。

特殊電池は、航空宇宙・防衛用途、大型オフロードトラック、高級自動車、医療・セキュリティシステム用途に使用されています。また、エナシス社は、世界各地の販売・製造拠点を通じて、100カ国以上のお客様にアフターマーケットやカスタマーサポートサービスを提供しています。NorthStar の買収により、EnerSys は3つのビジネスラインすべてで販売されているプレミアム薄板純鉛電池のマーケットリーダーとしての地位を確固たるものにしました。