Zoomy

Satellogic、5機の新しい衛星を SpaceX が打ち上げることを発表

投資

Satellogic、5機の新しい衛星を SpaceX が打ち上げることを発表

Satellogic、SpaceX の Transporter-4 ミッションに搭載される5機の新しい衛星の打ち上げを間近に控えたことを発表。今回の打上げでは、独自技術を強化した新しい衛星モデルを導入し、Satellogic の衛星コンステレーションを拡大し、顧客提案と製品品質を高めることを可能にします。

アルゼンチンの地球観測衛星の専門企業 Satellogic Inc. (サテロジック / NASDAQ:SATL) は2022年3月10日、ケープカナベラルから第2四半期初頭に打ち上げられる5機の衛星を出荷したと発表しました。この打ち上げは、SpaceX のライドシェアプログラムにより、高い飛行実績を持つ再使用型2段式ロケット Falcon 9 に搭載された SpaceX のトランスポーター4ミッションの一部として行われる予定です。

今回の打ち上げでは、Satellogic の新しい衛星モデルである Mark V の初展開が行われます。この新世代の衛星は、カメラ、無線、コンピュータ、その他のサブシステムを改良して衛星群を強化し、以前のモデルのすべてのコンポーネントと互換性があるため、Satellogic の顧客により高品質な製品を提供することができます。

残りの衛星は、4基の NewSats Mark IV の更新版です。これらの改良型衛星は、搭載ストレージを増やし、推進システムとナビゲーションシステムをアップグレードしています。この強化には、今年後半にオランダで予定されている Satellogic のハイスループットプラントの立ち上げに向けた製造可能性とコスト削減のためのプロセスが含まれています。

Satellogic North America 社長の Matthew Tirman は、次のように述べています。

今回の打ち上げにより、お客様のビジネスチャンスと製品提供を拡大できることをうれしく思っています。新しく強化された衛星は、現在のサービスの質を高め、お客様に新たな機会をもたらすでしょう。

新モデル Mark V は、独自設計の新しいマルチスペクトルカメラを主要ペイロードとして搭載し、ネイティブ解像度70cmの画質を高め、画像の信号対雑音比とダイナミックレンジを大幅に向上させる予定です。

また、観測幅を40%拡大し、Satellogic のコンステレーションサイズを最適化するとともに、世界各地のリマップ能力を保証し、画像コストを削減します。Mark V には、処理能力が強化された新世代のオンボードコンピュータも搭載されており、より優れた運用と効率性の向上を実現しています。

Satellogic の顧客は、衛星全体を購入することなく、各 NewSat ホストペイロードベイに搭載された独自のハードウェアを宇宙で飛ばす機会を得ることができます。このベイのモジュール設計と標準インターフェース定義は、同社の製造工場でのハードウェアの統合を容易にし、顧客に透明性のある運用を提供し、契約署名から打ち上げ日までの軌道到達時間を最適化します。

Mark IV には、Satellogic の顧客からの Hosted Payloads と、データが生成される場所でアルゴリズムを実行したい顧客向けのオンボードエッジコンピューティング、および将来の無線周波数(RF)製品など、将来のペイロードの同社のラストマイルテストが含まれています。このホスト型ペイロードにより、Satellogic は自社の衛星にペイロードを搭載し、RF信号を発するデバイスの位置を特定することを可能にします。

今回の打ち上げは、Satellogic が以前発表した2022年の計画の一部であり、宇宙から高解像度データを提供する Satellogic の衛星群を22基まで拡大することになる。Satellogic は今年後半にさらに最大12機の衛星を打ち上げ、任意の地点に毎日最大7回の再訪問を行う計画で、2023年第1四半期までに合計34機の商業衛星が軌道上に乗ることになる。

同社は2025年までに衛星群を200機以上に拡大し、地球全体を毎日再マッピングする能力を提供する予定です。地球観測(EO)画像の民主化により、Satellogic はこれまでサービスが行き届いていなかった分野にサービスを提供し、米国政府や世界中の専用衛星コンステレーションの顧客と提携して、世界中で起きている経済活動、セキュリティリスク、自然現象の発生や進行に関する新しい洞察を提供できるようになります。