Zoomy

Planet (プラネット)、2022年度第4四半期および通期の決算を発表

投資

Planet (プラネット)、2022年度第4四半期および通期の決算を発表

Planet (プラネット)、2022年度第4四半期および通期の決算を発表。第4四半期の売上高は3710万ドル、通期の売上高は1億3120万ドルと過去最高を記録しました。第4四半期のGAAPベースの売上総利益率を前年同期の25%から37%に拡大、2023年度にはトップラインの大幅な加速を見込む。

地球に関する日々のデータと洞察を提供する大手プロバイダーの Planet Lab (プラネット・ラボ / NYSE: PL) は2022年3月31日、成長の加速と独自のデータ購読ビジネスの勢いを示す、2022年1月31日締めの第4四半期および通年の決算を発表しました。

Planet の共同創業者であり、最高経営責任者兼会長のウィル・マーシャルは、

2022年1月31日締めの会計年度には1億3100万ドル超まで事業を拡大し、当社独自のデータとサービスの利用が既存および新規の垂直分野で拡大する中でトップライン成長を加速、粗利益率を大幅に拡大しました。安全保障と持続可能性に関する最近の出来事は、今が衛星画像にとって世界的な瞬間であることを浮き彫りにしています。私たちのデータと日々のスキャンの重要性は、かつてないほど明白になっています。

と述べています。マーシャル博士はさらに、以下のように述べています。

我々は、一般的な市場の伸びと、我々が追求している特定の契約の両方を考慮し、成長の機会に対して強気である。私たちは、収益成長に高い自信を持っており、市場で目にするものに応じて投資を続けています。

Planet の最高財務・執行責任者であるアシュリー・ジョンソンも以下のように述べています。

2022年度にかけて、私たちは市場でのリードを広げ、収益を1億3100万ドル以上に拡大し、顧客数を770社に増やし、バランスシート上の現金4億9100万ドルで年度末を迎えました。私たちは、急速に拡張可能なビジネスモデルと差別化されたデータソリューションにより、プラネットのデータの巨大な機会を捉えることができる好位置につけています。

2022年度第4四半期および通期の財務および主要指標ハイライト

– 第4四半期の収益は前年同期比23%増の3,710万ドル
– 通期売上高は前年比16%増の1億3120万ドル
– 2022年度第4四半期の経常的な年間契約額(ACV)の割合は、2021年度第4四半期と同様に92%でした
– 期末(EoP)顧客数は前年同期比25%増の770社
– 通年の純ドル維持率は、ウィンバックを含めて116%
– 第4四半期の売上総利益率は、2021年度第4四半期の25%から37%に拡大
– 第4四半期のNon-GAAP売上総利益率(1)は、2021年度第4四半期の25%から42%に拡大
– 通期の売上総利益率は、2021年度23%に対し、37%に拡大しました
– 通期のNon-GAAP Gross Margin は、2021年度の24%から38%に拡大
– dMY Technology Group, Inc.との企業結合取引に成功し、5億9,000万ドル超の総収益を調達
– IVと同時に第三者割当増資を実施し、ニューヨーク証券取引所への上場を完了。
– 現金及び現金同等物4億9,080万ドル、無借金経営で年度末を迎える。

最近の事業ハイライト

顧客およびパートナーとの関係の拡大

Planet は最近、オランダの大手多国籍銀行および金融サービス機関であるラボバンクと契約を結びました。ラボバンクは Planet のデータを使用して、発展途上国の零細農家の信用リスク評価を支援しています。

Planet は、衛星画像と計画ツールを使用して、牧場主が一年生外来牧草が最も蔓延している牧草地を評価し、それを処理するための投資収益率を評価するためのレンジ・牧草産業向けデジタルプラットフォーム「レンジビュー」を作成したバイエル環境科学との契約拡大に調印しました。

Planet はスイス・リーと提携し、現地の保険会社と共同で、Planet のデータを使ってヨーロッパと中央アジアの一部の農家の干ばつに対する保険に加入しています。

Taranis と Woolpert は、カリフォルニア州サンディエゴで開催された Planet の年次セールスキックオフにおいて、それぞれの市場における2022年のパートナーとして表彰されました。

