Zoomy

Sidus Space のリジーザット開発が進展、今月上旬にNASAと第1相安全審査を実施

投資

Sidus Space のリジーザット開発が進展、今月上旬にNASAと第1相安全審査を実施

Sidus Space (サイダス・スペース) のリジーザット開発が進展、今月上旬にNASAと第1相安全審査を実施。ミッションクリティカルなハードウェア製造、複合領域エンジニアリングサービス、衛星設計・製造、打ち上げ計画、ミッション運用、軌道上サポートに注力する Space as a Service 企業、Sidus Space (サイダス・スペース / NASDAQ:SIDU) は2022年6月14日、リジーサットのフェーズ1安全審査を2022年6月2日にNASAと実施したと発表しています。

Phase 1 Safety Review は、衛星がISS商業貨物補給プログラムの一部として貨物として梱包されること、また、Sidus 社が運営する SSIKLOPS を利用してISS日本実験棟(JEM)エアロックから衛星を保管、取り扱い、展開することに関するハザードを特定するためのもので、開発プロセス全体における重要なマイルストーンと位置付けられている。

Sidus 社のCTOであるジェイミー・アダムス氏は、次のように述べています。

国際宇宙ステーションにペイロードを搭載するには、危険性の評価、危険性の報告、緩和策の策定が重要なステップになります。NASA の ISS 主題専門家(SME)と共にこのレビューを行うことで、Sidus Space のエンジニアリング チームは、リジーサットの設計の次の段階にエンジニアリング制御を組み込むことができます。

また以下のようにも指摘します。

危険性を効果的に軽減することは、貨物補給ロケットの打ち上げ時およびISS滞在中の安全な運用を保証するだけでなく、軽減措置はより堅牢な設計につながり、当社のSaaS顧客にさらなる利益をもたらします。

これは、NASAの安全審査プロセスにおける3つの段階のうちの最初の段階でした。フェーズ1でのSMEのコメント、アクション、詳細なハザード分析データの収集は、ハザードに対処するためのより詳細な分析と成熟した設計を目標とするフェーズ2の入り口基準を形成しています。