Zoomy

Arqit Quantum、自社技術に関する第三者保証報告書を発表

投資

Arqit Quantum、自社技術に関する第三者保証報告書を発表

Arqit Quantum Inc. (アルキット・クォンタム / ティッカー: ARQQ) は2022年5月11日、Arqit が従来のIPネットワークインフラ上で共通鍵合意を可能にするために使用する技術プロトコルについて、サリー大学が実施した独立保証レポートが完了したことを発表しました。

この独立保証報告書では、Arqit の顧客エンドポイント共通鍵合意ソフトウェアのセキュリティ証明が、ゼロトラストおよび計算上安全な鍵を作成することを確認しています。

この報告書は、サリー大学による技術レビューに基づいており、定評のある Tamarin 暗号モデリングツールを使用して、基本的な鍵確立プロトコルの数学的基盤を検証しています。

本報告書では、Tamarin の学術的な解析手法のメリットを概説し、得られた詳細な知見をより高いレベルで解釈しています。サリー大学は、英国政府のナショナル・サイバー・セキュリティ・センターからサイバーセキュリティ研究の優秀な学術センターとして認定されています。

独立保証報告書は、独立したコンサルタントによって、お客様と共有するのに適した形式で要約されています。結論の確認と報告書へのアクセスは、https://arqit.uk/investors/resources

サリー・サイバー・セキュリティ・センターのディレクターである Steve Schneider 教授は、

Arqit の設計のセキュリティ証明を検証したところ、非常に優れていることが分かりました。この技術は、安全な通信において大きな前進を意味します。

と述べています。

Arqit の CEO である David Williams は、次のようにコメントしています。

独立機関によるレビューとセキュリ ティ証明の検証が完了したことは非常に重要な瞬間であり、当社のソフトウェアがまさに当社が説明したよう なメリットをもたらすことを実証しています。私たちはコンサルタントと一緒にこの要約版を作成し、見込み客はここでアクセスすることができます。

先週、ホワイトハウスが国家安全保障に関する覚書を発表し、各機関に対称鍵暗号へのアップグレードを勧告したことは、非常にタイムリーなことです。私たちの鍵合意ソフトウェアは、すでに世界的に標準化され広く利用されている共通鍵アルゴリズムで使用される鍵を生成しています。

私たちは、レガシー暗号の問題を解決する準備ができており、いくつかの素晴らしい企業と提携して市場に投入しています。今週は、当社の製品がベンダー製品と容易に統合できることを実証しました。