Zoomy

Aurora Propulsion Technologies と Kayhan Space が Proact の打ち上げで提携

投資

フィンランドの小型宇宙船の移動とライフサイクル制御のためのスケーラブルなソリューションとサービスを創造する Aurora Propulsion Technologies (オーロラ・プロパルジョン・テクノロジーズ) と Kayhan Space (カイハン・スペース) が Proact™ の打ち上げで提携。フィンランドの推進会社、成長中の宇宙会社と提携し、2022年に Proact™ を発売へ。

フィンランドの企業 Aurora Propulsion Technologies と Kayhan Space は2022年3月10日、衝突の脅威を特定・分析し、コマンドに応じて発射する推進技術と統合した衝突回避マヌーバを自動化できる、直感的で統合的、かつ完全自律型の衝突回避システム、Proact™を開発するために提携を結びました。

Kayhan Space のCEO兼共同創設者である Siamak Hesar 博士は以下のように述べています。

我々は、Aurora Propulsion Technologies と提携し、完全に統合された推進システムへのアクセスを拡大し、すべての衛星に信頼できる推進能力を装備することによって宇宙の安全性と持続性を促進できることをうれしく思います。

Aurora Propulsion Technologies と Kayhan の自律的衝突検知・回避システムの統合は、宇宙経済の発展とともに頻度が増すであろう高リスクの結合事象を回避するための効果的なツールです。

Aurora Propulsion Technologies のCEOである Roope Takala は、

Aurora は、宇宙船の衝突回避のためのオールインワン製品を作るために Kayhan Space と協力することを非常に喜んでいます。Kayhan Space の衝突検知・回避サービスとオーロラ社のマッチ箱サイズの水性スラスタがあれば、どんな衛星プロジェクトでも衝突回避が可能で、簡単で安全なものになるはずです。

ヨーロッパでの規制環境の整備が衝突回避能力を要求する方向に進む中、私たちはコンプライアンスを可能な限り容易にしたいと思います。スペースデブリの蓄積の問題を軽減する標準的な方法を提供することで、その遵守を確実にしたいのです。

とコメントしています。

Aurora Propulsion Technologies (オーロラ・プロパルジョン・テクノロジー) について

Aurora Propulsion Technologies は、小型宇宙船の移動とライフサイクル制御のためのスケーラブルなソリューションとサービスの開発に取り組むフィンランドの企業です。同社は、シングルレジストジェットスラスタ、オーロラレジストジェットモジュール、オーロラプラズマブレーキ、電動太陽風セイル技術など、様々な推進力製品を保有しています。

Aurora Propulsion Technologies のミッションは、人工衛星の耐用年数を延ばしながら、宇宙の持続可能な利用を確保することです。私たちの技術は、衛星の位置や向きを効果的かつ迅速に実施することで、衛星所有者のビジネスの成功や成長、また耐用年数が終了した衛星の安全で信頼性の高い軌道離脱を可能にします。

長期的なミッションの目標は、革新的な推進手段である電気帆を使ったマイクロサテライトサイズの探査機による深宇宙探査です。

Kayhan Space (カイハン・スペース) について

Kayhan Space は、次世代の自律型宇宙飛行能力を構築することにより、宇宙飛行をより安全なものにするという使命を担っています。グローバルサプライチェーンから農業、防衛に至るまで、現代生活のあらゆる側面が、宇宙をベースとした技術に依存しています。

軌道上での壊滅的な衝突は、宇宙に依存する何兆ドルもの産業を崩壊させる可能性があります。軌道上での混雑が急速に進んでいることに加え、普遍的に合意された「交通ルール」がないため、そのような事象のリスクが著しく高まっています。

Kayhan は、オペレータがすべての宇宙船にとって安全で、すべてのオペレータのミッションを考慮して最適化された回避行動を調整できるように自律ツールを構築し、衝突事故への対応時間を95%以上短縮しています。今後10年間で衛星の数が10倍以上に増加するため、衛星同士が衝突するリスクは急速に高まっています。

衝突のリスクを軽減するためには、複数の衛星運用会社が衝突回避のためのマヌーバを調整する必要があります。しかし、衝突リスクの急激な高まりと、短報の頻度の増加により、オペレータ間の調整は、もはや人間がループに入るだけでは効果的に行えません。私たちは最近、ケイハン・パスファインダー(調整型自律衛星衝突回避システム)の発売を発表しました。このシステムは、対応の重要な経路から遅延や人的エラーを排除することによって、衝突の可能性がある事象への対応努力を最適化します。