Zoomy

【ASTS】衛星通信会社 AST SpaceMobile とは?

投資

衛星通信会社 AST SpaceMobile

2021年4月7日に SPAC 上場し合併した (ティッカー:ASTS) ピュアプレイの宇宙企業、宇宙ベースのブロードバンド携帯電話ネットワークを構築する衛星通信会社、AST SpaceMobile (ASTスペースモバイル) についてご紹介します。こちらは米国株です。

AST SpaceMobile とは?

AST SpaceMobile (ASTスペースモバイル) は、宇宙ベースのブロードバンド携帯電話ネットワークを構築する衛星通信会社です。AST SpaceMobile と呼ばれるこのネットワークは、標準的なスマートフォンを改造せずに、衛星経由で 4G LTE/5G 携帯電話ネットワークに接続できる。

宇宙空間でモバイル機器と直接接続して動作する、世界初かつ唯一のブロードバンド携帯電話ネットワークを構築しています。ASTの目標は、ボーダフォングループ、楽天、アメリカンタワーなどの世界的な携帯電話事業者と協力して、今日の50億人の携帯電話加入者が直面している接続性のギャップを解消し、依然として接続されていない世界の人口の約半分にブロードバンドを提供することです。

AST&Science と世界のパートナーは、標準的なスマートフォンでアクセス可能な、世界初かつ唯一の宇宙ベースのセルラー・ブロードバンド・ネットワークを構築しています。「SpaceMobile」と名付けられたこの超強力なネットワークは、陸上、海上、飛行中など、地球上のあらゆる場所で4G/5Gの速度で接続できるように設計されています。

史上初めて、携帯電話の加入者は、陸上のネットワークから宇宙のネットワークへ自動的にローミングできるようになります。最も遠い場所でも、田舎の農地でも、危機や自然災害の最中でも、人々は何があっても接続を維持することができ、高価で特殊なハードウェアに投資する必要はありません。

ミッション

当社のエンジニアと宇宙科学者のチームは、今日の50億人の携帯電話加入者が直面している接続性のギャップを解消し、接続されていない数十億人にブロードバンドを提供することを使命としています。

SPAC 合併

AST SpaceMobile は、2021年4月1日に、New Providence Acquisition Corp との経営統合を完了したことを発表しました。2021年4月7日より、ASTスペースモバイルのクラスA普通株式およびワラントは、それぞれ「ASTS」および「ASTSW」のティッカーシンボルで Nasdaq で取引が開始されました。

世界初の宇宙ベースの携帯電話ブロードバンドネットワーク

AST SpaceMobile

souce: AST SpaceMobile

地球上を移動する50億人以上の人々のカバレッジギャップを埋める

都会の真ん中でも、人里離れた山頂でも、人混みの中でも、自然の中でも、何十億人もの携帯電話ユーザーは、常に接続したりしなかったりしています。従来のワイヤレスネットワークが存在しない場所や、ネットワークが混雑している場所など、あらゆるカバレッジギャップをスペースモバイルが補うことで、携帯電話の契約者はどんな状況でも接続性を確保することができます。

いざというときのライフライン

世界で初めて、モバイル加入者は陸上のネットワークから宇宙のネットワークへ自動的にローミングできるようになります。高価な専用ハードウェアに投資することなく、遠隔地の農地や、危機的状況や自然災害の最中でも、人々はブロードバンドの速度で接続することができます。

つながっていない人をつなぐ

従来のワイヤレスネットワークではアクセスできないために、いまだに接続されていない10億人以上の人々を、スペースモバイルはデジタル経済の世界に迎え入れることができます。

SpaceX Starlink との比較

・AST SpaceMobile
168機の大型衛星が、既存の携帯電話にグローバルなブロードバンドを提供する。

・Starlink (SpaceX)
12,000個の小型衛星によるグローバル・ブローバンド・ディッシュ・ターミナルの提供。

AST SpaceMobile のサービスの特徴としては、既にユーザーが持っている携帯電話 (スマートフォン) にブロードバンドを接続することです。一方の Starlink は、個人というようりはハブとなっているターミナルにブロードバンドを接続します。

単位としては Starlink の方が牌が大きいように思いますが、AST SpaceMobile も順調にプロジェクトが進めば、その恩恵を大いに受けることができるのではないでしょうか。

