Zoomy

Satellogic、次期68基のサブメーター解像度地球観測衛星のための SpaceX との複数回打ち上げ合意を発表

投資

Satellogic、次期68基のサブメーター解像度地球観測衛星のための SpaceX との複数回打ち上げ合意を発表

Satellogic (サテロジック)、次期68基のサブメーター解像度地球観測衛星のための SpaceX との複数回打ち上げ合意を発表。戦略的な契約により、Satellogic は2023年に地球表面全体の再マッピングを毎週行い、あらゆる地点の再訪問を毎日20回以上行うことができ、無数の商業、持続可能性、政府アプリケーションの鍵を開けることができます。

Satellogic Inc. (サテロジック / NASDAQ: SATL) は2022年5月4日、SpaceX と新たな複数回打上げ契約(MLA)を締結し、次の68基の衛星の打上げ能力を確保したと発表しました。この新しいMLAは、2022年の打上げを対象とする現在のMLAに続くもので、SpaceX が引き続き Satellogic のライドシェアミッションの優先ベンダーであることを確認し、Satellogic の衛星ロードマップの容量需要に対応するとともに衛星開発から展開までの期間の短縮を実現するものです。

Satellogic のCEO兼共同創設者である Emiliano Kargieman は、

SpaceX とのこれまでの打ち上げ成功に続き、2023年以降も協力していくためにこのMLAに署名できたことをうれしく思います。本日の発表により、私たちの衛星が生産されるたびに打ち上げを続けることができ、2023年には毎週地表のあらゆる平方メートルを収集する軌道を維持し、お客様に地球規模で最も最新で信頼できる高解像度データソースを提供することができるようになります。地球観測データを手頃な価格で誰もが利用できるようにするためには、当社の能力を拡大することが極めて重要です。

と述べています。

Satellogic は、独自の宇宙船を建造し、星座を管理し、収集したEOデータを製品化して、あらゆる業界の顧客により良いサービスを提供しています。この垂直統合により、EOから洞察を得るためのコストが削減され、Satellogic はより幅広い組織が購入可能な価格帯で実用的なデータを提供できるようになりました。

同様に、宇宙へのアクセスコストを下げることに重点を置いている SpaceX は、先進的なロケットと宇宙船を自社で製造しており、より安価なオプションとより大きなイノベーションを可能にしています。SpaceX の頻繁な打ち上げスケジュールは、Satellogic が宇宙船座を大幅に拡大するという目標を達成するのに役立つだろう。

Satellogic は最近、5機の宇宙船を追加で打ち上げたと発表しました。これらは SpaceX の Transporter-4 ミッションで、再利用可能な2段式ロケット Falcon 9 に搭載されて太陽同期低地球軌道に送り込まれました。

Satellogic は現在22基の高解像度衛星を運用しており、今回の打ち上げにより、地球上の全地表を高解像度・高周波数で再マッピングできる最初の企業になる見込みです。Satellogic は四半期ごとに衛星を追加で打ち上げ、2025年までに衛星群を200基以上に拡大し、地球表面全体のサブメーター解像度画像を毎日提供し、関心のある地点を1日当たり最大40回再訪することを目標としている。