Zoomy

成層圏探査のリーダーである World View がSPAC取引により株式公開へ

成層圏探査のリーダーである World View (ワール・ドビュー)

成層圏探査のリーダーである World View (ワール・ドビュー) が Leo Holdings Corp. II (レオ・ホールディングス) とのSPAC取引により株式公開へ。成層圏探査と飛行の世界的リーダーである World View は、成層圏リモートセンシング業界におけるリーダーとしての地位を強化する好位置につける。

・World View と Leo Holdings Corp. II (NYSE: LHC) は、成層圏の探査と飛行に特化した公開企業を設立するための正式な合併契約を締結しました。

・合併会社のプロフォーマ企業価値は約3億5千万ドル。

・この取引により、償還がないと仮定した場合、合併後の会社に最大1億2100万ドルの総収入がもたらされる可能性があり、これには両社が調達する予定の取引金融(目標収入7500万ドル)が含まれます。

・World View と Leo は、New Vista Capital とも提携し、同社は統合会社の取締役を務め、技術、運営、産業パートナーに関する深い専門知識を提供する予定です。

・Sierra Nevada Corporation、ScepterAir/ExxonMobil、Infleqtion との主要な戦略的契約により、World View は成層圏からのリモートセンシング・サービスを引き続き推進し、宇宙イメージングと分析の連続体における重要なギャップを埋めることができるようになりました。

成層圏の探査・飛行の世界的リーダーである World View と Leo Holdings Corp (レオ・ホールディングス・コーポレーション / NYSE:LHC) は2023年1月13日、最終的な企業結合契約を締結し、World View を上場企業にすることを発表しました。この取引により、統合された会社の企業価値は推定3億5,000万ドルとなります。本取引の完了後、統合会社は World View として事業を継続します。

World View はこの資金を、従来の衛星画像や固定翼航空機によるモニタリングでは得られない、成層圏を経由したリモートセンシングならではの利点を生かせる新しい市場や産業へのグローバルなリモートセンシング事業の拡大に充てる予定です。また、宇宙旅行事業や研究・教育事業などの次世代機能の開発も進めていきます。

買収の概要

Leo との取引の結果、World View は、提案された企業結合に関連して株式償還を選択する株主がいないと仮定し、両当事者が目標収入7500万ドルで調達することを企図した取引金融を実施した後、最大1億2100万ドルの総収入を受け取る可能性があります。

World View および Leo の取締役会は、それぞれ全会一致で本取引を承認しています。本取引は、World View の株主および Leo の株主の承認を必要とし、その他の慣習的な終了条件に従います。本取引は、2023年第2四半期に完了する予定です。

合併契約の写しを含む提案された取引に関する追加情報は、Leo Holdings Corp.II が米国証券取引委員会に提出するForm 8-Kによる最新報告書にて提供されます。

World View の投資ハイライト

・国家安全保障、研究、商業の分野で強力な戦略的パートナーシップと覚書を締結している、収益性の高い企業です。

・様々な業種において短期的な収益が見込める。

・実証された技術により、大規模かつ拡大する市場に対して価値を提供している。

・特許で保護された技術およびプロセスにより、魅力的な参入障壁を提供。

・地球の壊れやすい生態系をよりよく理解し、保護するために成層圏飛行を優先させるなど、地球を第一に考える企業姿勢。

・成層圏飛行とリモートセンシングサービスに関する深い実行経験と専門知識を持つ、経験豊富でワールドクラスの先見性あるチーム。

World View の社長兼CEOである Ryan M. Hartman は、次のように述べています。

本日の発表は、World View のビジネスモデルにおいて大きな節目となるものです。私たちは、根本的に改善された未来のために、新しい視点を刺激し、創造し、探求するために存在しています。レオとの合併により、成層圏からのデータと分析に対する市場の需要の高まりに対応するため、当社の実証された専門知識と戦略的パートナーシップの強固な基盤を拡大することができます。

世界のリモートセンシング市場は、2027年末までに CAGR 9.8% で230億ドルに成長すると予想されています (Hexa Research、2019年) World View は、この成長は、防衛・国家安全保障、エネルギー・電力、農業、気象観測、その他の商業産業など、さまざまな垂直分野からもたらされると考えています。

Leo の社長兼CEO、Lyndon Lea (リンドン・レア) は以下のように述べています。

World View は、いくつかの主要な戦略的パートナーと重要な特許で保護された技術にまたがる注目すべきミッションの成功で、急成長する成層圏経済におけるリーダーとしてすでに活躍しています。World View の実績あるビジネスモデルと使命感あふれる将来へのビジョンに、Leo チームの組織的な知識を組み合わせることで、World View が商業および政府向けサービスの世界的な展開を拡大できることに興奮し、確信しています。

リモートセンシングの重要なギャップを埋める

成層圏気球を用いた World View 独自のリモートセンシングは、従来の衛星や固定翼航空機の撮 影源では得られなかった大きな利点を提供します。World View は、従来の衛星の5倍も地球に近いところを飛行することで、優れた画像解像度をお客様に提供します。さらに、独自の高度制御技術により、World View は最大45日間の連続飛行を実現し、特定の関心領域で数週間にわたり小半径での持続的な定点観測を行うことができます。