投資家向けプレゼンテーション (2021年11月)

ここからは、2021年11月に公開された投資家向けプレゼンテーションを見ていきましょう。

スペースモバイルは携帯電話に直接接続する

最初で唯一の宇宙ベースのセルラー・ブロードバンド・ネットワークの構築

巨大なトータルアドレッシングマーケット
世界のワイヤレスサービス市場は 世界のワイヤレスサービス市場は、50億台のモバイル機器を通じて1兆ドル以上の年間収益を上げている。

革命的な技術、1,600件以上の特許および特許出願中の請求項と先発者の優位性
ブロードバンドを宇宙からそのままの状態で携帯電話に届ける技術。ブロードバンドを宇宙から無改造のモバイル機器に届ける技術。携帯電話のカバレッジギャップを埋めるために。

業界をリードする戦略的パートナー
投資、開発、商業面でのパートナー、Vodafone (ボーダフォン)、American Tower (アメリカン・タワー)、Rakuten (楽天)、その他。

すぐに利用できる顧客基盤
運用開始後、スペースモバイルのサービスを利用できるのは ASTの既存MNO契約者15億人 スペースモバイルのワイヤレス顧客1

柔軟でスケーラブルなスーパーホールセールのビジネスモデル
スペースモバイルのネットワークは、レベニューシェア契約により、既存の携帯電話キャリアの契約者にフリクションレスでアクセスできるように設計されています。

スペースモバイルは、大きな問題を解決する

現在、世界で50億台の携帯電話が使われています。携帯電話の電波が届かない場所でも暗闇になることがなくなります。

スペースモバイルが解決する問題

– 携帯電話の電波が届かない場所でも、既存の携帯電話にブロードバンド接続
– 携帯電話の電波が届かない農村部や遠隔地でも、安価なブロードバンドデータ/音声/テキストサービスを
– 企業や政府のユニバーサル・コネクティビティに関する目標や、企業と政府のユニバーサル・コネクティビティの目標と規制要件に基づき、デジタル・デバイドの解消に取り組んでいます。
– 自然災害時の緊急サービス

スペースモバイルは何が違うのか?

– 世界初、唯一の宇宙ベースのセルラー・ブロードバンド・ネットワーク
– 携帯電話に直接ブロードバンド接続することができます。携帯電話に直接接続できます。
– 従来の衛星を使ったエンドマーケットからマスマーケットモビリティへと飛躍的に拡大

なぜ今なのか?

– 50億人の携帯電話ユーザーの存在
– モバイル技術と関連インフラの進歩。特に、クラウドベースのネットワーク仮想化
– 衛星打ち上げコストは2008年から90%低下
– 小型化と省電力化の進展により、低遅延・低軌道の衛星システムの構築が進む
– ブロードバンドは人類の必需品であり、人権でもある、人間の権利

なぜ競争がないのか?

– 1,600件以上の特許および特許出願中の請求項が技術的な参入障壁となる
– 新しい技術ソリューションとハンドセットに直接接続するシステムアーキテクチャによる先行者利益
– 世界的な大手ワイヤレス企業との拘束力のある相互独占的な商業契約

AST SpaceMobile テクノロジーソリューション

既存の宇宙ベースの通信とは一線を画すアプローチ

ミッドランド国際航空宇宙港にある AST SpaceMobile 本社

ミッドランド国際航空宇宙港にある AST SpaceMobile 本社

85,000平方フィートの施設で、月に2機の衛星を製造することができます。

世界で52億台のモバイル機器

世界の無線サービス市場は、ネットワークの進化と不完全性を背景に、1兆ドル以上の年間収益を上げている。

スペースモバイルの利用イメージ

現在世界で50億台普及している携帯電話との互換性を考慮したサービス。携帯電話の加入者がより多くの、より良い接続性にアクセスするための複数の方法が考えられるため、市場戦略に大きな柔軟性がある。

・デイ・パス (アドホック)
ご契約者様の携帯電話に、スペースモバイルのサービスを開始するかどうかのメールが届きます。

・月々の追加料金 (一般消費者向け)
既存の携帯電話プランにスペースモバイルのサービスを追加するための月額固定料金です。携帯電話の電波が届かないエリアに入ると、自動的にスペースモバイルのネットワークに接続される。

