Zoomy

Rocket Lab (ロケットラボ)、22年最初の打ち上げは、BlackSky のために2つの衛星を運ぶ

投資

Rocket Lab (ロケットラボ)、2022年エレクトロン初号機打ち上げ準備、BlackSky (ブラックスカイ) はマニフェストに新たなミッションを追加。今回の24回目のエレクトロン打ち上げは、Spaceflight Inc. (スペースフライト) との複数回の打ち上げ契約の中で、BlackSky にとって最新のものです。BlackSky は、昨年の複数回のミッションの成功に続き、ロケットラボの2022年の打ち上げマニフェストに5つ目の専用ミッションを追加で確保しました。

Rocket Lab USA (Nasdaq: RKLB) は、2022年1月18日、グローバルな打上げサービスプロバイダーである Spaceflight Inc. を通じて BlackSky (NYSE: BKSY) の専用ミッションである2022年の最初の Electron ミッションの打上げウィンドウを発表しました。

エレクトロンは、2022年2月4日(UTC)に開く打上げウィンドウにおいて、ニュージーランドの Rocket Lab Launch Complex 1 から「Without Mission A Beat」ミッションを打上げる予定です。「Without Mission A Beat」の打上げは、ロケットラボが BlackSky のために過去3ヶ月間に宇宙に送り出した5番目と6番目の衛星となります。この専用ミッションは、ロケットラボにとって24回目のエレクトロン打ち上げであり、2022年の最初のミッションとなります。今回のミッションでは、ロケットラボはエレクトロンの回収を試みません。

この次のミッションは、昨年実行されたマルチローンチ契約の一環として、同社の一連の連続ミッションの最後の打ち上げとなる予定でしたが、Spaceflight はその後、2022年に行われる Electron での BlackSky の追加の6回目の打ち上げを委託しました。この専用ミッションは、BlackSky の急速な事業拡大を継続し、成長する衛星コンステレーションのために、地球低軌道の正確な位置にもう1組の Gen-2 地球画像衛星を展開します。

ロケットラボの Peter Beck (ピーター・ベック) CEO は、以下のように述べています。

この次のミッションは、BlackSky が1回の契約で打上げ業者に託した衛星の数としては最大のものであり、彼らのコンステレーションの拡大に貢献する信頼できるパートナーであることを誇りに思います。BlackSky がロケットラボのマニフェストに別のミッションを追加することは、エレクトロンが小型打上げ専用のチャンピオンであることをさらに裏付けるものであり、今後数週間で BlackSky のためにこれらのミッションを提供する準備ができています。

これらの次期 BlackSky ミッションは、ロケットラボのエレクトロン打上げの多忙な1年の始まりであり、政府や商業衛星事業者のためのより多くのバルク専用打上げ、その他の単数の専用およびライドシェアミッション、そしてロケットラボが NASA のために今年前半にニュージーランドから打上げ予定の CAPSTON Eミッションで月に向かうことを含みます。