Zoomy

Blade がアーバンエアモビリティ3社を買収し、欧州最大のヘリコプター旅客サービスを実現

投資

Blade がアーバンエアモビリティ3社を買収し、欧州最大のヘリコプター旅客サービスを実現

Blade (ブレード)、アーバンエアモビリティ3社を買収し、欧州最大のヘリコプター旅客サービスを実現。買収により、Monacair、Héli Sécurité、および欧州の著名な第三のヘリコプター事業者(以下、「航空会社」)のチャーターおよび定期航空モビリティ事業が再編され、2019年には約125,000人の航空会社にサービスを提供しながら合計で3000万ユーロの売上高が発生しました。

Air Carriers の粗利率の高い事業が加わることで、この組み合わせは直ちに Blade にフリーキャッシュフローをもたらし、Blade の黒字化までのスケジュールを加速させるものと思われます。

Blade は、航空会社の独占的な顧客となり、その商業活動を購入する予定です。航空会社は、Blade の南フランス、モナコ、スイス、イタリアにおける座席指定サービス及びチャーター便のためにのみ航空機を保有・運航し続け、Blade の資産軽量化モデルに沿って、同地域における電動垂直飛行機(以下「EVA」)への移行を共に目指します。

今回の買収により、すべてのフライトと航空機が Blade ブランドとなるほか、欧州に存在する、あるいは開発中の10以上の空港、ヘリポート、バーティポートに Blade ブランドの旅客ターミナルを設置することが可能になります。

Blade のサービスは、モナコ・グランプリに先立ち、フランスのニースとモナコのモンテカルロを結ぶ7分間のフライトでヨーロッパで開始され、現在ブレードのアプリで1席220ドルで購入することが可能です。

テクノロジーを駆使したグローバル・エア・モビリティ・プラットフォームである Blade Air Mobility, Inc. (ブレード・エア・モビリティ / Nasdaq:BLDE) は2022年5月19日、100%出資の欧州子会社を通じて、欧州の都市型エアモビリティ事業者3社の資産軽量商業旅客輸送活動を取得する最終合意(「合意」)を締結したことを発表します。Monacair (モナクエア)、Héli Sécurité (ヘリセキュリテ)、および南フランスの大手ヘリコプター運航会社の3社のアセットライト型商業旅客輸送事業を買収することで合意しました。

また、Blade は、航空会社が利用するフランス、モナコ、スイスの複数の空港およびヴァーティポートにおいて、ブランドの旅客ターミナルを開発します。エアキャリアの4月累計のチャーター事業の売上高と飛行時間は、パンデミック後の旅行回復がこの地域で好調なことから、それぞれ前年同期を約30%上回りました。

Monacair のCEOであるダミアン・マゾディエは、Blade ヨーロッパのエグゼクティブディレクターであるサブリナ・バルベラ、ブレード・ヨーロッパの事業開発担当エグゼクティブバイスプレジデントであるアンヌ・パスカール・ゲドンと共に、エアキャリアの乗客事業の Blade への移行を監督し、ブレードのヨーロッパサービスの開始において重要な役割を担うことになるでしょう。また、この経営陣は、これまで航空会社の日々の商業運営を担ってきた主要な人材を管理し、今後は Blade でも引き続きその役割を担っていくことになります。

Blade のCEOである Rob Wiesenthal は、今回の発表に際して以下のように述べています。

これら3社の買収は、当社の資産軽量化モデルを活用し、都市部における航空輸送の主要なユースケースを集約するという戦略の中核をなすものです。その結果、ブレードは世界で最も価値のある路線を手に入れることができました。ニューヨーク、バンクーバー、インドで展開している既存の事業に、ヨーロッパでこの強力なプレゼンスを加えることは、当社の拡大にとって重要なステップとなります。