・月間アドオン (エンタープライズ)
コンシューマープランと同様に、パワーユーザー向けにデータ量を増やしたプランです。

・スタンドアロンプラン (未接続のサブスクライバ)
現在、携帯電話の電波が届かない地域では、加入者は SpaceMobile を主要なネットワークとして利用し、料金を支払います。既存の携帯電話会社が携帯電話の販売とサービスの提供を行う。

・緊急時接続
加入者は、緊急時や自然災害時に地上のネットワークが機能しなくなった場合、SpaceMobile を利用する。

市場機会

世界の何十億人もの人々の生活を変える、大きな経済的チャンス。カバレッジギャップを解消し、世界の何十億人もの人々が携帯電話で接続できるようにするための設計

1兆ドル
世界のモバイルワイヤレスサービス市場

50億ドル
携帯電話の通信圏外への移行

~50%
携帯電話のブロードバンドを持たない世界人口

技術ハイライト

1,600件以上の特許および特許申請中のクレームを持つ AST SpaceMobile の技術は、修正されていない携帯電話に直接グローバルなブロードバンドサービスを提供します。

特許取得済みのウルトラ
既存技術を活用した強力な衛星
2G/3G/4G LTE/5GとNBIoTの接続性
標準的な携帯電話やIoT機器の改造は不要

シームレス
陸上のネットワークから宇宙への自動ローミング

あらゆる場所で
陸でも海でも空でも、真にグローバルな4G/5Gのスピードを実現

AST SpaceMobile 差別化

AST SpaceMobile 差別化

・地球低軌道(LEO)ブロードバンド通信会社で唯一の株式公開企業

・50億台の携帯電話とそれに関連する1兆ドルの携帯電話市場1に適用可能な新規技術ソリューション

・数億人の加入者を抱える携帯電話事業者と、競合ではなく共同で市場に参入する。

・ユーザーが簡単なテキストメッセージでサインアップできるレベニューシェア型ビジネスモデルを採用

・事業運営および第一期生産分の宇宙船に必要な資金として、約3億6,000万ドルの現金および現金同等物を保有していること

ボーダフォンとASTスペースモバイルが描く未来

Vodafone (ボーダフォン) と AST SpaceMobile (ASTスペースモバイル) は、より良い未来のために、どのようにつながるかを計画しています。ヨーロッパとアフリカで3億人の加入者を持つヨーロッパ最大の携帯電話会社であるボーダフォンは、従来のカバレッジゾーンをはるかに超えたシームレスな携帯電話ブロードバンド接続を顧客に提供したいと考えています。

ボーダフォンの最高技術責任者(CTO)である Johan Wibergh 氏は、同社が AST SpaceMobile に投資して提携したのは、計画中の衛星ネットワークを使って広大なカバレッジギャップを解消するためであると説明しています。以下、ボーダフォンのCTOである Johan Wibergh 氏の話をご紹介します。

ボーダフォンCTO、Johan Wibergh の話

AST SpaceMobile の革新的な点は、あなたの携帯電話が自動的に衛星を発見し、自動的にインターネットに接続されます。ブラウジングもできるし、電話もできる。

お客様にとって素晴らしいサービスであることはお分かりでしょう。この技術の実現可能性を信じています。私の名前は Johan Wibergh です。Vodafone の最高技術責任者です。つまり、ボーダフォンのネットワーク、IT、デジタルシステムのすべての面を担当しています。

私たちの目的は、より良い未来のためにつながることです。そして、包括的で持続可能なデジタル社会を実現したいと心から願っています。ヨーロッパ最大の携帯電話・固定電話ネットワークプロバイダーであり、アフリカでも最大級のネットワークプロバイダーです。

モバイルの加入者は3億人以上、固定ブロードバンドの顧客は2800万人、テレビの顧客は2200万人、そして世界中でサポートしているIoTデバイスは約1億4000万台です。モバイルネットワークの構築は30年近く続いており、大変な仕事です。私たちは世界中に約20万基の塔を持ち、そこに基地局を設置しています。

