Zoomy

【VORB】VirginOrbit (ヴァージン・オービット) がナスダックに上場

投資

VirginOrbit

株主は、VirginOrbit と NextGen Acquisition Corp. II との SPAC 合併を承認しました。統合後の企業は、2021年12月30日に NASDAQ でティッカーシンボル「VORB」で取引を開始します。

カリフォルニア州ロングビーチおよびフロリダ州ボカラトン、2021年12月28日、NextGen Acquisition Corp. II (NASDAQ: NGCA) (以下、「NextGen (ネクストジェン)」) の株主は、本日開催された臨時株主総会において、VirginOrbit (ヴァージン・オービット) の親会社である Vieco USA, Inc. との先に発表された事業統合を承認しました。全議決権行使結果を開示する Form 8-K を米国証券取引委員会に提出する予定です。

本日、NextGen と Virgin Group (ヴァージン・グループ) は、合併の完了に必要な最低現金条件が満たされたことを発表しました。これにより、ヴァージン・オービットは、商業宇宙打上げにおける急速な立ち上げを継続するための成長資金を得ることができます。本企業結合の完了は、すべての完了条件の充足または放棄が見込まれることを条件に、2021年12月末までに行われる予定です。企業結合が完了すると、結合企業の名称は「Virgin Orbit Holdings, Inc.」となり、その普通株式は新しいティッカーシンボル「VORB」でナスダックに上場される予定です。

Virgin Orbit の創設者である Richard Branson (リチャード・ブランソン卿) は、以下のように述べています。

Virgin Orbit を上場企業として12月に迎えることができ、1月に最初の顧客である NASA のために12機の衛星を目標の軌道に乗せたことから始まった素晴らしい1年を祝い、締めくくることができました。ダンと彼の世界的なチーム、そしてネクストジェン社のパートナーやその他の投資家の皆様のご支援のおかげで、Virgin Orbit は、衛星打ち上げに革命を起こし続け、世界を前向きに変えると信じている他に類を見ない宇宙技術を構築することができる体制が整っています。

多様でグローバルな顧客基盤を持つ Virgin Orbit は、いつでも、どこからでも、どの軌道にでも行くことができる唯一の打上げ会社です。1月に3回連続で打ち上げを成功させるための準備を進めている Virgin Orbit が上場企業となり、今年の素晴らしい成功をさらに発展させていくことをサポートできることを嬉しく思います。

Virgin Orbit の Dan Hart (ダン・ハート) 最高経営責任者(CEO)は、以下のようにコメントしています。

当社の技術を証明し、商業企業、米国政府、同盟国のために衛星を軌道に乗せることに成功したこの1年で、Virgin Orbit にとって新たな大きな節目となりました。今回の取引で調達した資金と公開市場への新たなアクセスにより、ロケット製造の拡大、宇宙ソリューション事業の拡大、製品開発が可能となり、世界中のお客様との重要なパートナーシップを通じてグローバルな展開を続けていきます。当社には、設計と先進的な製造における創造性と技術で知られる、世界クラスのチームがあります。私たちは、他に類を見ない打上げと宇宙へのアクセスの機動性、そしてエキサイティングな宇宙ソリューションサービスを提供することで、永続的な株主価値を促進することを楽しみにしています。

NextGen の共同創業者である George Mattson (ジョージ・マットソン) 氏と Gregory Summe (グレゴリー・サーム) 氏は、以下のように述べています。

宇宙経済は急速に発展しており、Virgin Orbit は、今後数年間の宇宙産業の成長に伴って利益を得るために非常に有利な立場にあります。同社の差別化された技術は、世界中の国家安全保障、民間、商業市場の顧客に大きな利益をもたらします。私たちは、Virgin Orbit が上場企業として次の章に進むことを支援できることを嬉しく思います。

この取引では、Virgin Orbit の既存投資家である Virgin Group、ムバダラ・インベストメント・カンパニー、および NextGenのスポンサーに加え、ボーイング社やAEインダストリアル・パートナーズなどの戦略的・機関投資家が主導する信託収益6,800万ドル、フルコミットのPIPEによる1億6,000万ドルを含む、約2億2,800万ドルの総資金を調達する予定です。

