Zoomy

Moody’s (ムーディーズ) と Planet (プラネット) が戦略的提携を締結

投資

Moody’s (ムーディーズ) と Planet (プラネット) が戦略的提携を締結

Today, we are thrilled to announce our new agreement with @MoodysCorp to leverage Planet satellite data to analyze and address the growing demand for monitoring solutions to ESG risks. Learn more about this exciting announcement: https://t.co/ic2b62dWcG pic.twitter.com/2vIjvGJpux

— Planet (@planet) April 20, 2022

本日、Moody’s との新たな契約により、Planet satellite のデータを活用し、ESGリスクのモニタリングソリューションに対する高まる需要に対応することを発表できることを嬉しく思います。このエキサイティングな発表の詳細については、こちらをご覧ください。

地球に関する日々のデータと洞察を提供する大手企業の Planet (プラネット) と、金融市場にサービスを提供する世界有数の総合リスク評価会社 Moody’s (ムーディーズ) は、環境・社会・ガバナンス (ESG) リスクに関する評価・監視ソリューションに対する高まる需要を調査・対処する契約を締結したことを本日、2022年4月20日に発表しました。

両社は、Planet の高精度な地理空間データとムーディーズの市場をリードするエンティティデータ、手法、製品を活用し、リアルタイムの現場での洞察を通じて、ESG、Know-Your-Customer (KYC)、サプライチェーン、商業不動産にわたるムーディーズの既存サービスをさらに洗練させる方法を検討します。

Planet と世界的な金融機関との関係は、衛星データのESG測定への重要な利用事例を進展させるものであり、同社にとって画期的な取引となります。企業や政府が気候変動による未曾有のリスクに直面する中、これらのリスクや今世紀の持続可能な機会を評価する新しい総合的な報告指標は、投資家、規制当局、一般市民への情報提供に不可欠なものである。

企業や金融市場参加者に影響を与える規制当局による持続可能性とESGパフォーマンス測定への注目が高まる中、ESG報告がニッチから必需品に移行しつつあり、報告基準におけるこのような測定の需要が世界的に高まっています。

ムーディーズESGソリューションズのマネージング・ディレクター兼グローバル責任者である Andrea Blackman (アンドレア・ブラックマン) は以下のように述べています。

組織は、気候変動から自然や種の喪失、多様性、公平性、包括性、責任あるサプライチェーン管理まで、持続可能性に関連する幅広い要求とリスクを管理するようになっています。

ムーディーズのお客様は、情報を検証し、環境および社会的影響に関連するリスクを読み解き、機会を解き放つのに役立つデータと洞察を求めておられます。衛星データは、財産や場所の情報を特定し、主張を検証し、影響を測定するための追加的な洞察を提供することができます。

Planet の日常的でグローバルなデータセットと能力は、より持続可能な意思決定に情報を提供し、より強靭な未来の実現を支援する当社の包括的な製品およびソリューション一式を独自に補完するものです。

Planet の共同設立者兼CEOである Will Marshall (ウィル・マーシャル) は、

地球上の生物の長期的な幸福のためにも、世界経済の成功のためにも、政府と金融市場が環境と天然資源を評価し始めることが極めて重要です。私たちは、持続可能な経済への移行を加速させるために、金融市場をより持続可能な未来に導くためのアクセス、ビジネス、評判を持つムーディーズと協力できることをうれしく思います。

と述べています。

Planet のユニークなデータは、成長するESG評価市場を変革することができる、一貫性のあるグローバルでタイムリーな情報を提供します。Planet の地球観測能力と膨大なデータをESG分析に融合させることで、標準化された科学的根拠に基づく指標を確立し、持続可能な未来のためのベースラインを構築することができるのです。

この分野での Planet の活動にとって重要なのは、世界中の企業、政府、組織の強力な意思決定を可能にする、公正でアクセス可能かつ透明な情報を提供する能力です。

Moody’s (ムーディーズ) について

ムーディーズは、グローバルな総合リスク評価会社として、企業がより良い意思決定を行えるよう支援しています。ムーディーズのESG商品ポートフォリオは、クレジット、ESG、サステナブル・ファイナンス、気候変動リスク・ソリューション、測定、洞察など多岐にわたります。

ムーディーズの商業用不動産(CRE)ソリューションは、ムーディーズの膨大なデータと分析を活用し、CREの貸し手、投資家、ブローカーにワークフローを合理化し、実用的な洞察を提示します。ムーディーズのKnow-Your-Customer(KYC)ソリューションは、データ、ソフトウェア、分析的洞察を組み合わせることで、市場参加者が取引先の個人および企業に関するリスクと機会についてより深く理解できるよう支援します。