新製品と新技術の立ち上げに成功

PlanetScope : Planet は、高品質で分析可能なデータをすべての既存の PlanetScope 顧客に提供する、次世代 PlanetScope モニタリング製品の一般提供を発表しました。PlanetScope は、一連の機能強化に加え、8つのスペクトルバンドを含み、より豊富でクリーン、かつ一貫性のあるデータを顧客に提供し、変化する地球の状況についてより深い分析を可能にします。

SuperDoves(スーパーダブ) : 2022年1月13日、44機の SuperDove 衛星からなる Flock 4x が SpaceX Falcon 9ロケットで軌道に打ち上げられました。この44基の衛星は、軌道上にあるプラネットの既存の約200基の衛星群に加わります。

ウクライナの対応を支援

Planet は、政府、援助・救援団体、データアナリスト、メディアなどに画像を提供しています。Planet は透明性と説明責任にこだわり続け、タイムリーで責任ある方法で他者がサービスを活用できるよう引き続き支援します。Planet は、顧客への同地域の週次ベースマップの提供、サードパーティとの協力による分析機能の追加、衛星タスク処理アルゴリズムの改善など、多くの製品開発で対応してきました。

影響と教育

Planet は、持続可能性へのコミットメントの一環として、2020年暦年のカーボンニュートラル企業として正式に認定されました。プラネットは、SCS グローバルサービス (SCS) と協力して、国際的に認知された PAS 2060: 2014 カーボンニュートラル規格に基づき、同社の事業をカーボンニュートラルとして認証しました。この認証は、衛星の製造、打ち上げから企業運営に至るまで、サプライチェーン全体を対象としています。

Planet の強力な教育・研究プログラムは、現在、1,800以上の出版物に同社の衛星データが使用されています。最近のハイライトは、イギリスのアバディーン大学の研究で、PlanetScope の画像を使用して、永久凍土が溶けてできた北極の湖を調べ、その地域の炭素源と吸収源を測定する方法を研究しています。このような契約は、Planet のデータの新しい使用例や、結果として生じる経済的・地政学的な影響のより良い予測につながることが多いのです。

財務見通し

2023年度第1四半期の Planet の売上は、約3800万ドルから4100万ドルの範囲になると予想しています。非GAAPベースの売上総利益率は約38%から45%の範囲になると予想されます。調整後EBITDAは約(17)百万ドルから(14)百万ドルになると予想されます。第1四半期の売上高に対する設備投資額の比率は、約8%から9%となる見込みです。

2023年度について、Planet は売上高を約1億7000万ドルから1億9000万ドルの範囲になると予想しています。非GAAPベースの売上総利益率は約43%~50%になると予想されます。調整後EBITDAは約(75)百万ドルから(50)百万ドルになると予想しています。資本支出の売上高に対する比率は、2023年度通期で約12%から13%となる見込みです。

Planet は、Non-GAAPベースの売上総利益(損失)および調整後EBITDAの見通しを、最も直接的に比較できるGAAP指標(それぞれ売上総利益(損失)および純損失)と調整していません。これは、株式ベースの報酬費用や(調整後EBITDAの場合)減価償却など売上総利益(損失)および純損失に影響を与える一部の項目が不確実または Planet が制御できず、合理的に予測することが不可能であるためです。2023年度第1四半期および2023年度のこれらの費用の実際の金額は、プラネットの将来のGAAPベースの財務結果に大きな影響を及ぼします。したがって、非GAAPベースの売上総利益率の見通しおよび調整後EBITDAの見通しを、それぞれ売上総利益(損失)率および純損失に調整することは、不合理な努力なしに行うことはできません。

上記の将来見通しに関する記述は、本日時点における Planet の見通しを反映したものです。以下に説明する多くのリスク要因、不確実性および仮定を考慮すると、実際の結果は大きく異なる可能性があります。

source :
Planet Reports Financial Results for Fourth Quarter and Full Year of Fiscal 2022
Planet Fiscal 4Q’22 and FY’22 Update Presentation PDF