だから、普通の都市や農村部だけでも大変なんです。しかし、あまり遠くまで行くと、山や森があり、そこには電力網がなく、電力を供給する方法がなく、山に登ることもできない、などなど。だから、どこでもモバイルネットワークを構築するのは本当に難しいんです。

AST SpaceMobile の話を始めたのは、2018年の中頃です。ASTのCEOだけでなく、ASTの本当に優秀な人たちと一緒に仕事を始めたのは、私のR&Dチームでした。そして、人々のスマートフォンに直接接続できるような衛星を作ることは可能だろうか、という議論がありました。

私たちには、何がうまくいって何がうまくいかないかを知っている熟練したエンジニアがたくさんいますし、長年にわたって技術の標準化の一翼を担ってきました。ASTとボーダフォンの間で、技術的な解決策を話し合う会議が何度も開かれたそうです。

ASTとボーダフォンの間では、技術的な解決策について何度も会議が行われました。私たちはかなり早く、ああ、これは本当に信じている、これは素晴らしいアイデアだ、成功するのは非常に現実的だと思う、という結論に達しました。そして、AST SpaceMobile に投資することにしました。

私たちを本当にやる気にさせたのは、これが私たちのお客様を補完する素晴らしいサービスになると考えたからです。私たちは地上のネットワークを持っていますが、ユビキタスなカバレッジを持っていません。AST SpaceMobile の衛星通信を追加することで、基本的に私たちが活動しているすべての場所でユビキタスカバレッジを確保することができるのです。

現在、各タワーには、スマートフォンとの通信を行う基地局があります。ASTは基本的にその基地局を半分に切り、スマートフォンと通信する上の部分を取り出して、衛星に搭載し、その部分がスマートフォンと通信するのです。そして、その半分の基地局が、ここに残っている半分の地上に向かって話します。

素晴らしい技術革新や特許は、この移動の仕方から生まれるのです。だからこそ、これはとてもうまくいくと思うし、問題に対するとてもシンプルで効果的な解決策なのです。現在、さまざまな企業が新しい宇宙ベースのネットワークを立ち上げようとしているのがわかります。

このパートナーシップでユニークなのは、ASTが行っていることで、実際に既存のデバイスを使用できる唯一の技術的ソリューションであるということです。他のすべての宇宙ベースの接続は、新しいタイプのデバイス、新しいタイプの電話機に基づいており、そのため、普及とコストに大きな制限があります。

しかし、私が見たところ、これが本当に主流なのです。Vodafone がASTにもたらす価値には、まず、30年にわたりモバイルネットワークを構築し運用してきたということがあります。

次に、この業界の主要なパートナーやベンダーと非常に強い関係を持っており、これがASTがソリューションを構築し設計する上で非常に重要な要素となっています。また、私たちはこれらの国々で事業を展開しています。また、規制の状況や、設置が必要な地上基地局など、さまざまな問題があります。

私たちは、多くの国で長年にわたってこれらすべてに対応してきた経験があるので、素晴らしいパートナーシップになると思います。私たちは、お客様にできるだけシンプルでシームレスな[体験]を提供したいと考えていますので、プランの一部として利用できるようにするつもりです。

地上での通信エリア外に移動すると、自動的に AST SpaceMobile 衛星を介した接続に切り替わります。お客様としては、その変更に気づかずに通信を続けることができます。AST SpaceMobile を利用することで、2つの素晴らしいことが可能になります。

まず第一に、私たちが現在構築しているモバイルネットワークでは、地球上のすべての地域をカバーすることはできません。それは不可能なのです。コストがかかりすぎるし、飛行機に乗っているときや海の上にいるときに通信を提供することはできません。

衛星を使えば、この地球上のどこにいても接続することができるのです。普通の電話が、どこにいても突然接続できるようになるのです。もうひとつは、現在、多くの人が自分の住んでいる場所に接続できないでいることです。

つまり、アフリカだけでも3億7500万人が、2030年までにアフリカの若者が労働市場に参入することが予想され、彼らはデジタル経済で活躍するためのスキルを必要とします。彼らのすべてが、現在住んでいる場所で接続性を持っているわけではありません。もし AST SpaceMobile の技術的なソリューションがなかったら、接続性がないという選択肢もあると思うんです。