Zoomy

BlackSky、Geoimage とのグローバル・リセラー・ネットワークをオーストラリアに拡大

投資

BlackSky、Geoimage とのグローバル・リセラー・ネットワークをオーストラリアに拡大

Photo by BlackSky

BlackSky (ブラックスカイ) の高解像度小型衛星コンステレーションは、世界で最も高い再訪率を誇り、ピーク時には特定の場所を1日あたり15時間かけて訪問します。BlackSky の Spectra AIプラットフォームは、同社の12個の衛星コンステレーションにタスクを与え、経済活動や生活パターンなどのインサイトを収集・分析している。

2021年12月21日、BlackSky (NYSE:BKSY) は、地理空間ソリューションプロバイダーの Geoimage (ジオイメージ) をリセラーネットワークに加えました。Geoimage は、BlackSky の地理空間情報と画像を活用して、政府部門や石油・ガス、鉱業、探査、農業、海運の各業界の顧客にリアルタイムの洞察を提供します。

BlackSky の製品・サービス担当副社長である Nick Tabbal (ニック・タバル ) 氏は以下のように述べています。

Geoimage との契約は、さまざまな業界における実用的な地理空間情報の価値と影響をさらに明確にするものです。例えば、Geoimage のお客様は、港湾作業の減速などのリアルタイムの異常を自動的にアラートとして受け取り、収集したデータから経済指標を抽出し、情報に基づいた意思決定を迅速に行うことができます。

Geoimage は、衛星画像と地理空間ソリューションの主要な独立した専門家として30年以上の地域的な経験を持っており、BlackSky の Spectra AI モニタリングサービスへのアクセスを顧客に提供します。Spectra AI は、機械学習、人工知能、コンピュータビジョン、自然言語処理などの最先端の計算技術を用いています。

Geoimage のマネージング・ディレクターである Tony Evans (トニー・エバンス) 氏は、以下のようにコメントしています。

Geoimage の顧客は、より高い効率性を達成し、成果を向上させるために、実用的な洞察力を持つリアルタイムの地理空間情報に依存しています。BlackSky の日常的な高速再訪画像と自動化された特徴抽出機能により、顧客の目標や目的に役立つ最初に知ることのできるインテリジェンスに対する需要の増加に対応することができます。