World View の設定可能な成層圏リモートセンシングシステムにより、政府、組織、商業団体は、さまざまなミッションの基準を満たすためのデータと分析を収集することができます。ペイロードの汎用性により、システムは電気光学、短・中波長赤外線、レーダー、ハイパースペクトル、熱など、複数のセンサーから一度にデータを収集することができます。

成層圏リモートセンシングフライトで収集されたデータは、以下のような広範かつ急速に拡大するユースケースのアクションに情報を提供します。

・コマンド、コントロール、コミュニケーション、コンピューター、インテリジェンス、監視、偵察(C4ISR)
・資産モニタリング
・サプライチェーン追跡
・パイプラインやユーティリティラインの検査
・メタン検出
・非侵襲的なエネルギー探査
・山火事や暴風雨の追跡
・気候変動研究
・農業モニタリング
・海上モニタリング
・通信
・主要な戦略的パートナーシップとMOU

World View は、120回以上の成層圏飛行と10,275,000フィートの垂直飛行により、NASA、NOAA、米国国防総省、米国空軍、Sierra Nevada Corporation、Raytheon Technologies、サウスウエスト研究所など、政府機関や民間企業の主要企業にリモートセンシングサービスを提供しています。

また、Sierra Nevada Corporation、ScepterAir/ExxonMobil、Infleqtion など、複数の重要な戦略的パートナーシップと覚書を締結しています。World View は、これらのパートナーシップにより、成層圏から利用できるリモートセンシングサービスが、いくつかの主要産業において継続的に進歩し、既存の宇宙イメージングと分析の連続体における重要なギャップを埋めることになると期待しています。

将来の能力

探検と革新の精神に支えられ、World View は成層圏から地球を探検し、よりよく理解するための新しい方法を特定し続けています。これには、成層圏そのものの理解を深めることも含まれます。成層圏は、大気の層の中でほとんど研究されていないため、科学者、教育者、学生のための特別な研究・教育ミッションを設計する大きなチャンスとなります。World View は現在、これらの科学的ミッションを促進するため、より強固な研究・教育ミッションプログラムを開発中です。その一例が、成層圏に学生実験を運ぶための、World View とNASAとの提携です。

急速に成長する World View のリモートセンシング事業に加え、2021年10月、World View は宇宙旅行・探査事業への将来の進出を発表しました。この次世代ビジネスユニットは、World View の特許技術、専門知識、成層圏の飛行と航行の経験を基に構築されています。この将来の機能を発表してから1年足らずで、1,200人以上の参加者がすでに5万ドルの座席を予約しており、宇宙旅行カテゴリーではこれまでで最も多くの座席が販売されています。

成層圏経済を開拓する World View の専門知識の詳細については、worldview.space をご覧ください。

アドバイザー

Kirkland & Ellis LLP が Leo の法律顧問を務めました。グッゲンハイム証券はワールドビューの独占的財務アドバイザーを務め、Cooley LLPはワールドビューの法務アドバイザーを務めました。取引の一環として、Leo はニュービスタキャピタルと提携し、レオの確立されたチームに業界の専門家を加え、取引完了後も統合後の会社に助言を続けます。

World View について

World View (ワールドビュー) は、2012年に設立された世界有数の成層圏探査企業で、アリゾナ州ツーソンに本社を構えています。World View は、成層圏での飛行に数多くの成功を収めてきた実績があり、人類の地球に対する理解と認識を新たな高みへと導く成層圏探査の新時代をリードしています。

World View は、より明るい未来への鋭いビジョンを持って、根本的に改善された未来のための新しい視点を刺激し、創造し、探求するために存在しています。伝統的なリモートセンシング事業とStratollite®イメージング、そして研究・エンジニアリング・ミッションや宇宙旅行・探査といったエキサイティングな未来の機能を通じて、World View は、「未来の世代が地球を故郷と呼ぶことに幸せを感じることができるよう、地球を大切にする」という究極の目的を確実に実現するために取り組んでいるのです。

Leo Holdings Corp. II について

Leo Holdings Corp. II は、現在NYSEにティッカー「LHC」として上場している。Leo Holdings Corp. II は、特別目的買収会社 (SPAC) で、既存の産業やビジネスモデルを破壊することを目指す起業家主導の成長企業や、消費者行動が変化するデジタル情報時代に成功し、大きな利益を得る機会がある企業への投資を目指しています。

Leo Holdings Corp. II は、特別目的買収会社構想である Leo Holdings の一部です。Leo Holdings は、創業者でマネージング・パートナーの Lyndon Lea が率いる Lion Capital のプリンシパルにより設立されました。Leo Holdings の経営陣は、世界規模で事業を所有・運営する豊富な経験を持ち、20年以上にわたって協働してきました。詳細については、https://leoholdings.com/ をご覧ください。