Zoomy

Sierra Space と Spaceport America が Dream Chaser スペースプレーンの着陸場に関する契約を締結

投資

Photo by Sierra Space (Sierra Space Dream Chaser)

Sierra Space (シエラ・スペース) と Spaceport America (スペースポート・アメリカ) が Dream Chaser (ドリームチェイサー) スペースプレーンの着陸場に関する契約を締結。

・Dream Chaser (ドリームチェイサー) の着陸地として、ニューメキシコ宇宙港をポートフォリオに加える覚書を締結

・Sierra Space が2022年に Spaceport America Cup の企業スポンサーになったことを受け、協力関係を拡大

低地球軌道(LEO)商業化のための宇宙輸送とインフラの未来を創造し構築する最前線の民間宇宙企業である Sierra Space (シエラ・スペース) と Spaceport America (スペースポート・アメリカ) は2022年6月21日、新たな覚書(MOU)に署名したことを発表します。この合意により、世界初で唯一の有翼民間スペースプレーンである Dream Chaser® の着陸候補地として、世界有数のニューメキシコ宇宙港が Sierra Spac のポートフォリオに加わります。

ニューメキシコ州南部に位置する Spaceport America は、NASAケネディ宇宙センターのシャトル着陸施設(SLF)、アラバマ州ハンツビル、大分空港、英国のスペースポートコーンウォールなど、ドリームチェイサーが着陸可能な滑走路が世界中で増えているリストに最近追加された場所です。

ドリームチェイサーは、国際宇宙ステーション(ISS)を含むLEOの目的地へクルーや貨物を輸送するために設計されたマルチミッションの宇宙実用機です。現在、NASAと7回のISSへの商業補給ミッションの契約を結び、貨物の輸送、帰還、廃棄物処理サービスを提供しています。ドリームチェイサーは、世界中の商業用滑走路に対応する低重力地球帰還が可能な唯一の民間宇宙船であり、高価なペイロードにすぐにアクセスすることができます。ドリームチェイサーは、2023年に打ち上げられる予定です。

Sierra Space のCEOである Tom Vice は、次のように述べている。

Sierra Space は、輸送から商業宇宙目的地、そして新たに登場するすべてのアプリケーションまで、宇宙の未来を構築し、活気に満ち、成長し、アクセスしやすい商業宇宙経済を発展させます。このビジョンを念頭に、我々は商業宇宙エコシステムの中に宇宙技術のハブを作り、Spaceport America をドリームチェイサーの着陸予定地として加え、すべての人に宇宙への手頃なアクセスを提供し続けています。

新しいMOUは、Spaceport America の能力を高め、Spaceport America でのドリームチェイサー再突入の需要を高めるための両組織の相互追求の概要を示しています。その結果、両者は共通のビジョンに基づき、Spaceport America の再突入施設運営者ライセンスを連邦航空局(FAA)から取得することを目指します。ドリームチェイサーは現在、2023年からNASAの貨物補給・帰還ミッションを請け負い、国際宇宙ステーション(ISS)に一度に最大12,000ポンドの貨物を輸送しています。

Spaceport America のスコット・マクラフリン事務局長は以下のように述べています。

Spaceport America は、Sierra Space と協力できることを非常に光栄に思います。ドリームチェイサーの着陸候補地として、我々は米国と世界のすべての人々に手頃な価格で宇宙へのアクセスを提供し続けます。我々は、Sierra Space とのパートナーシップと協力関係を拡大することに興奮しています。このMOUは、Spaceport America のビジョンを強調し、宇宙港とドリームチェイサーの両方を利用する他のユーザーをニューメキシコ州に結びつけることにもつながります。

Sierra Space は、世界最大の大学対抗ロケット工学コンテストである Spaceport America Cup のダイヤモンドレベルのスポンサーです。さらに、2022年6月21日から2022年6月25日にかけて開催されるこのイベントでは、Sierra Space の社長で元宇宙飛行士のジャネット・カヴァンディ博士が開会の挨拶を行います。

Sierra Space (シエラスペース) について

Sierra Space は、地球上の生命に利益をもたらすプラットフォームを宇宙で構築する、商業宇宙企業のリーディングカンパニーです。30年以上にわたる500の宇宙飛行の伝統を持つ Sierra Space は、世界で唯一の有翼民間スペースプレーン、ドリームチェイサー®により、宇宙輸送の未来を実現しています。ドリームチェイサーは、2023年初頭に一連のNASAミッションで打ち上げられる予定で、貨物、そして最終的には乗員を軌道上の目的地まで安全に運び、世界中の適合する商業空港の滑走路に着陸させることが可能です。また、Sierra Space は、地球低軌道(LEO)用に設計された3階建ての商業用居住・科学プラットフォームであるLIFE™ハビタットを建設しています。ドリームチェイサーとLIFEはいずれも、Sierra Space とブルーオリジン社が開発中のLEO軌道上の複合ビジネスパークであるオービタルリーフの中心的要素であり、2027年までに運用開始が予定されています。

Spaceport America (スペースポート・アメリカ) について

Spaceport America は、世界初の商業用宇宙港として建設されたものです。ニューメキシコ州南部の米軍ホワイトサンズ・ミサイル発射場に隣接する18,000エーカーの敷地にあるFAA認可の発射場は、6,000平方マイルの制限空域、低い人口密度、12,000フィート×200フィートの滑走路、垂直発射施設、約340日の日照と低い湿度というロケットのための環境を備えています。

Spaceport America Cup は、世界最大の大学対抗のロケット工学コンテストです。Spaceport America には、民間宇宙産業で最も有名な企業がテナントとして入居しています。ヴァージン・ギャラクティック社、HAPSMobile / AeroVironment、UP Aerospace、SpinLaunch など。