Zoomy

米国国家偵察局 (NRO)、BlackSky、Maxar、Planet の3社にEOCL契約を締結を発表!

投資

米国国家偵察局 (NRO) は2022年5月25日、過去最大の商業画像契約の取り組みの結果を発表し、EOCL 契約を締結した。BlackSky (ブラックスカイ / BKSY)、Maxar (マキサー / MAXR)、Planet (プラネット / PL) の3社に EOCL (Electro-Optical Commercial Layer) 契約を締結したことを発表しました。今後10年間で数十億ドル規模の契約となるこれらの契約は、NRO による商業画像の取得を歴史的に拡大し、これまで以上に大きな容量で顧客の需要に対応することを意味します。

NRO は、「できるものは買い、必要なものは作る」という長年の戦略を持っています。NRO の長官であるクリス・スコレーズ博士は、次のように述べています。

商用システムとNROシステムの両方からなる拡張アーキテクチャがもたらす多様性は、我々の回復力を高め、我が国が直面する脅威に対する統合的アプローチを可能にします。

商業用リモートセンシングデータは、その非機密性と共有可能な性質から、透明性の向上、ミッションクリティカルな状況認識、人道支援などの重要な利点を提供します。

EOCL は、そのユニークな設計により、地球温暖化防止、環境保全、災害防止に貢献します。EOCL は、ユーザーフレンドリーなライセンス契約と柔軟な契約形態を特徴とする独自の設計により、多様な顧客層に対する共有可能性を最大化します。

NRO のコマーシャルシステムプログラムオフィスのディレクターである Pete Muend は次のように述べています。

商用画像は、情報共有や意思決定のための貴重なツールです。EOCL により、これまで以上に多くのお客様のご要望に迅速にお応えすることができます。EOCL は、これまで以上に多くのお客様の要求に迅速に応え、最も困難で機密性の高いミッションに国家システムを充てることを可能にします。

EOCL の授与は、防衛および情報コミュニティ全体の関係者との緊密な協力の成果です。EOCL では、以下の項目が大幅に強化されています。

EOCL では、基礎データ、情報ポイント、非タスクデータ収集の要件が大幅に増加しました。短波赤外線、夜間、非地球画像、劇場ベースの遠隔地上端末への直接ダウンリンクなど、過去1年間に複数の演習で実証された軍にとって不可欠な能力です。

EOCL は、今後10年間にわたり、NROの50万人の情報機関、防衛、連邦政府市民機関のユーザーのミッション・ニーズをサポートすることになります。また、米国の商業用リモートセンシング産業への長期的かつ継続的な支援にもつながります。EOCL は2022年5月22日に発効し、5年間の基本契約と2032年まで追加成長可能な複数の1年オプションがあります。

NRO は、米国の宇宙での優位性を確保・拡大するため、国家の情報・監視・偵察衛星の開発、取得、打上げ、運用を主導している。NRO は、宇宙におけるアメリカの優位性を確保・拡大するため、国家情報監視・偵察衛星の開発・打上げ・運用を主導しています。

NRO は、変化する宇宙環境の課題に対応するため、宇宙船と地上システムからなる多様で弾力性のあるアーキテクチャを、以下の方法で構築しています。NRO は、多様で高度な技術を持つ従業員に支えられ、技術革新を加速し、戦略的パートナーシップを活用することで、変化する宇宙環境の課題に対応する多様で耐性のある宇宙機と地上システムを構築しています。

NRO では、グローバルな競争が激化する中で、我が国の戦闘員や政策立案者が意思決定の優位性を確保できるよう、「見て、聞いて、感じ取る」ことを心がけています。

ソース : プレスリリース

NRO の EOCL 契約締結の詳細を整理する

この契約を受けて、Space Case さんが substack で「NRO の EOCL 契約締結の詳細」を整理してくれているので部分的に引用させて頂く。まず、NRO の EOCL 契約を受けて Maxar と BlackSky の株価がなぜこれほど大きく動いたのかについて、Space Case さんが考察を語っています。

まず、NRO の EOCL 契約の発表は当初7月とされていましたが、コンサルタントの Tim Farrar さんの考えでは、

早く発表したのは、もっと待っていたら BlackSky がバラバラになるのを心配したからだと推測しています。NROの契約は昔から、投資家の妄想を満たすためではなく、自分たちが生き残るために必要な人を決めるためのものです。

もう少しで1ドル割れの meme 株街道一直線で墜落しかけている BlackSky に見兼ねて早めにアナウンスした説もあり。EOCL契約は、各社とも10年契約で、最初の5年間は保証付き、その後6年目から10年目までは1年間のオプションが5つ付いている。

EOCL契約を受けて、BlackSky の株価が一晩で2倍以上になったのかを、Space Case さんは以下のように分析している。

Blacksky の契約内容 (プレスリリース、有価証券報告書) EOCL 契約総額: 最初の 5 年間の契約は 8550 万ドル、10 年間の契約総額は 10 億ドルになる可能性がある。

NROは、1年目と2年目に、最初の85.5百万ドルのうち71.7百万ドルを発注する予定である。2年目以降は、NROの需要が増えれば、さらに追加で資金を提供し、最大で10億ドルを提供する予定である。

2023年までのマクロ見通しがネガティブである中、EOCLは Blacksky のようなキャッシュフローネガティブ企業にとって生命線であり、当面の安定した収益基盤を提供するものである。

つまり BlackSky のように、SPAC上場後に良い決算が出せなかった観測衛星企業にとって、今回のEOCL契約は約束された収益を見込むことができるため、BlackSky の見通しに対する信頼が高まったことで株価が連日上昇したことが結論付けられる。

すべてのEOCL受賞者の信用度と資本的魅力を高める

調査・コンサルティング会社 Quilty Analytics の新しいレポートによると、NROの10年契約は、”すべてのEOCL受賞者の信用度と資本的魅力を高める” と述べており、米国国家偵察局が BlackSky、Maxar Technologies、Planet に発注した商業衛星画像に関する契約は、市場を再構築する可能性が高いと語っています。

Maxar が政府の超高解像度画像の中心的サプライヤーとしての地位を再確認し、同時に Planet と BlackSky による小型衛星コンステレーションの重要性が高まっていることを示している。

NRO と EOCL 契約を締結した観測衛星会社3社

【MAXR】地球観測市場における世界的なリーダー Maxar (マキサー) について

【PL】地球観測衛星データの Planet(プラネット・ラボ)について

【BKSY】BlackSky (ブラックスカイ) について