Zoomy

Momentus (モメンタス)、初号機打ち上げに向けたすべての規制を完了

投資

Momentus (モメンタス)、初号機打ち上げに向けたすべての規制を完了

Momentus (モメンタス) 社、初号機打ち上げに向けたすべての規制を完了、FAAペイロード審査で好評価を受ける。

Momentus (モメンタス / NASDAQ:MNTS) は2022年5月5日、今月打ち上げ予定の SpaceX Transporter-5 ミッションでの軌道上輸送機ビゴライドの初飛行に向けたペイロード審査申請について、連邦航空局(FAA)から有利な判定を受けたことを発表しました。

今回のFAAの好意的な判断は、Momentus の最初のミッションをサポートするために必要な最後の規制上のマイルストーンとなるものです。当社は最近、連邦通信委員会(FCC)から免許を取得し、米国海洋大気庁(NOAA)から免許の更新を受けました。これらのライセンスにより、Momentus は Vigoride 宇宙船と通信するための無線周波数の使用と、搭載カメラの使用がそれぞれ可能になりました。

これらの米国政府機関による決定(場合によっては、国防総省を含む他の米国政府省庁による審査が行われた)は、当社がこれまでの国家安全保障上の懸念に対処し、米国政府との国家安全保障協定の実施に取り組んでいることを反映したものです。

Momentus のCEOである John Rood は、

我々は、Momentus が Vigoride 宇宙船の打ち上げを実施する道を開いた米国政府関連機関によるこれらの決定を歓迎します。我々のチームは引き続き宇宙船の後期準備を完了させることに集中し、間もなく Vigoride が軌道に乗るのを楽しみにしている。

と語っています。

最初のミッションの間、Momentus は顧客のペイロードを軌道に乗せ、少額の収益を上げることを計画しています。しかし、このミッションの主な目標は、軌道上で Vigoride をテストし、発生した問題から学び、得られた教訓を将来の Vigoride に反映させることである。

また Momentus には最近、輸送やその他の宇宙インフラサービスを提供する予定の米国の商業宇宙企業であるチャールズ・チェイス、ニック・ゼロ、ゲイリー・バートマンがそれぞれエンジニアリング担当副社長、オペレーション担当副社長、サプライチェーン担当副社長として入社しました。元Skunk Works®のベテラン社員、Maxar の幹部、ロッキード・マーティンのサプライチェーン専門家が主要機能を主導しています。

Momentus について

Momentus は、米国の民間宇宙企業で、宇宙輸送、ペイロードのホスト、軌道上サービスなどの宇宙インフラサービスを提供する計画です。Momentus は、開発中の革新的なウォータープラズマベースの推進システムを搭載した宇宙輸送・サービス車を計画することで、宇宙での新しい活動方法を実現できると考えています。当社は、早ければ2022年5月に、最初のビゴライドをサードパーティのロケットプロバイダーで地球低軌道に飛行させることを期待しています。