Monacair の共同創業者マルコ・カシラギは以下のように述べています。

Blade の強力なグローバルプラットフォーム、テクノロジー、ブランドと、Monacair の強力な事業実績、航空機管理事業、戦略的インフラ、顧客からの信頼は、ヨーロッパにおける都市部の空の移動性を高める無敵の組み合わせとなるでしょう。モナコGPを皮切りに開始されるブレードの商用サービスを、カシラギ家を代表して全面的に支援し、楽しみにしています。

Blade の社長であるメリッサ・トムキールは、以下のように述べています。

Blade は、南フランス、モナコ、イタリア、スイスの路線を追加することで、アーバンエアモビリティにおける世界のリーダーとしての地位を引き続き強固なものにしていきます。当社の欧州展開は、30年以上にわたり何十万人ものお客様に安全かつ収益性の高いフライトを提供してきた信頼できる運航パートナーなしでは実現できなかったでしょう。

Blade の最高財務責任者(CFO)であるウィル・ヘイバーンは、以下のように述べています。

これらの買収は、初日からフリーキャッシュフローに貢献し、黒字化へのスケジュールを加速させるとともに、現在、大きな投資収益率を生み出し、将来の電動垂直航空機の導入によってさらに強化されるでしょう。Blade は今後、欧州の都市部における航空輸送において比類ない規模を持ち、事業全体の多様化がさらに進むでしょう。

取引のハイライト

・Blade は、Monacair、Héli Sécurité、欧州の著名なヘリコプター事業者のうち、資産の少ない事業活動を現金総額4800万ユーロ(5000万米ドル)で同時に取得します。

・Blade は航空会社の独占顧客となり、ヨーロッパでブレードブランドのチャーター便とバイザシートサービスを提供します。

・この買収を前提とした場合、Blade は2019年に3大陸で約26万人のフライトを実施し、世界最大の都市型航空モビリティ企業としての地位を確固たるものにする。

・本買収は、Blade の過去の会社平均を上回るフライトマージンにより、直ちにフリーキャッシュフローに貢献し、Blade の黒字化への道を大幅に加速させるでしょう。

・Blade は、航空会社と協力し、欧州の主要市場の路線拡大、バーティポート開発の機会追求、欧州での Blade 運航のための電動垂直航空機の統合を検討します。

・本取引は、規制当局の承認と通常の取引完了条件に従い、2022年夏までに完了する予定です。

Monacair (モナコエアー) について

モナコ航空は、1988年に Stefano Casiraghi 氏と現在の株主である Marco、Andrea、Pierre Casiraghi によって設立された、モナコを拠点とする大手ヘリコプター運航・管理・メンテナンスセンターです。パンデミック以前は、モナコ公国のアルベール2世殿下の公式サプライヤーとして、ニース空港とモナコの間で1日50便の定期便を運航していました。モナコ航空は、エアバス社およびレオナルド社のヘリコプター7機を運航しており、モナコから最大600km離れた目的地までサービスを提供することが可能です。モナコ・ヘリポートでの運航に加え、モナコ航空は、オート=サヴォワ県のアルシャン、ヴァール県のグリモー、オート=サヴォワ県のアヌシー空港、ヴァール県のル・カステレ空港、アルプ=マリティーム県のカンヌ空港など、フランス国内に複数の施設を有しています。

Héli Sécurité について

1992年に Dominique Romet によって設立された Héli Sécurité は、フランスの大手ヘリコプターチャーター会社で、エアバス、レオナルド、ベル製のヘリコプター16機を保有し、40人以上の専門パイロット、エンジニア、地上職員からなるチームを擁しています。ヘリ・セキュリテは、フランスとスイスのアルプス地方にあるアヌシーと、サントロペ近くのグリモーの2つの運航基地から、スイス、イタリア、フランスのリビエラ、いくつかのアルプスの目的地など、国内外のさまざまな場所にプライベートフライトや定期便を運航しています。また、ヘリは自社でメンテナンスを行っており、子会社のローターチームを通じてすべてのヘリコプターを整備しています。