Virgin Orbit は、NASA、米国国防総省、オランダ空軍、ポーランドの SatRevolution などの顧客に対して、最初の顧客衛星を軌道に乗せ、100%のミッション成功率を達成するなど、多忙な年の終わりに、この企業結合を完了する予定です。今回の「Above the Clouds」では、米国国防総省と SatRevolution の2社に加え、12月に打ち上げに参加した Spire Global, Inc(NYSE: SPIR) も参加し、LauncherOne システムの柔軟性と対応力を示しています。Virgin Orbit は先日、そのフライトに向けた最終的な打ち上げ前リハーサルを終え、2022年1月12日に打ち上げウィンドウが開かれる予定です。

さらに、この4ヶ月間だけでも、Virgin Orbit は、Southwest Research Institute、ANA Holdings、Astroscale、SatRevolution、Hypersat、Horizon Technologies、Arqit Quantum (NASDAQ: ARQQ) との提携を発表しています。Virgin Orbit は、これらの顧客や今後発表される他の顧客のために、合計で数十機のロケットを打ち上げ、宇宙ゴミの軽減から探査、環境監視から国家安全保障に至るまで、さまざまなミッションを遂行することを期待しています。

Virgin Orbit は、これらの顧客やその他の顧客にサービスを提供するにあたり、拡大しつつある国際宇宙港のネットワークを利用する予定です。まず、イギリスのコーンウォール宇宙港では、6月のG7サミットでボリス・ジョンソン首相と面会し、2022年に予定されているコーンウォールからの LauncherOne ミッションは、イギリス諸島からの史上初の打ち上げとなる見込みです。また、今年初めには、ブラジル宇宙庁 (Agência Espacial Brasileira; AEB) およびブラジル空軍 (Força Aérea Brasileira; FAB) にも選定され、ブラジルに軌道打上げ能力をもたらしました。さらに、日本最大の航空会社であるANAホールディングス株式会社は、11月に Virgin Orbit と覚書を締結し、LauncherOne ロケットを20機調達し、日本の大分県から打ち上げられる軌道ミッションのための資金提供と支援を行うことを発表しました。

2021年には、Virgin Orbit は、スペース・ソルーションズへの取り組みも発表しました。コンステレーション・パートナーとの選択的な投資により、当社は「サービスとしての衛星」モデルを用いて、地球観測やモノのインターネット(IoT)アプリケーションのためのエンド・ツー・エンドの付加価値サービスを横断的にまとめ、国家安全保障、船舶管理、航空、パイプライン監視、インテリジェント農業などの市場に提供し、世界最大級の産業の効率化を支援しています。この戦略の一環として、Virgin Orbit は最近、量子暗号化企業のArqit(NASDAQ: ARQQ)、海洋情報企業の Horizons Technologies、地理空間分析企業の HyperSat など、革新的な衛星企業への投資を発表しました。また、BigBear.ai や Redwire との商業提携を発表し、次世代宇宙ソリューションの提供を開発・強化しています。

統合の完了を記念して、リチャード・ブランソン卿と Virgin Orbit は、7機の衛星を地球低軌道に投入する予定の次のミッション「Above the Clouds」の打ち上げウィンドウが開く数日前の1月7日(金)に、NASDAQでオープニングベルを鳴らすことを期待しています。

NextGen Acquisition Corp. II について

NextGen Acquisition Corp. IIは、1つまたは複数の企業との合併、株式交換、資産買収、株式購入、組織再編、または同様の企業結合を行うことを事業目的とするブランクチェック企業です。NextGen社は、ゴールドマン・サックス社の元パートナーであるGeorge Mattson氏と、Perkin Elmer社の元会長兼CEOでCarlyle Groupの副会長であるGregory Summe氏が率いる会社です。ネクストジェン社は、NASDAQに上場しており、ティッカーシンボルは “NGCA” です。